ガイド両推し!2016年の見逃せない作品はコレ

ガイド・黒田 昭彦のおすすめポイント

『花子とアン』の嘉納伝助や『カラマーゾフの兄弟』での暴君の父親などドラマでは強烈なキャラが多い吉田鋼太郎。そんな中、惚れっぽい和菓子職人のキャラはトーク番組などでみせる本人のイメージに近い感じ。現代版「寅さん」的に楽しめました。

出典: 黒田 昭彦 All About

ガイド・ 竹本道子のおすすめポイント

味わい深い東京の街と人物の美しさが印象的な作品。若くはないのに恋多き主人公を演じる吉田鋼太郎が淡く新鮮です。恋をしてはふられてしまう物語はなつかしい空気も。センチメンタルな情景をつつむ名優たちの演技は絶品、さりげない言葉に癒されます。

出典: 竹本 道子 All About

巧みな脚本に唸らされたい人にオススメ

ガイド・ 黒田昭彦のおすすめポイント

無実の罪が晴れ8年で出所した梨江子(水野美紀)は自分を裏切った親友・あずみ(田畑智子)を探す。梨江子につきまとう謎の女・美緒を演じた仲里依紗の狂気を秘めた演技が出色。脚本は78才のベテラン鎌田敏夫、まだまだ若い。

出典: 黒田 昭彦 All About

ガイド・ 黒田昭彦のおすすめポイント

『ちりとてちん』で落語をあつかった藤本有紀が今度は浄瑠璃を素材に。近松門左衛門(松尾スズキ)がいきなりギターを持って歌うなど史実と創作を取り混ぜた奇想の時代劇。向田邦子賞受賞は納得。青木崇高と優香の結婚のきっかけにもなったというオマケ付き。

出典: 黒田 昭彦 All About

ガイド・ 黒田昭彦のおすすめポイント

NHK愛媛制作ドラマ。漱石の『坊っちゃん』は実話だった!主人公は赤シャツの孫(勝地涼)、悪評にいたたまれずに松山を離れていたが野だいこ(左とん平)を頼って帰郷。そこで謎の老人(山崎努)に出会うが彼こそ「坊っちゃん」だった、という変わった設定で楽しめました。

出典: 黒田 昭彦 All About

ガイド・ 黒田昭彦のおすすめポイント

何度も映画化、ドラマ化された有名原作。今回は金田一耕助(長谷川博己)が戦争から帰ってすぐという側面がクローズアップ。これまでの飄々とした金田一でなくかなりの変人ぶりを見せ、犯人も知らないところがあった真相を解明をした後はヒステリックに笑い、戦争のストレスを強く感じさせました。

出典: 黒田 昭彦 All About

ガイド・ 竹本道子のおすすめポイント

臭覚で難事件を解決する癖のある主人公華岡信一郎(阿部寛)と特別捜査室の活躍を描いた大人の作品はウクライナで放送されたドラマのリメイク。ハードボイルド的テイストで車、音楽、ファッションで遊び心を見せる演出とベテラン林宏司の脚本に魅せられます。

出典: 竹本 道子 All About

ガイド・ 竹本道子のおすすめポイント

怖いもの見たさの「覗き」のスリリングはそのままに、松岡昌宏演じる女装した家政婦三田園薫の艶やかさに釘付けの一本。家事のポイントを説明するコーナーやスカートをまくり上げて走る驚異のスピードなどクセになる新しい世界、きっと覗き見したくなります。

出典: 竹本 道子 All About

ガイド・ 黒田昭彦のおすすめポイント

『家売るオンナ』でめずらしく(初めて?)不動産屋主人公のドラマがヒットしたと思ったら、吉祥寺を希望する客に別の場所を勧める不動産屋の『吉祥寺だけが住みたい街ですか』にマンション販売業者が活躍する『プリンセスメゾン』と続々とでてきました。人生最大の買い物である不動産、ドラマがたくさんあります。

出典: 黒田 昭彦 All About

役者の演技が光った作品たち

ガイド・ 黒田昭彦のおすすめポイント

広末涼子と内田有紀が演じる二人が夫を殺すやむを得なさ、また殺した後の開放感は納得の演技。DV夫の佐藤隆太、二人を追い込む吉田羊などもはまりましたが、それ以上に印象に残るのは中国人社長役の高畑淳子の怪演。ドラマや映画で見る機会は今後、減るのでしょうか。

出典: 黒田 昭彦 All About

ガイド・ 黒田昭彦のおすすめポイント

二股でしか愛せない肉食政治記者が主役。AKB卒業以降の前田敦子としては魅力を最大限引き出してます。担当の女性プロデューサがTBSの元政治記者だったという経験がいかされ、不倫劇と並行して描かれる政争にもリアリティがありました。

出典: 黒田 昭彦 All About

ガイド・ 竹本道子のおすすめポイント

事件に潜む人間の闇に相対する、横山裕演じる刑事東海林泰久の激しさと、林遣都演じる医師中島保の冷静さが不思議に調和するサスペンス。主人公藤堂比奈子を演じた波留を加え3人の若い俳優は圧巻、ベテラン陣が見せる希望と味わい深い演技も印象的な力作です。

出典: 竹本 道子 All About

頑張る人を応援!元気の出るドラマ

ガイド・ 黒田昭彦のおすすめポイント

受験ものは『ドラゴン桜』や映画『ビリギャル』などだいたいおもしろくなります。多くの人が経験する切実な問題なのがいいんでしょうか。1月からのTBSでも阿部サダヲ・深田恭子主演で『下克上受験』がスタートします。

出典: 黒田 昭彦 All About

ガイド・ 竹本道子のおすすめポイント

漫画雑誌「週刊バイブス」の個性的すぎる編集者たちと、さらに個性的すぎる漫画家たちに大笑い、黒木華演じる主人公の新人編集者の働く姿に胸が熱くなります。登場する漫画作品はどれも刺激的で魅力的、マンガ愛がフツフツして本屋さんに行きたくなります。

出典: 竹本 道子 All About

ガイド・ 竹本道子のおすすめポイント

商社を舞台に、厳しい現実にあえぎながら力強く未来へ進もうとする新入社員と、その上司や先輩、女性の管理職など、いろいろな立場の「働く」が新鮮に丁寧に表現された力作。現場で生まれる言葉の力と清々しさ、英断と勇断の連続に気持ちのいい涙があふれます。

出典: 竹本 道子 All About

ガイド・ 竹本道子のおすすめポイント

医療ドラマが多いなか、派手さのない病理医に専門的に迫った力作。確執が生む不条理に、長瀬智也演じる主人公が気持ちよく切り込む姿は圧巻、一人ひとりの情熱のカタチ、丹念に描かれる若い医師たちの成長、見応えのあるクールなヒューマンドラマです。

出典: 竹本 道子 All About

癒しを求めるならこの作品

ガイド・ 黒田昭彦のおすすめポイント

松下奈緒主演で『ゲゲゲの女房』に近い美人扱いされないキャラ。他の登場人物も善人ばかりの、普通の作品は最近受けないんですよね。どこか尖ったところがないと。ほのぼのとして安心できるので個人的には好きなんですが。

出典: 黒田 昭彦 All About

ガイド・ 竹本道子のおすすめポイント

街のハブ的役割を担うコンビニに集う登場人物を観察しながら「いる!」と盛り上がってしまう物語。淡々としたコンビニの日常とはじけた演技、怪しくも個性的すぎるメンバーたちの可笑しな化学反応が、深夜のクスクスを刺激、疲れ心を明るく照らします。

出典: 竹本 道子 All About

ガイド・ 竹本道子のおすすめポイント

上京してきた若者たちの青春の切なさ、もどかしさ、若さゆえの刺々しさや閉塞感を坂元裕二が丹念に拾い上げた青春群像劇。若い俳優陣の全身全霊かつ丁寧な演技に好感が持てます。一緒に泣き笑いしながら、心が澄んでいく、優しさにあふれた素敵な作品。

出典: 竹本 道子 All About

ガイド・ 竹本道子のおすすめポイント

仕事に関してはプロなのに、家族や恋愛のことになると、なぜこうも不器用になってしまうのだろう。マイペースな登場人物たちがお互いを思うことで気づく家族のこと、人生のこと、誰もが経験する厄介なテーマをユーモラスにフワッとやさしく描いた名作です。

出典: 竹本 道子 All About