わが子をとりまく現代のイジメ事情

大人だけではない? 増加する子どものうつ

子どもはうつ病にならない、と信じていませんか? いまや小学校の1~2クラスに1人の割合でうつ病を持つ子どもがいるという研究も。見逃されがちな子どものうつ病の特徴とは?

出典: 大人だけではない? 増加する子どものうつ [子育て事情] All About

子どもの心を確実に壊していく…現代のいじめの特徴

現代のいじめは、陰湿かつ悪質で子供の心を確実に壊していく巧妙な行為です。暴力行為は伴わないが確実に子供の心を壊していくいじめ、暴力行為を伴い「犯罪」と呼べる典型的ないじめの2つのパターンに分けて、現代のいじめの特徴をご紹介します。

出典: 子どもの心を確実に壊していく…現代のいじめの特徴 [いじめ問題・対策] All About

イジメは早期発見&対処することが肝心

いじめは放っておいて、自然に解決するということはありません。だんだんエスカレートしていくからこそ、初期対応が大切なのです。

出典: いじめのエスカレートを防ぐには [いじめ問題・対策] All About

イジメに気付くためのポイント

子供の気持ちを引き出す言葉の伝え方と質問の仕方

子供の心に寄り添うとは日常生活の中で、どのように接して、具体的にどんな言葉をかければ良いのでしょうか。行動範囲が広がる小学校低学年から中学年くらいの子どもの涙を例に、心に寄り添っていく関わり方を5段階に分けて考えてみましょう。

出典: 子供の心に寄り添い気持ちを引き出す5段階のステップ [子育て] All About

「学校どうだった?」と聞いてはいけない

子どもの小学校生活は、親にとっては謎だらけ。学校は楽しいのかな、お友達はできたかな、学校で何して遊んでいるのかな、と気になるけれど、子どもに聞いてみても、たいした答えが返ってこない……。もしかして、「きょう学校どうだった?」と子どもに聞いていませんか?

出典: 「学校どうだった?」と子どもに聞いてはいけないワケ [小学校] All About

子どもの深刻な悩みを察知する方法

子どもは深刻な悩みであればあるほど、親に隠そうとする心理が働くことがあります。どんなことでも親子で率直に悩みを話し合うにはどうしたらいいのでしょうか?

出典: 子どもの深刻な悩みを察知する方法 [子供のしつけ] All About

見逃さないで!子供のいじめ発見チェックポイント

子供は、親には「自分がいじめられている」ということは言いたがりません。なぜなら、親に心配をかけたくないから、そして、親に言ったことでいじめがひどくなるからです。子供がいじめを訴えやすい環境づくりは大切です。同時に、子供の声なき声を大人が見逃さないことも大事です。

出典: 見逃さないで!子供のいじめ発見チェックポイント [いじめ問題・対策] All About

いじめのSOSサインに気付く4つのポイント

いじめられていてもなかなか親に言えない子が多いもの。しかし言葉で言えなくても、必ず何らかのSOSは出しているものです。それに気づくポイントをまとめました。

出典: いじめから我が子を守る!SOSサインやステップ対応法 [いじめ問題・対策] All About

イジメが発覚したらどう対処する?

わが子がいじめにあったら伝えたい言葉5つ

いじめは突然始まります。いじめられる側はワケがわからず、戸惑いと悲しみと怒りの中に突然つき落とされます。精神的に大きなダメージを受けている我が子に、親はどう接すればいいのでしょうか。

出典: わが子がいじめにあったら伝えたい言葉5つ [小学校] All About

「あなたを絶対に守る」と子供に伝え、いじめがなくなるまで闘う

子供がいじめられていることがわかったら、とても驚き、悲しくなってしまうと思います。すぐに、学校の先生に連絡したい気持ちはわかりますが、まず落ち着いて、子供の話を聞き具体的に文書にまとめて話し合いましょう。

出典: 子供がいじめられていると気づいたら親がすべき事 [いじめ問題・対策] All About

いじめから子供を守るには?

いじめを予防するために家庭でできることは?

最近のいじめほとんどは、そのの理由は「おもしろいから」、きっかけは「からかい、ふざけっこ」から始まります。このようないじめは初期段階で適切な対処をすれば、深刻になることはありません。家庭でできるいじめ予防について一緒に考えてみましょう。

出典: いじめ予防のために家庭でできること [いじめ問題・対策] All About

自殺を防ぐ!「命を大切にできる子」の育て方

「かけがえのない命」それが昨今の子供たちの間で、簡単に失われ、奪われるような事件が多く起こっています。「命を大切にできる子」に育てるにはどのようにすればよいのか、親の関わり方について説明していきます。

出典: 自殺や殺人を防ぐ!「命を大切にできる子」の育て方 [子育て] All About