あるあるシーンに使いたい名言たち

うまくいかない場面でも士気があがるような言葉を使えれば、ビジネスシーンはもちろん友人や家族との会話でも一目置かれるはず! もちろんひとり呟くだけでも心がスッと軽くなって心地良い。今をときめくビジネスマンや有名人の言葉は説得力抜群だ。

シーン1:地味な作業に飽きたとき

地味な作業でうんざりしているときに呟けば、あなたはその場のスターに! 誰もが知る「ライフネット生命」社長の言葉は納得感たっぷりだ。

出典: ライフネット生命・岩瀬大輔の仕事の進め方 ┃For M

シーン2:クレームを言われたとき

クレームやマイナスな言葉をぶつけられると、気分が沈みがち。そんなとき、ピンチをチャンスにできる言葉を放ったのは、「earth music&ecology」で知られる「ストライプインターナショナル」代表取締役の石川康晴だった。

出典: アパレル業界の仕掛人、ストライプインナーナショナル・石川康晴のマイナスをプラスに転じる経営手腕 | For M

シーン3:失敗してしまったとき

「やらかした……」なんてときでもプラスに考えられる、元フットサル日本代表プレイヤー星翔太イズム。「失敗しても●●●」と力強いその言葉とは?

出典: 日本代表フットサルプレイヤーが持つ「もうひとつの顔」 | For M

シーン4:ケンカしたとき

仲良くしたいとは思っていても、ケンカはしてしまうもの。「なんでアイツは!」と怒るだけではなく、自分自身は変えられるということを知れば関係修繕も早いはず。「株式会社リヴァ」代表取締役社長の伊藤崇の物事の受け止め方とは?

出典: 自分が本当に働くべき場とは | For M

シーン5:どうしようもなく運が悪いとき

犬のフンを踏んだ、行ったレストランは臨時休業だった、目の前で商品が売り切れた……。避けようのない災難に遭遇してしまったとき、「株式会社 FiNC」CEOの溝口勇児の名言をボソっと呟いてみてほしい。

出典: 悪いのは時代でも環境でもない。高卒CEO・溝口勇児の心得| For M