「若く見えますね」という社交辞令を真に受けていては、あなたの見た目年齢は上がるばかりです。自分の本当の見た目年齢をちゃんと把握しましょう。

ひとつでも当てはまったら、あなたは老けて見られているかも!

【1】手肌のケアをしていない

“手”が体の中でも最も老化のサインが現れやすいパーツだと知っていますか? せっかくフェイスケアやメイクを頑張っているのに、ハンドケアを怠ったせいで「思ったより年齢が上なのかな?」と思われてしまっては損ですよね。

出典: 手は顔より10歳老ける!?正しいハンドクリームの塗り方 [脱・カサカサ乾燥!うるおい美肌の作り方 - ハンドケア] All About

【2】頬に「ツヤと高さ」がない

年齢を重ねることにより変化してくる「頬」の状態が、潜在的な老け印象を作っていること知っていますか? 頬に光を集めるベースメイクと最初にチークをのせる位置を意識することで、若々しい印象を作りましょう。

出典: 若く見える人の秘密は頬にアリ!脱・老け顔メイクテク [ベースメイク] All About

【3】「ほうれい線」がくっきり刻まれている

“おばあちゃん”っぽい印象の原因になってしまうほうれい線。ほうれい線を目立たせないため、30秒でできる3つの顔トレーニングをご紹介します。

出典: 30秒の顔トレで、口元が若返り笑顔も輝く! [ほうれい線] All About

【4】「クマ」が目立っている

顔の中でも、第一印象を大きく左右するのが目元。目の下にクマがあるとそれだけで疲れた印象になり、見た目年齢をも大きく老けさせてしまいます。「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」のタイプ別に解消法をご紹介します。

出典: 老け顔のもと!ガンコな「クマ」の原因と対策【前編】 [クマ] All About

【5】「首のシワ」がくっきりしている

首のシワやあごのたるみは、場合によっては、見た目を10歳以上も老けさせてしまいます。どんなに顔をしっかりメイクしても、首から下がシワだらけだと、お化粧が「老け隠し」みたいに見えてしまうので注意が必要ですよ。

出典: 首で見た目を損しないネックケア [シワ] All About

【6】睡眠不足の生活を続けている

若さを保つためには、なるべく自分の体から成長ホルモンが分泌されるようにぐっすり眠ることが大切。睡眠不足の生活を続けていると、お肌はどんどん老化してしまう可能性があります。

出典: 眠り方で体が変わる!老けない&太らない睡眠術 [アンチエイジング] All About

【7】「フェイスライン」「背中」「二の腕」の脂肪が目立つ

見た目年齢で問題なのは、「フェイスライン」 「背中」「二の腕」の3パーツのムダ肉。全体的に健康的なぽっちゃりさんや、若々しくハリのある肉付きをした体型なら問題はありません。

出典: 太っていると実年齢より老けて見える!? [パーツ別ダイエット方法] All About

【8】「巻き肩」になっている

実年齢よりも老け込んだ後ろ姿になりやすいだけではなく、結果的に体の様々な機能にも影響を及ぼす恐れがある「巻き肩」。自分の姿勢に問題がないかどうか、まずはチェックしてみましょう!

出典: 見た目も体も老け込んでしまう「巻き肩」解消法 [疲労回復法] All About