生活習慣を変えて、着実にぽってりお腹を解消する方法をレクチャーします。

どうして40代になると内臓脂肪がつきやすくなるの?

アラフォー世代になると体の構造に変化が起こります

アラフォー世代のダイエットが難しいのは、若い頃と比べると加齢のため体の構造が違っているから。これを正しく理解せず、単純に食事量を減らすだけでは、リバウンドして悪化してしまう一方です。

出典: なぜ太る?アラフォー世代の正しいダイエット法 [ビューティティップス] All About

まず1番大きな要因として、加齢による基礎代謝の低下が挙げられます。基礎代謝とは、寝ていてもカロリー消費するエネルギーのこと。30歳ごろから基礎代謝は急激に落ちていきます。ですから若い頃と同じ食生活なのに、太ってしまうのは当然とも言えるのです。

リンク: なぜ太る?アラフォー世代の正しいダイエット法 [ビューティティップス] All About

また、35歳を過ぎると卵巣機能が衰え始め、女性ホルモン、内臓脂肪を減らす働きのあるエストロゲンの分泌量が徐々に減少します。

リンク: なぜ太る?アラフォー世代の正しいダイエット法 [ビューティティップス] All About

ぽってりお腹にアプローチ! 40代にオススメのダイエット

代謝を上げて、内臓脂肪がつきにくい体を作る

「基礎代謝量」「食事誘導性熱代謝量」「生活活動代謝量」の3つの代謝を上げれば、当たり前に生活しているだけで内臓脂肪がつきにくい体を手に入れることが可能です。

出典: 基礎代謝をあげる!太りにくい高代謝ボディの作り方 [定番ダイエット] All About

温めて内臓脂肪が溜まりにくい体にチェンジ

内臓の働きが低下することで食事を消化する働きが悪くなったり、基礎代謝も下がることで内臓脂肪も溜まりやすく&減らしにくくなるので要注意。意識して内臓を温めていきましょう。

出典: お腹の冷えを解消!内臓温めダイエット [40代からのダイエット - 定番ダイエット] All About

お風呂で代謝を上げて内臓脂肪を燃やす

体の芯から温まって汗をかく入浴は、体全体の代謝がよくなり基礎代謝量をアップさせる効果も期待できます。お風呂に入る習慣をつけることで、徐々に痩せやすい体質=脂肪を効率よく燃やせる体につながるというわけです。

出典: 脂肪を燃やす!「お風呂ダイエット」の正しい入浴法 [40代からのダイエット - 簡単ダイエット] All About

食事はよく噛んで、内臓脂肪の分解を促進する

食事のときにきちんと噛んで食べることによって満腹中枢が刺激され、内臓脂肪の分解が促進されることが様々な研究でわかってきています。

出典: 2/2 機能性野菜でビューティダイエット! [食事ダイエット] All About

食生活に“お酢”を取り入れてみる

「酢を継続的に摂取することで内臓脂肪が減少することを臨床試験で初めて実証。同時に、血中中性脂肪、体重、BMIおよび腹囲を下げる作用があることも確認。」株式会社ミツカンからこんな研究結果が報告されています。

出典: お酢で脂肪燃焼ダイエット!? [食事ダイエット] All About

空腹時の有酸素運動を習慣にする

脂肪が良く燃えるのは、体内のエネルギーが少なくなっている時、つまり空腹の時です。目安は食後4時間前後。「ちょっとお腹が空いてきたな」というタイミングがベストです。

出典: 有酸素運動をしているのに痩せない人が確認すべきこと [運動ダイエット] All About

気になるお腹の内臓脂肪をエクササイズで刺激

ウエストをねじる動きは、内臓脂肪を刺激する腹筋が効果的に使えます。 ゆっくり行うことで、ポッコリ下腹の原因である内臓脂肪をしっかり燃焼します。

出典: 2/3 ポッコリお腹を撃退する!内臓脂肪の落とし方 [40代からのダイエット - パーツ別ダイエット方法] All About