スキューバダイビングやスノーケリングなどで体験できる水中世界は、陸上とは異なる魅力を持つ世界。せっかくならその感動を写真に残しておきたいと思いませんか? 水中撮影を楽しむためにはどんなカメラを選べばいいのか。防水カメラ選びのポイントとともに、初めて水中撮影にチャレンジする人にもおすすめの、コンパクトタイプの防水デジタルカメラ7機種を紹介します。

防水カメラ選びのポイント

ポイント1)防水性能
まずチェックしたいのが、カメラの防水性能。水中撮影をするには“防滴”ではなく“防水”カメラである必要があります。カメラによって「水深●mまで」、「●分まで」と防水性能が異なるので、確認しておきましょう。スキューバダイビングなどでより深い水深での撮影を楽しめるように、専用の防水ケースが用意されているカメラもあります。

ポイント2)水中モード
水中では光が吸収されるため、普通に撮影すると青みがかった写真になります。フラッシュの光やホワイトバランスを調整することでも、イメージに近い写真を撮影することはできますが、「水中モード」に設定するだけで自動調整してくれる防水カメラが断然便利。水中に適した設定で、色鮮やかな写真を撮ることができます。カメラによっては「ワイド」「マクロ」「人物」などさらに細かく水中モードが設定されており、シーンに応じた最適の設定での撮影が可能です。

ポイント3)Wi-fi機能
撮った写真をスマホなどに転送できる「Wi-fi機能」付きのカメラも増えてきています。いちいちカメラから記録メディアを取り出す必要がないため便利なだけでなく、記録メディアの出し入れによるフタの開閉が減ることにより、水没の可能性を減らせるというメリットも。撮った写真をすぐにSNSなどでアップしたい人にもおすすめの機能です。

おすすめの防水カメラはこれ!

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5

ダイビングインストラクターやガイドにも愛用者の多い《オリンパス》Toughシリーズ最高峰のカメラ。水深15mまでの防水性能を備え、F2.0の明るいレンズを搭載。フラッグシップ機であるミラーレス一眼「OM-D E-M1 MarkⅡ」と同じ高速画像処理エンジンが搭載されるなど、さらなる高画質化を実現しています。これまではどちらかというと「マクロ撮影に強い」という評価が多かったTGシリーズですが、TG-5は高画質化がさらに進んだことにより、ワイド撮影にも強くなったことが大きなポイント。被写体ブレが少なく、暗所でのノイズを減らすことにも成功しているため、これまでシチュエーションによって使い分けが必要だった「水中ワイド1」と「水中ワイド2」の2つの水中ワイドモードも「水中ワイド」ひとつに統一されており、ワイドもマクロも思い通りの撮影が楽しめます。

出典: Amazon.co.jp: OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK: カメラ

OLYMPUS アクションカメラ STYLUS TG-Tracker

家電&カメラをお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、OLYMPUS アクションカメラ 防水、防塵、耐衝撃、耐低温、耐荷重の5大タフ性能を備えた《オリンパス》のフィールドログカメラ。GPSをはじめとする5つのフィールドセンサーシステムと対角線画角204 度の超広角レンズを搭載することで、映像とログを同時に記録し、アプリ上で表示します。暗所撮影の自由度を広げるヘッドライト、「水中検知センサー」による自動モード変更、直感操作を可能にするGUIなど、ありとあらゆる環境下で、狙い通りの映像を残すための工夫が施されているのもポイント。また、同梱の水中用プロテクター「UP-T01」を取り付けることで水深30mまで対応しており、これまで以上に臨場感のある水中シーンを映像に残せること間違いなしです。

出典: Amazon.co.jp: OLYMPUS アクションカメラ STYLUS TG-Tracker グリーン 防水性能30m 耐衝撃2.1m 耐荷重100kgf 防塵 耐低温-10℃: カメラ

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300

防水ケースなしで水深30mまでの防水性能を備え、スキューバダイビングからプールなどでの水遊びまで幅広いシーンで使える防水カメラ。F2.8の高性能NIKKORレンズに加え、レンズシフト方式+電子式手ブレ補正(VR)機能により、陸上に比べて暗い水中でもきれいな写真を撮ることができます。前モデルに比べて、耐衝撃性能が2.4mまで向上。日時や位置情報、高度/水深、ロググラフなどがひと目で確認できるアクティブガイドが新たに搭載され、さまざまなアウトドアシーンで活躍するカメラです。

出典: Amazon.co.jp: Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300 YW クールピクス イエロー 防水 クリーニング クロス付き: カメラ

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W100

水深10mまでの防水性能と1.8mの耐衝撃性能を備え、親子で水中撮影を楽しむのに最適な防水カメラ。水中でカメラが顔を認識して自動撮影する「水中顔フレーミング」や、自動的に水中撮影に最適な設定となる「水中でとる」などの撮影モードも用意されており、手軽に水中撮影が楽しめます。内蔵されているスタンプを写真に押したり、マンガ効果をつけたりと、子供にもうれしい機能がいっぱいのカメラです。

出典: Amazon.co.jp: Nikon デジタルカメラ COOLPIX W100 防水 W100MR クールピクス マリン: カメラ

FUJIFILM デジタルカメラ XP120

水深20mまでの防水機能を備え、多彩な撮影モードが楽しめるアクティブカメラ。シートポジションに「水中」、「水中(マクロ)」が搭載されており、富士フイルムならではの色再現力で、自分の見たイメージに近い色で水中写真を撮ることができます。大型3インチ高精細92万画素の液晶モニターは、水中でも視認性抜群。「Wi-Fiボタン」を使ってスマホなどに簡単に転送することができるのも、とても便利です。

出典: Amazon.co.jp: FUJIFILM デジタルカメラ XP120 ライム FX-XP120LM: カメラ

RICOH 防水デジタルカメラ RICOH WG-50

水深14mで連続2時間の撮影が可能な防水性能を備え、水中専用の「マーメードモード」を搭載。ホワイトバランスの最適化により、より自然な発色での水中写真を撮影することができます。1回のシャッター操作で水中でのフラッシュON/OFF連続2枚撮りが可能で、好みのイメージを選べるのもユニーク。また、レンズの円周上に配置された6灯のLEDを使用して撮影する「デジタル顕微鏡モード」では、極小の被写体をきれいに撮影することができます。新たにアウトドアモニターが採用され、環境に応じてモニターの調整ができるのもポイントです。

出典: Amazon.co.jp: RICOH 防水デジタルカメラ RICOH WG-50 オレンジ 防水14m耐ショック1.6m耐寒-10度 RICOH WG-50 OR 04581: カメラ

カシオ計算機 G’Z EYE GZE-1

「Ultimate Tough」をコンセプトに、エクストリームの世界で求められる強さを徹底追及したモデル。水深50mまでの防水性能をはじめ、落下4mの耐衝撃性能、IP6Xの防塵性能、マイナス10度までの耐低温性能など、過酷な環境にも耐えるタフネスさが魅力です。超広角レンズの搭載により、画角を気にせず撮影することができ、フルハイビジョン画質の動画撮影にも対応。またユニークな機能として、好きな部分を好きなタイミングでスロー映像にできる「ドラマチックスロー」機能を備えており、クールに演出された動画に仕上げることが可能です。

出典: Amazon | カシオ計算機 GZE-1BK | CASIO(カシオ) | デジタルカメラ