診断1 子どもにナメられないよう、時には怖がらせることも必要

NG!恐怖を与えて子供を叱っても、結局効果がない

いくら注意してもまた同じイタズラを繰り返す。そのような時、つい子どもに恐怖を与える叱り方をしていませんか?しかしこれは結果的には効果がありません。その理由と、どうすれば良いのかを解説していきます。

出典: 恐怖を与える叱り方はなぜNG?効果抜群の叱り方は? [子供のしつけ] All About

診断2 何度言っても効果がない子には叩くのも仕方ない

NG!「叩かなければわからない」は思い込み

親が子どもに対して、「叩いてでも教える」という表現がありますが、叩くという手段は、叱る側にとっての最終手段ではあっても、叱られる側にとっての最高の手段ではありません。

出典: 子どもには「叩かなければわからないこと」があるのか [男の子育て] All About

診断3 現代の父親は優しすぎる!もっと厳しく威厳をもって接するべき

NG!薄っぺらな威厳よりも「大人としての矜持」を

昨今は「やさしいパパ」が増えてきました。「父親の威厳」がなくなったと嘆く声もありますが、そもそも「父親の威厳」とは、何なのでしょうか? 子どもを育てる上で、果たして必要なモノなのでしょうか?

出典: 「父親の威厳」は子育てに必要か? [子育て] All About

診断4 「あなたのためを思って言っている」で気持ちは伝わる

NG!「あなたのためを思って」は、子どもに響かない

子どもに小言を言うとき、「あなたのためを思って言っているのよ!」と言っていませんか? 親は「決めゼリフ」だと思っていたりするのですが、意外と子どもには入っていかない言葉なのです。

出典: 「あなたのためを思って」は、子どもに響かない [子育て] All About

診断5 子どもは褒められて伸びる!「叱らない」がルール

NG!「叱らない子育て」を勘違いしている親が増えている

最近多く耳にする「叱らない子育て」に関する情報を勘違いしている人も多いそう。正しく実践するには、どういう点に気をつければいいのでしょうか?

出典: 勘違いする親が急増!正しい「叱らない子育て」とは? [子育て] All About

診断6 「わが子は●●な子」と確信している

NG!「ステレオタイプ」を強調されると子どもはその通りの結果をだしてしまう

「男の子は片づけができないのよねえ」「女の子は算数が苦手だから」、子供の前で、そんな言葉を繰り返し口にしていませんか? 「ネガティブな決め付け」によって、子どもたちは大きな影響を受けるのです。

出典: 跳ね返せ!子供の力を狭める「ステレオタイプの脅威」 [子育て] All About

診断7 愛情あふれる過保護なら許される

NG!愛情あふれる温かい接し方でも過保護は悪影響

過保護、過管理、過干渉の副産物は、どんな愛情をもってしても、相殺されるものではないと言われています。過保護になってしまう心理とそこから脱するための秘訣をご紹介します。

出典: ヘリコプターペアレント!親の過保護が仇になる [子育て] All About

診断8 「やって」といわれると、ついつい手伝ってしまう

OK!子供のペースで甘えさせてやることが自立につながる

将来、自立した子供に育てようと、幼い頃から甘えることをを禁止していませんか? 実は、いっぱい甘えさせた子供ほど、しっかり自立するのです。

出典: 子供を自立させる甘えと、ダメにする甘やかし [子供のしつけ] All About

診断9 子どものことはとにかく褒める!

NG!子どものためにならない褒め方もある

子供の成長にとって、褒めることは大切。とはいえ多くの研究が、褒め方によっては、子供が伸びる妨げにもなり得ると示しています。「褒め方」が、ネガティブに作用してしまう場合について考えます。

出典: 子供の為にならない!5つのNGな褒め方とは? [子育て] All About

診断10 もっと頑張ってほしいときに「ご褒美」制度を取り入れている

NG!ご褒美は上手に使い分けないと逆効果になることも

子供のモチベーションを上手に伸ばしてあげるためにのご褒美制度には賛否あるようですが、ここでは、子供のモチベーションを損ねない上手なご褒美の使い方について考えます。

出典: ご褒美を子供のやる気アップに使っていいの? [子育て] All About

診断11 子どもがいじめられていると知ったら即介入する

OK!いじめは放っておいても自然に解決はしないもの

子どものトラブルは子ども同士で解決しなければと非干渉を決め込んでいてはダメな場合も。いじめは放っておいて、自然に解決するということはありません。だんだんエスカレートしていくからこそ、初期対応が大切です。

出典: いじめのエスカレートを防ぐには [いじめ問題・対策] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項