だるい朝、シャキッと目覚めるコツ

だるい朝には、寝転がったまま気分転換エクササイズ

がばっと勢いで起きるよりも、ゆっくりと身体をほぐしながら目覚めると、その後の活動がスムーズに。眠っていた身体と頭をスッキリと起こすエクササイズがおすすめです。

出典: 寝転がったままでもOK!気分転換エクササイズ [運動と健康] All About

すっきり目覚めて疲れをためないために朝ごはんを食べる

忙しい朝でも朝ごはんを食べて、疲れを溜めにくい1日を送りたいもの。朝は起きるだけで精一杯! 作っている暇なんてない! という人も実践できる朝ごはんメニューをご紹介します。

出典: 1日の能率UP! すっきり目覚める朝ごはん [疲労回復法] All About

日中も続くだるさに……食事へのアドバイスと簡単エクササイズ

食生活を少し工夫する

病気ではないけれども何となく元気がなくて疲れやすい……毎日の生活を充実させるためにも食生活を少し見直すことが体質改善の近道です。

出典: 疲れやすい人は食事で体質改善 [療養食・食事療法] All About

デスクワークの人におすすめ「座り疲れ」解消エクササイズ

デスクワークなど1日に座っている時間が長い人は、筋肉の血流が滞って座り疲れを起こしている可能性があります。自分のデスクで座ったままでもできる簡単エクササイズで、疲労がたまらないようにしましょう!

出典: 座ったままでできる!「座り疲れ」解消エクササイズ [疲労回復法] All About

疲れを上手に吹き飛ばす!運動・入浴・飲酒のコツ

憂鬱な気分も吹き飛ばす!運動を習慣に

忙しいとき、疲れているときほど、じっとしているのではなく、体を動かすことが有効。気分を高める神経伝達物質セロトニンを高めるための生活習慣を考えてみましょう。

出典: 憂鬱よさよなら!3つの意識でセロトニン活性化大作戦 [運動と健康] All About

40℃のお風呂に15分、入浴で自律神経バランスを整える

夕食後から寝るまでの3時間は、質の良い睡眠に入るための準備をする大切な時間。自律神経バランスを整え、一日の終わりに滞った血流や心と体をカバー、デトックスしましょう。

出典: 自律神経バランスを整える入浴方法 [メンタルヘルス] All About

間違うと疲労をためる…!疲れを取るための上手な飲酒

アルコールは寝つきをよくする一方で、飲む量や飲み方を間違えると睡眠の質を下げる恐れがあります。いびき、頻尿を含め、寝酒で起こりうるリスクと、睡眠の質を落とさないための上手な晩酌方法、お酒の適量をご紹介します。

出典: 睡眠の質を落とさないお酒の楽しみ方…飲酒の適量は? [飲酒・アルコール] All About

休日は「積極的休養」を!

疲れている上に体を動かすのは億劫だと感じる人もいるかもしれませんが、こういうときこそ適度な運動を取り入れてみましょう。体を動かしたほうが、心身の疲れも回復しやすいと言われています。疲れたときこそ運動!をぜひ実践してみましょう。

出典: 「疲れたときこそ休むより運動」が疲労回復のコツ [運動と健康] All About

夜はグッスリ!寝る前にすべきこと・避けること

知っておきたい快眠の最新情報

2016年に発表された研究の中から、すぐに生活に取り入れられそうな研究結果と商品を厳選してご紹介します。

出典: 睡眠学会で驚いた!知っておきたい快眠の最新情報5選 [睡眠] All About

寝る前5分の簡単エクササイズ

寒い季節、「ぐっすり眠れない」「寝つきが悪い」という人は、上手に自律神経を整えて心身をリラックスモードへ導きましょう。簡単にできて筋肉の緊張を緩める3つのエクササイズをご紹介します。

出典: 寝る前5分でOK!熟睡したい人の3つの快眠エクササイズ [疲労回復法] All About

ブルーライトで睡眠障害!? 寝る前のスマホをやめる

パソコンやスマートフォンの画面からは、多くの青い光「ブルーライト」が出ており、睡眠の質を悪くする原因にも…。ブルーライトの睡眠に対する影響と、ブルーライト軽減の方法についてご紹介します。

出典: スマホは危険!? ブルーライトの睡眠への影響と対策 [不眠・睡眠障害] All About

寝溜めはNG!入眠を速やかにして、かつ睡眠周期をしっかり作る

「寝溜め」では、前日までの寝不足を解消できても、翌日以降のために睡眠を溜める事は残念ながらできません。寝不足にならないためには、睡眠時間だけでなく、入眠を速やかにして、かつ睡眠周期をしっかり作ることが大切です。

出典: 入眠と睡眠周期を大切にして睡眠の質を高めよう! 現代人は慢性的な寝不足 [睡眠] All About