知っておきたい「10のストレス思考」

ストレスを感じやすい人は、独特の「考え方のクセ」を持っていることが多いもの。心理学者バーンズによる10種類の「認知のゆがみ」として次のように定義しています。
1. 全か無か思考 all-or-nothing thinking
2. 一般化のしすぎ overgeneralization
3. 心のフィルター mental filter
4. マイナス化思考 disqualifying the positive
5. 結論の飛躍 jumping to conclusions
6.拡大解釈と過小評価 magnification and minimization
7.感情的決めつけ emotional reasoning
8.すべき思考 should statements
9.レッテル貼り labeling and mislabeling
10.個人化 personalization

出典: 「ストレス思考10パターン」をチェック! [ストレス] All About

ストレス軽減! 考え方を変えて前向き思考を手に入れよう

目の前の「結果」ばかりみる「○×」思考をやめる

「○○できない人は“負け組”」「○×思考」は、心の病気にも結びつきやすい発想です。物事を○×の二分割で考えてしまうわけ、修正する方法をお伝えします。

出典: 2/2 「○×思考」で苦しくなる人に必要な「長距離視点」 [ストレス] All About

「良いか、悪いか」の二極化思考をやめる

自分も他人も環境も、すべて「良いか、悪いか」の二極化思考で捉える人は、いつも心に余裕がなく、ストレスをためてしまいます。どうしたらその発想から脱却できるのでしょう?

出典: 「良いか、悪いか」の二極化思考でストレスをためる人 [ストレス] All About

相手に依存する「くれない族」を卒業する

「○○してくれない」という言葉が、口ぐせの「くれない族」。自分のやりたいことが分からない、仕事がうまくいかない、自分の実力に限界を感じているンなど、自分自身への欲求不満を持っていることが原因かもしれません。

出典: 「くれない族」にならないための大切な心がけ [ストレス] All About

「私はダメ」「あいつはダメ」などと決めつけない

「あいつはダメ」「あの人はすごいけど、自分はダメ」。競争社会の世の中を生き抜くために最も必要なのは、闘争心ではありません。実は、「私もあなたもOK」という発想なのです。

出典: 競争社会のストレスに勝つ!「私もあなたもOK」発想 [ストレス] All About

「面倒くさい」というつぶやきが不運感を呼び込む

イライラしたときには乱暴な言葉を、疲れたときにはネガティブ・ワードを連発してしまうもの。「言葉づかい」を変えるだけで、感じ方はガラリと変わります。ストレスを増やす言葉づかい、減らす言葉づかいについて、考えてみましょう。

出典: 2/2 「言葉づかい」を変えるだけでストレスが消える魔法 [ストレス] All About

「あの人」と「あのとき」にいつもイライラするのをやめる

他人のことで苛立ち、過去のことにクヨクヨするのが人の常。しかし、他人と過去に悩んだところで、何かが変わるでしょうか? ある米国の精神科医の名言を元に、「変えられないもの」「変えられるもの」の仕分けをしてみましょう。

出典: 変えられない「他人」と「過去」に悩むより大切なこと [ストレス] All About

他人と自分を比べるのをやめる

他人と自分を比べる人は、ちょっとしたことで落ち込みやすい傾向があります。落ち込みやすい自分を克服するための5つのポイントを紹介します。

出典: 落ち込まない自分になるための5か条 [ストレス] All About

「どうせ~」をやめてみる

気がつけば、いつもグチばかりではありませんか? 実は、ネガティブワードが不幸を加速しているかもしれないのです。「グチっぽい自分」にさよならするポイントとは?

出典: その何気ないひとことが自分を不幸にする [ストレス] All About

イライラしているときに無理に落ち着こうとしない

生きていれば「イヤな感情」はつきものですが、こうした負の感情をなくすことはできるのでしょうか? 森田療法をもとに、感情との上手な付き合い方を考えてみましょう。

出典: 不安、イライラ…「イヤな感情」ってなくせるの? [ストレス] All About

失敗したことばかりを思い出すのをやめる

「私の人生は失敗ばかり」という思い込みを持っている人にも、必ず成功体験があります。そして、そこには思いがけない「ストレングス」が眠っています。自分の人生をリカバリーするヒントをお伝えします。

出典: 「失敗ばかり」の自分をリカバリーする方法とは? [ストレス] All About

「未来」を変えるには、「行動」を変えよう

自分の「行動」を変えれば、未来は変わります。一度やってうまくいったなら、次もその方法でやってみることです。うまくいったことを何度も続けているうちに、自分の得意分野ができてきます。そうした経験の繰り返しが自分の身を助け、自信をもたらしてくれるでしょう。

リンク: 変えられない「他人」と「過去」に悩むより大切なこと [ストレス] All About

うまくいかない…となやんでばかりいてはダメ。まずはいろいろなことを試してみて、自分で自分の未来をかえましょう。