知らないうちに忍び寄る…「糖化」とは?

糖化とは、私たちの体内にあるタンパク質と糖が結びついて、「糖化生成物(AGEs)」という物質が作られることをいいます。

リンク: 2/2 シワ・しみ老化の原因は肌の酸化と糖化にアリ!? [オトナ女子の新キレイ習慣 - アンチエイジング] All About

「糖化」の主な原因とは?

あまりに炭水化物や甘いものに依存している食生活を続けていれば、食べるたびに血中のブドウ糖の量(血糖値)が高くなりすぎてしまい、糖化が進みやすくなります。こういった「糖質のとりすぎ」を自分で自覚している人は、意識的に血糖値を急上昇させないような食品を食べるようにした方が良いでしょう。

リンク: アンチエイジングを今から始めるなら抗糖化を! [健康食品・サプリメント] All About

知っておきたい糖化のリスク

高血糖状態が糖尿病、血管、目の「老化」の進行を進める可能性がある

コラーゲンや目の水晶体のタンパク質は入れ替るのがとても遅いので、糖化されたヘモグロビンA1cの割合が増加することで、血管が傷んだり、白内障になったりといった影響が出る可能性があります。

出典: 高血糖による糖化、老化を防ぐ科学(1) [糖尿病] All About

心筋梗塞や脳梗塞につながる「動脈硬化」を引き起こすリスクがある

糖化により、タンパク質でできている血管、筋肉、肌などの組織が劣化しやすくなります。例えば、血液のたんぱく組織がもろくなると、血管壁に炎症が起こりやすくなり、動脈硬化の危険が高まります。動脈硬化が進めば、心筋梗塞や脳梗塞などの病気に襲われるリスクも一気に高まります。

出典: アンチエイジングを今から始めるなら抗糖化を! [健康食品・サプリメント] All About

糖化を遠因とする骨粗しょう症や脱毛、最悪の場合アルツハイマーまで…

糖化は体のあちらこちらで起きる可能性があり、糖尿病、動脈硬化、骨粗しょう症、アルツハイマー病、脱毛・抜け毛などの遠因となることも。

出典: くすみの原因「糖化」、その解決策は? [くすみ] All About

肌のゴワつき、乾燥、黄ぐすみ…などが肌にあらわれやすくなる

体内の糖化で生成された「糖化生成物(AGEs)」は、体にたまる一方。蓄積すれば、肌のくすみやたるみを招きます。適度な糖分は細胞の活動に欠かせない大事な栄養素になるので、やみくもにカットするより燃焼させるための継続した運動が大事といえます。

出典: 2/2 シワ・しみ老化の原因は肌の酸化と糖化にアリ!? [オトナ女子の新キレイ習慣 - アンチエイジング] All About

糖化を穏やかにするには?

ビタミン、ミネラル、食物繊維などを摂取し、バランスの良い食事を

糖化を防ぐためには、体の中に糖が過剰にならないように甘いものや炭水化物の摂り過ぎに注意しましょう。バランスよくカロリーオーバーにならない食生活を心がけ、食物繊維やビタミン、ミネラルなど体の抗酸化や老廃物の蓄積を防いでくれる食品を積極的に摂ることも大切です。

出典: 肌が老化するメカニズム [アンチエイジング] All About

激しい運動より食後のウォーキングで血糖値の上昇を穏やかに

食後の血糖値を上げないようにして身体の糖化ケアをしていくために、日常生活にウォーキングを取り入れましょう。食後血糖値のピークは、一般的に食後30~60分になります。そこで、食後1時間以内に有酸素運動をすると、体内の糖を使ってくれるので、血糖値の上昇が防げるのです。

出典: ウォーキングで、美容の大敵「糖化」を予防! [ウォーキング] All About

甘いものを食べたくなったら、果糖を含む果物から摂取

果物に含まれる果糖は白砂糖と比較して、血糖値の上昇は比較的緩やかです。様々な栄養成分も摂れ、食物繊維なども一緒にとれば、急激な血糖値の上昇も抑えることができます。クッキーやケーキなどの「粉モノ」や油ものより、できれば果物を。

出典: 果糖は太る?ブドウ糖と果糖の違いと注意点 [食と健康] All About