卒業式、卒園式が近いシーズンになってきました。
なにかとバタバタしがちな3月、慌てて購入したイマイチなファッションだと、高くついたりせっかくのお子さんの晴れ姿に集中できない可能性も。今から情報収集して、事前に準備がオススメです。
今回はマナーのポイントも抑えたセレモニースタイルをご紹介します。

卒園式・入学式、ママの服装マナーと選び方のコツ|All About(オールアバウト)

わが子の卒園、入学、入園。特別な式だからこそ、親としてその場にふさわしい服装でのぞみたいところです。
卒園式・卒業式の服装ではやはりブラックやネイビー、グレーなどの落ち着いた色目が◎。
ただしブラックの場合は一歩間違うと喪服のように見えてしまうので、注意が必要です。

出典: 卒園式・入学式、ママの服装マナーと選び方のコツ|All About(オールアバウト)

入学式まで使える★上品なミックス系カラーはやっぱり便利

上品なグレーベージュのスーツはオススメ度NO.1

白っぽ過ぎないグレーベージュのミックス素材なら、落ち着き感もありつつ華やかさもあるので、入学式も兼用で使えそう。色自体が明るめなので、余計なアクセサリーが無くても大丈夫なのも嬉しいポイントです。

出典: Instagram

グレー系のミックス素材はコンサバママにも◎

グレー一色だとシンプルな印象になりがちですが、ミックス素材だと適度な明るさも出て、合わせる小物もブラック、ホワイト、グレーなど幅が広がるのが◎。コサージュ一点ぐらいでシンプルに着るのがスタイリッシュです。

出典: Instagram

目立ちすぎず上品にキマるネイビーはオススメカラー

フレアスカートもネイビーならシックで上品な印象に

ボトムはタイトよりフレアが好みなママも、色目がネイビーなら落ち着いたシックな印象に仕上がります。セットアップ自体のデザインが素敵だとあれこれ小物を付けなくてもよいので、コーデに悩むこともなく、またスマートで上品な印象にもなり、一石二鳥です。

出典: Instagram

重すぎず明るすぎないライトグレーが人気上昇中

スカートは苦手、スーツだと堅すぎる・・・というママにぴったりなセットアップ

普段からパンツ派でスカートはめったに履かないというママにぴったりなセットアップ。スーツだとどうしてもオフィスっぽくなってしまうので、そんな時にもお役立ちです。ぺプラム風のデザインはこれ一枚でキマるので便利!

出典: レーヴル(Levre)|DOLLY SEANのシャツ・ブラウスを使ったコーディネート - WEAR

ブラックはアクセサリーや小物で華やかさをプラス

パールやベージュのミニバッグで明るさを

可愛らしい印象のジャケット&ワンピースのセットはガーリー派のママにも人気。七分袖やフレアの入ったハイウェストの切り替えなどで、ブラックでもふんわりした印象になるので卒園、卒業式に使いやすいアイテムです。それでもパールやバッグ、シューズで明るさをプラスするのを忘れずに。

出典: Instagram

シックなブラックコーデは顔周りに明るいアイテム必須

きちんとしたブラックのセットアップは、堅い印象にもなり得るのでそのままだと喪服っぽくなりがち。顔周りにパールやコサージュなど、明るいカラーをプラスして華やかなポイントを作るように心がけると◎。ベージュのパンプスにするなど、足元を明るくするのも使えるワザです。

出典: Instagram

コスパ良◎単品でも使えるノーカラージャケット×黒ワンピコーデ

ベージュのノーカラーコートで一気に華やかに

ブラックのセットアップもこのように生地に表情があるタイプだと華やかさもあって使い勝手が良いです。ベージュのジャケットで春らしい華やかさをプラスして。

出典: Instagram

黒ワンピース×ツイードジャケットは着慣れない人でも安心

ほとんどスーツを着る機会の無かった人には、いきなりかっちりしたセレモニースーツはどうも苦手という人も多いはず。まずは普通のブラックワンピにジャケットを羽織るコーデから入るのも着慣れない人にはオススメです。

出典: 22 OCTOBRE Staff(22OCTOBRE)|22 OCTOBREのノーカラージャケットを使ったコーディネート - WEAR

手持ちワンピにジャケットを合わせるコーデはコスパも◎

たった一度しか着ないセレモニースーツに何万も使うのはもったいないという方も多いのではないでしょうか。こんな落ち着いたジャケットならコサージュを取ってパンツに合わせれば普通にも着られるので、手持ちのアイテムと相性の良いジャケットを事前に購入しておくのも賢い方法です。

出典: Instagram

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項