Amazon.co.jpをかたるフィッシングメールが出回る

2017年1月31日、フィッシング対策協議会はAmazon.co.jpをかたるフィッシングメールが出回っていると緊急情報を出しました。フィッシングサイトにてアカウント情報(メールアドレス、パスワードなど)やクレジットカード情報を絶対に入力しないよう注意を呼び掛けています。

フィッシングメールの件名は「あなたはAMAZONログイン認証情報をリセットする必要があります。」。

出典: Amazon.co.jpをかたるフィッシングメール、認証情報のリセットを促す -INTERNET Watch

メールのリンクをクリックすると、偽Amazonサインインのサイトへ飛ばされます。

出典: 偽Amazonメールに注意!フィッシング詐欺の対処法 [ウィルス対策・セキュリティソフト] All About

今回のように「アカウント情報の再登録」を求めるフィッシング詐欺はとても多く、典型的で代表的なフィッシング詐欺の事例です。このようなメールを発見したらまずは詐欺と疑いましょう。

出典: 偽Amazonメールに注意!フィッシング詐欺の対処法 [ウィルス対策・セキュリティソフト] All About

偽メール・サイトはどう見極める?

フィッシング詐欺の対処法

フィッシングサイトは本物のAmazon.co.jpサイトにそっくり。このようなフィッシングメールにはどのように対処すればよいのでしょうか。フィッシング詐欺から身を守る方法として、覚えておきたいことが2つあります。こちらの記事でご確認ください。

出典: 偽Amazonメールに注意!フィッシング詐欺の対処法 [ウィルス対策・セキュリティソフト] All About

もしクレジットデータを入れてしまったら…

もしクレジットカード番号を登録した後で「ひょっとして詐欺だったのでは?」と気付いたり心配な時は、そのショッピングサイトの運営会社に問い合わせたり、各都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口「フィッシング 110 番」に相談しましょう。クレジットカード会社にも相談しておくとより安心です。

出典: フィッシング110番

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項