9位 BMW M2クーペ

BMW M2試乗 “帰ってきた、ボクらのM”

コンパクトでストイックなスポーツクーペだったかつてのM3を彷彿とさせる、新型BMW M2。サーキットを見越したチューン、走り優先の装備を惜しみなくつぎ込んだ迫力の佇まい。過ごした時間の分、完璧にコントロールできているという自信がどんどん増していく……。停まって曲がって踏んでが、これほどリアルに楽しいクルマは最近、珍しい。

出典: BMW M2試乗 “帰ってきた、ボクらのM” [BMW] All About

9位 日産 セレナ

新型セレナが登場!ライバル車とスペックを徹底比較

日産がフルモデルチェンジを行った新型セレナを発売。今や2リッター級の3列シートミニバンと言えば日本市場での売れ筋。車格としてライバルにあたるトヨタのノア3兄弟や、ホンダ・ステップワゴンと比較するとどのような点に優劣がつくのか、スペックを詳しく見ていこう。

出典: 新型セレナが登場!ライバル車とスペックを徹底比較 [NISSAN(日産)] All About

新型セレナ、プロパイロット“以外”の評価は?

日産の自動運転装置「プロパイロット」を採用した新型セレナを公道で試してみたが、一般道では“ほぼ”機能せず、高速道路でも「ついていたら便利」という程度。ではプロパイロット無しの場合に、ライバル車のノア3兄弟やステップワゴンと比べるとどうなのか?ファミリー層に売れ筋のお買い得ミニバンを、価格面も含めて比較してみよう。

出典: 新型セレナ、プロパイロット“以外”の評価は? [NISSAN(日産)] All About

8位 ホンダ フリード/フリード+

待望の新型ホンダ・フリードが登場

2016年9月16日に発売されたホンダ・フリードの新型モデルが好調なスタートを切っている。発売1カ月で2万7000台超の受注を獲得し、2016年10月の登録車販売台数で9153台となり、トヨタ・シエンタに迫っている。待望の新型フリードの仕上がりはどうだろか?

出典: 新型ホンダ・フリードとシエンタどちらを選ぶ? [HONDA(ホンダ)] All About

ホンダ・新型フリードとトヨタ・シエンタを徹底比較!

発売前から盛んにティザー(事前宣伝)を行っていたホンダ・フリードが正式発表となった。果たしてシエンタより魅力的だろうか? ティザーでは公表されていなかった価格や詳細な装備内容まで含めて考えてみたい。

出典: 新型フリード発売!シエンタとどちらが魅力的か? [HONDA(ホンダ)] All About

7位 ジャガー F-PACE

エンジン選びから“歓び”が始まるジャガーFペース

高級ブランドが“背の高いスポーツカー”SUVを続々とデビューさせる中、スポーツカーの草分けというべきブリティッシュブランドが満を持してリリースしたのがFペース。良質な走りの資質、クーペライクなモダンジャガーテイストが魅力。選択が悩ましいディーゼルとガソリンの特徴や、オススメの装備などを開設する。

出典: エンジン選びから“歓び”が始まるジャガーFペース [ジャガー] All About

ジャガー初のSUV「F-PACE」の完成度は期待以上!

ランドローバーというSUVのスペシャリストを抱えているジャガー・ランドローバーから登場したジャガー初のSUV「F-PACE(Fペイス)」。ジャガーならではの走りを得ているのかが最大の注目点だ。

出典: ジャガー初のSUV「F-PACE」の完成度は期待以上! [ジャガー] All About

6位 アバルト 124スパイダー

ロードスターより“実用的” アバルト124スパイダー

基本プラットフォームをマツダロードスターと共有、広島で生産される124スパイダー。パワートレーンはFCA製、とりまとめはイタリアのチームが行い、パフォーマンスは文句なし。ロードスターとの違いや、どちらを選ぶべきか?を解説しよう。

出典: ロードスターより“実用的” アバルト124スパイダー [FIAT(フィアット)] All About

5位 メルセデス・ベンツ Eクラス

またしても期待以上!M・ベンツEクラスに乗る

メルセデス・ベンツの本流となるFRセダンシリーズの中核モデル、Eクラスがフルモデルチェンジ。SクラスCクラスに続き満を持して登場した新型、話題の部分自動運転はもちろん、その仕上がりは十分期待を上回るものだった。

出典: またしても期待以上!M・ベンツEクラスに乗る [メルセデス・ベンツ] All About

4位 ボルボ XC90

新型ボルボXC90の魅力とは?

ボルボがXC90を、アウディがQ7という大型SUVのニューモデルを発売したことで、フルサイズSUV市場が再び盛り上がる状況が整いつつある。最新の大型SUVの魅力についてこの2台を中心に迫っていきたい。

出典: 新型ラッシュ! 大型SUVの最新事情は? [輸入車] All About

3位 アウディ A4シリーズ

3位には輸入車であるアウディA4シリーズがランクイン。外観やインテリア、走りにおいても「上質さ」が感じられるというが、果たしてその気になる乗り心地は?

上質な走りを体感。新型アウディA4の魅力とは?

欧州Dセグメントのブランド中核モデル、ライバルと少々おもむきも異なる4WD&FFをラインナップする、A4がモデルチェンジ。高級感漂うエクステリア、機能性の高いインテリア、上質な走りをもつサルーンの魅力やオススメグレードは?

出典: 上質な走りを体感。新型アウディA4の魅力とは? [Audi(アウディ)] All About

新型アウディA4とライバルの違いとは?

アウディの中核モデルといえるA4がフルモデルチェンジを受けた。2016年2月から発売が開始されているA4セダンを中心に、ライバルのメルセデス・ベンツCクラス、BMW3シリーズを交えながらその走りなどに迫っていきたい。

出典: 新型アウディA4とライバルの違いとは? [Audi(アウディ)] All About

2位 トヨタ プリウス

2位に輝いたのは、2015年12月上旬の発売から約1ヶ月で10万台を受注したプリウス。燃費を追求した前モデルから進化し、走りや安全性能の面でよりバランスのとれたクルマに。

新型プリウスってどんなクルマ?

12月上旬に発売した次期型プリウス。すでに納期まで数ヶ月待ちという状況で、納車を望むなら早めのオーダーがマスト。「どんなクルマ」なのかを今から把握しておきたいところ。他のメディアではあまり大きく取り上げていないポイントも含めて、生まれ変わったプリウスを解説したい。

出典: ついに発売!新型プリウスってどんなクルマ? [プリウス] All About

なぜ新型プリウスは最上級Aグレードが一番人気なのか

発売1カ月(販売店の営業日ベース)で約10万台受注と大台に乗せた新型プリウス。現在、3~5カ月待ちだそうだが、最上級の「A」系にいたってはなんと5~8カ月待ち! 欲しい人はじっくりと構えるしかない。その人気の理由とは?そして、グレードによる走りの差はどうだろうか?

出典: なぜ新型プリウスは最上級Aグレードが一番人気なのか [プリウス] All About

1位 スバル インプレッサスポーツ/G4

2位のプリウスに50点の差をつけ、2016-2017年の日本カーオブザイヤーに輝いたのはスバル・インプレッサ。質の高い走行性能と世界トップレベルの安全性能、そして手頃な価格感が評価されての受賞となっている。プロも絶賛するインプレッサが教えてくれる「走る楽しさ」とは?

新型インプレッサは自信を持って「お買い得」と言える

10月25日に発売されるスバルの新型インプレッサ。事故を起こさない性能&起こしてもダメージを最小限に済ますための安全装備は世界TOPレベル。久しぶりに自信を持って「お買い得価格ですね!」と紹介出来るクルマだ。

出典: 新型インプレッサは自信を持って「お買い得」と言える [SUBARU(スバル)] All About

新型スバル・インプレッサを公道で試す

満を持して投入された新型スバル・インプレッサ。初期受注は好調なスタートを切ったようで、どんな走りっぷりを示してくれるか気になる方も多いはずだ。名古屋から東京までインプレッサSPORTを走らせる機会があったのでご報告したい。

出典: 新型スバル・インプレッサを公道で試す [SUBARU(スバル)] All About