自分の子どもしか見えない「盲目マザー」7の特徴とは?

「保護者=客」と勘違いして教育現場にクレームを突き付ける

家庭の過保護な感覚を教育現場に突き付ける親は、少数ながら存在するようです。「先生なんだから、とにかくなんとかして」と詰め寄ったりするのは、どこか「これは自分の子どもの問題であり、親の問題でもある」という当事者感覚に欠けた、店でサービスを受けるお客様感覚ともいえるのかもしれません。

出典: モンスターペアレントの実態とは? [子育て事情] All About

「わが子を勝ち組に」という強い願いを持っている
「わが子を勝ち組に」という強い願いを持っている

「まわりの子は、わが子の大切なチームメイトである」ということと、「保育・教育はサービス業ではない」という2点を忘れて、自分の子どもの成功だけを祈った時、必然的に他の子どもの「負け」を願うことになります。【ページ停止】

出典: モンスターペアレントにならないために [男の子育て] All About

子どもをいつまでも「自分だけの宝物」のように扱う

「子どもは宝物」と言われますが、ペットのように私有化するのとは意味が異なります。「たまたま自分のところへ生まれてきてくれた宝物を大事に育て、立派な1人の大人として社会にお戻しする」という距離感も大切なのかもしれません。

出典: 2/3 「子どもは社会の宝」の本当の意味 [男の子育て] All About

子どもが被害者になる可能性しか考えられない

子どもを強く思うあまり、学校が「敵だらけ」に思えて心配になることもあるでしょう。先生、同級生、同じ地区の子ども……いつも「何かされていないか」ということばかり考えていると、大切なことを見誤ってしまうことがあるようです。

出典: もしや予備軍!? モンスターペアレント診断 [子育て] All About

友人間のトラブルで、自分の子どもの言い分以外を信じない

我が子が、だれかを傷つけてしまう「いじめの加害者」になる可能性もゼロではありません。自分の子供がしていることが「いじめである」と分かった場合、和解・謝罪へのプロセスをしっかりと考えて話し合いましょう。

出典: 自分の子がいじめているとわかったときの対処法 [いじめ問題・対策] All About

「子どもなんだから自由にやらせたい」と子どもが叱られることに敏感

公共の場で人の目を気にして小さくなっている親もいれば、「子どもなんだから」と叱らずにいる親との2極化が進んでいます。どちらにしても、育児方針に強いこだわりを持つことで社会とのズレが生じ、子どもが誰かに叱られることに強い怒りを感じてしまうことも。

出典: 自分の子さえよければ、いいですか? [子育て事情] All About

夫より息子!「愛情を注ぐ」と「溺愛」の線引きができていない

特に男の子ママに多いと言われる「過剰な息子ラブ」のママ。母子密着が思春期を過ぎても続くことで、共依存の関係に陥る可能性も。息子を溺愛するあまり、パパをないがしろにしたり、軽んじたりしないことが大切です。

出典: マザコン息子育成中?溺愛母の傾向と対策 [子育て事情] All About

真面目さが裏目に……過保護・過干渉になりがち

ヘリコプターペアレントは、毒親、モンスターペアレントと比べると、まだまだ認知度が低いようです。子どものそばで管理、干渉し続ける親、ヘリコプターペアレントの特徴である過保護、過管理、過干渉に陥らないための対処・コツをお伝えしていきます。

出典: ヘリコプターペアレントとは?親の過保護度をチェックする方法 [子育て] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項