『耳をすませば』

月島雫が住む町ー東京・聖蹟桜ヶ丘

1995年公開のジブリ映画『耳をすませば』。ヒロイン・月島雫と、ヴァイオリン職人を志す天沢聖司との淡い恋愛模様を描いています。その舞台は現代の日本、よくある私鉄沿線の街です。モデルになったのは東京都多摩市にある「聖蹟桜ヶ丘」。図書館へ近道するために雫が駆け下りる階段などが実在しています。

出典: --about聖蹟桜ヶ丘--  ☆☆せいせきshop.com☆☆

『耳すま』では「集合住宅」が舞台になった理由

『耳をすませば』の監督は宮崎駿ではありません。高畑勲監督の『火垂るの墓』(1988年)や宮崎駿監督の『魔女の宅急便』(1989年)に作画監督という重要なスタッフとして参加した、近藤喜文(こんどう・よしふみ)唯一の監督作品です。

近藤監督はこの映画で、ヒロインの住まいを団地(集合住宅)にしました。それまでの宮崎アニメを思い出してみると、集合住宅住まいの主人公は思い浮かびません。なぜ近藤監督はあえて「狭っ苦しさ」を感じさせる団地を舞台に描いたのでしょうか。

出典: 『耳をすませば』―宮崎アニメでは描かれなかった「集合住宅」 - All About NEWS

『となりのトトロ』

トトロの森ー埼玉・狭山丘陵

言わずと知れたジブリの代表作『となりのトトロ』。サツキやメイが引っ越してきて、トトロやまっくろくろすけと出会った田舎風景のモデルは埼玉県の狭山丘陵(さやまきゅうりょう)です。公益財団法人トトロのふるさと基金という団体がトトロのふるさとを守るための活動を行い、当時のままの雑木林が残る貴重な場所になっています。

出典: トトロの森の紹介|公益財団法人 トトロのふるさと基金

『コクリコ坂から』

コクリコ荘がある港町ー神奈川・横浜

2011年のジブリ作品『コクリコ坂から』の舞台は、1963(昭和38)年の港町・横浜です。映画の中には、当時の山下公園や桜木町駅などが登場し、ノスタルジックな横浜が魅力的に描かれています。

出典: 『コクリコ坂から』のロケ地、横浜をめぐる [横浜の観光・旅行] All About

『千と千尋の神隠し』

湯婆婆の湯屋「油屋」―愛知・道後温泉

国内の日本映画歴代NO.1ヒットを記録した『千と千尋の神隠し』。作品の中でも印象的な湯婆婆の湯屋「油屋」は、愛知県の道後温泉や、いくつかの建築がモデルになっているのだとか。物語の舞台のモデルとなった場所や、映画の世界観そっくりなスポットをまとめました。

出典: 湯婆婆の宿に泊まりたい!『千と千尋の神隠し』の舞台となった場所|All About(オールアバウト)

『借りぐらしのアリエッティ』

アリエッティが暮らす古いお屋敷ー青森・盛美園

2010年のジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』に出てくる古い屋敷やお庭に、舞台イメージとなった場所があります。それが青森県の盛美園。作品スタッフの公式ブログによると『2008年にジブリが社員旅行で行った青森にある盛美園という立派なお庭と和洋折衷の建物がある公園を大いに参考』にしたそうです。

出典: 『借りぐらしのアリエッティ』舞台モデル、盛美園 [青森の観光・旅行] All About

『崖の上のポニョ』

宗介が住む港町―広島・鞆の浦

「崖の上のポニョ」のモデルと言われる広島県福山市の「鞆の浦(とものうら)」は、懐かしさに溢れた港町です。常夜灯などが残った港の風景は、まさにポニョの世界そのもの!

出典: 「崖の上のポニョ」の景色が広がる 広島県鞆の浦 [広島の観光・旅行] All About