ナチュラルで凛としていて美しい、そんな彼女たちが続けている美容テクニックをご紹介します。

今日から真似できる!パリジェンヌのキレイの秘密×7

【1】パリジェンヌは「オイル」で乾燥対策する

日本以上に空気が乾燥しているパリ。そこで暮らすパリジェンヌたちがこよなく愛するのが、美容オイルを取り入れた保湿ケア。 顔はもちろんの事、ボディや髪まで全身のお手入れに使用する人が多いのです。

出典: 乾燥肌の救世主!フランス流オイル美容のススメ [スキンケア] All About

【2】パリジェンヌは「水で顔を洗わない」

ランスの洗顔は、水を使わない「ふきとり洗顔」が基本。 クレンジング剤や化粧水をふくませたコットンを使ってふきとるのみで、水で洗い流しません。

出典: パリジェンヌの美肌の秘訣「洗わない洗顔」とは? [スキンケア] All About

【3】フランスでは「毛穴の角栓は押し出す」のが当たり前

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、フランスでは、指で圧力をかける、あるいは器具を使って毛穴の詰まりや黒ずみを押し出すケアを当たり前に行います。

出典: 毛穴の角栓撃退!フランス流エクストラクションとは? [スキンケア] All About

【4】フランスでは「ハーブ」を内外からの美容に活用している

薬草やハーブというと古典的で、一部のオーガニック志向や自然派志向の人が使うイメージですが、日本でいう漢方や鍼灸に近い存在で、フランスでは老若男女を問わず気軽に利用されています。

出典: フランス式ハーブ美容!人気のエルボリストリって何? [スキンケア] All About

【5】フランスマダムは「ルージュ」を愛用する

意外にも、普段のマダムのメイクはとてもナチュラルです。仕事に行くときにベースメイクすらしないという人も珍しくありません。その代わり、ルージュで変化をつけるのがフランスマダム流です。

出典: フランスマダムが伝授!いくつになっても輝く女性 [メイク・メイクアップ] All About

【6】パリジェンヌは「収れん化粧水」を毎日使う

多くのパリジェンヌが、毎日使用しているのが収れん化粧水。保湿化粧水や柔軟化粧水が主流の日本とは反対に、フランスの化粧水は収れん化粧が主流です。

出典: パリジェンヌ流の毛穴ケアで黒ずみと開きを一掃! [スキンケア] All About

【7】パリジェンヌは「リップケア」を忘れない

フランス人の人生にとって重要な3要素、「食事、会話、センシュアルな行為」は、唇が重要な役割をはたします。顔の中で、唇は異性にアプローチするのに、最も官能的なパーツであり、ふっくらとした厚みのある唇は、美しさの象徴とされているのです。

出典: パリジェンヌ流リップケア!魅惑のぷるぷる唇の秘訣 [スキンケア] All About