紫外線シーズンに突入!目の日焼けに注意

紫外線は、5月に肌の深層まで届くA波(UVA)のピークを迎え、7~8月にかけて日焼けを起こしやすいB波(UVB)が強くなります。これらの紫外線は肌だけでなく目にも悪影響を与え、「翼状片」や「瞼裂斑」といった病気や、慢性的な充血を起こします。目を紫外線から守るための手段として有効なサングラスですが、選び方には注意が必要です。

人間は暗い場所や暗い色のサングラスを着用した時に瞳孔が開きます。そのため、色が濃いだけで、紫外線をカットする機能がないサングラスを着用している場合、日焼け対策効果が得られないだけでなく、逆に多くの紫外線を取り込んでしまい、通常よりダメージを与える可能性があります。また、紫外線カット機能があっても、色の濃すぎるものだと日陰に入った際などは必要以上に暗く感じられ、外す事が多くなるため、かけ忘れの原因にもなります。

解説:「目の病気」ガイド 大高 功

慶應義塾大学医学部卒。日本眼科学会認定眼科専門医。一発の手術でその人の人生の流れを変えられるような「眼外科医」を目指し、目の手術は何でも手がけております。眼科手術全般を専門とする強みを活かしながら、薬治も決しておろそかにはしていません。患者さんへの話で心がけているように、できる限り分かりやすく、目のしくみや病気について解説していきます。

出典: 大高 功 All About

可視光線/紫外線が目に及ぼす影響

日常生活で目に影響を与える「光」には、太陽や照明から発せられる目に見える光『可視光線』と、目に見えない光である『紫外線』の2つがあげられます。

出典: 紫外線・可視光線・赤外線…目に悪いのはどれ? [目の病気] All About

■可視光線
可視光線は網膜にまで達します。そのため、直射日光など強い光を直接見てしまうと網膜が傷つきます。登山や海辺などのレジャー、朝や夕方のドライブなど、強い光を浴びるときはサングラスを着用し網膜を守る必要があります。
PCやスマートフォンから発生するブルーライトなどの弱い光でも、長年にわたって浴びすぎると、網膜の中心部だけが傷んでしまう病気である「黄斑部変性症」になるリスクを高めます。

■紫外線
紫外線は体への透過性が低いために、目の奥の部分にある網膜にはほとんど影響を与えません。しかし目の表面は皮膚と同じで、紫外線の影響を強くうけ日焼け状態になります。白目の表面である結膜に紫外線が多く当たると、黒目部分に白目部分が入り込んでしまう「翼状片」や白目にできるシミのような「瞼裂斑」、慢性充血の原因となります。日常生活で多少の紫外線を浴びる程度では影響はありませんが、日差しの強い夏日の外出、海外旅行、屋外でのレジャーやスポーツなど、紫外線を多く浴びるシーンでは目の日焼け対策も必要です。

出典: 翼状片の症状・原因・メカニズム [目の病気] All About

正しくサングラスを選ぶ4つのポイント

①目の表面への影響を減らす「紫外線カット率」
色が濃いレンズは、日光など目に見える「可視光線」のカットに優れますが、紫外線を防御する機能が高いわけではありません。さらには、濃いだけで紫外線カット機能のないレンズをかけると、瞳孔が開くため、逆に多くの紫外線を取り込んでしまい、通常では影響を受けにくい水晶体もダメージを受ける可能性があります。なので、紫外線カット率99%以上(=透過率1.0%以下)の記載があることが必須条件となります。

②網膜への影響を減らす「可視光線透過率」
まぶしさや、網膜への影響を軽減するために重視する数値が「可視光線透過率」です。高くなるほど色が薄くなり、低くなるほど色が濃くなります。可視光線透過率70%以上の色の薄いレンズがお勧めです。あまり色の濃いレンズだと、木陰などの少し暗い場所に移動すると見づらいので外す機会が多くなり、そのままかけ直すことを忘れてしまいがちになるため、サングラスの機能を有効に使えないことが理由です。表示されていない場合は、かけたときに「かけても暗くならない」と思える濃さがこれに該当します。

③悪影響の強い青の光線を防ぐ「暖色系レンズ」
可視光線の中でも、「青」系の色が最も網膜に悪い影響を及ぼします。青をカットしてくれる色として、ブラウン系、黄色系、オレンジ系を選ぶことがおすすめです。

④まぶしさを感じさせる反射光を防ぐ「偏光レンズ」
偏光レンズは乱反射した光をカットしてくれるため、水面の反射をカットする目的で釣りの際に使用されることが多いレンズですが、対向車のフロントウィンドウの反射や、道路からの反射光もカットするので、車の運転にも適しています。偏光度が100%に近いほど高性能といえますが、偏光度が高くなると可視光線透過率が低くなってしまうので、使用シーンは適切に選ぶ必要があります。

参考・初夏~夏にかけて起こりやすい目のトラブル

ウイルス性結膜炎

初夏から夏にかけて気温が上昇するとウイルスが自然に死滅しにくくなるため、夏場によく流行します。夏バテなどで体力が低下していたり、プールなどの感染経路が増えることも流行の一因と考えられます。
結膜の充血、目ヤニがたくさん出る、まぶたが腫れる、まぶたの裏側にブツブツができる、目がゴロゴロする、まぶしい、などがおもな症状です。また、耳の前に触れると痛みを伴うグリグリとした腫れが出ます。これは、ウイルスと戦う免疫機能を司っているリンパ節の腫れで、ウイルス性結膜炎に特徴的な症状です。

出典: ウイルス性結膜炎の症状・治療法・予防法 [目の病気] All About

ドライアイ

ドライアイは涙の分泌量が少なくなってしまった人に起こる現象です。初夏~夏の屋外の大気は湿潤した状態であるものの、エアコンのクーラーや除湿モードをかけ続けていると、涙の分泌が多くても涙が乾きやすくなるため、ドライアイになることがあります。
ドライアイの対策として一般的なのは目薬です。目薬をさしても効果が弱い場合には、涙の逃げ道をふさぐ「涙点プラグ」による処置を眼科で行うことが可能です。1眼につき3,000円程度、両目の施術で5分程度で完了し、一度挿入すれば、プラグが外れない限り効果が持続します。洗眼薬は使いすぎると必要なうるおい成分が失われてしまうため、ドライアイを悪化させる可能性があります。

出典: 目の疲れパート1 ドライアイチェック [ドライアイ] All About

専門家への取材依頼、その他広報への問合せ

独自調査の結果の詳細や、資料内で解説を行っている専門家への取材依頼については、以下にご連絡ください。

株式会社オールアバウト 経営管理部 広報担当
Tel :03-6362-1363
Mail:pr@staff.allabout.co.jp