オトナの物欲を刺激するMADE IN JAPANの実力

財布は毎日使うものだからこそ、使い勝手の良さや堅牢さを重視するべきだ。とはいえ、デザインにもこだわりたいところ。そんなオトナのわがままを叶えてくれるのが、国産ブランドのクラフトウォレットだ。

ここで紹介する、日本ならではの職人技で仕立てられた良質な財布は、どれも機能美が光る実力派ばかり。厳選された良質な素材、熟練の職人によるていねいな仕立て、手に取りやすい価格と、一度使えばその真価を実感できることだろう。ぜひ、以下5ブランド、計10点のクラフトウォレットのなかから末永く愛用できる相棒を見つけてほしい。

001:GANZO

どんなシーンで使用してもサマになる老舗の定番。この財布そのものをあらわすような「ブランド名の意味」とは?

出典: 新年に手に入れたい“育ちの良い”財布10選(001:GANZO)|For M

002:READY OR ORDER

美しい革の風合いが目を引くこちらの財布、素材はフランスの高級メゾンでも使用しているものだそう。さらに、ビジネスマンにとって嬉しい機能性が隠されている。

出典: 新年に手に入れたい“育ちの良い”財布10選(002:READY OR ORDER)|For M

003:vasco

高円寺を拠点にするファクトリーブランドの新作。職人技が宿るユニークな色合いのイメージソースは……夜空? ヴィンテージ・デニム? ナス?

出典: 新年に手に入れたい“育ちの良い”財布10選(003:vasco)|For M

004:BROOKLYN MUSEUM

「BROOKLYN MUSEUM」の数あるラインのなかでも中核を担う「ヤマト」シリーズ。素材から製作までオール・メイド・イン・ジャパンと知れば、この値段はお手頃に感じるはず。

出典: 新年に手に入れたい“育ちの良い”財布10選(004:BROOKLYN MUSEUM)|For M

005:forme

高感度なセレクトショップで取り扱われ、男女問わず人気が高い「forme」のアイテムと言えば“アレ”。その、もうひとつの人気アイテムと言えるのがこの財布。

出典: 新年に手に入れたい“育ちの良い”財布10選(005:forme)|For M