女性の方が便秘になりやすいのはなぜ?

女性の場合は男性よりも骨盤が広く、腸が骨盤内に落ち込んで、たるみやすいため、便が大腸に滞留する時間が長くなります。この間に便が硬くなり、便秘になりやすい傾向があるようです。また、女性のほうが腹筋や横隔膜の筋力が弱いために便を排出する力が弱いことも影響しているのでしょう。

リンク: 便秘の仕組み・原因・病気・解消法【医師が解説】 [胃腸の病気] All About

腸そのものに通過障害がある「器質性便秘」…考えられる病気は?

便の経路である消化管(胃→小腸→大腸→肛門)に、物理的な障害があることが原因で起こる便秘。先天性のものと後天性のものに分けられます。生まれつきの腸管自体の異常を始め、腸管壁のポリープなどで腸管が通りにくくなることによって生じる便秘です。

リンク: 便秘の仕組み・原因・病気・解消法【医師が解説】 [胃腸の病気] All About

■大腸がんによる便秘(腫瘍による通過障害)

早期に発見すれば内視鏡での処置により完治させることも可能な大腸がん。便秘や下痢を繰り返す、下血や血便などの便通異常は要注意です。

出典: 大腸がんの症状・がんの進行 [大腸がん] All About

■直腸がんによる便秘(腫瘍による通過障害)

繰り返す下痢と便秘、そして「便柱狭小」といわれる便が細くなる症状が続く場合は、直腸がんを疑ってもよいでしょう。

出典: 直腸がんの初期症状・進行症状 [癌(がん)] All About

■大腸ポリープによる便秘(ポリープによる通過障害)

「なぜ大腸ポリープは切除した方がいいのか」を含めて、大腸ポリープの原因、切除適応、予防法などについて解説します。

出典: 大腸ポリープと言われたら…原因・切除適応・予防法 [胃腸の病気] All About

■腸管癒着、腸閉塞による便秘(腸が癒着し腸管運動がうまくいかない)

腸閉塞(イレウス)の原因として一番頻度が高いのは、消化管や婦人科疾患の術後癒着によるもの。そして、術後癒着の原因として多いのが食事です。腸閉塞予防に有用な食事法や薬について解説します。

出典: 腸閉塞の原因は食事にあった?…腸閉塞の食事・予防法 [胃腸の病気] All About

■腸閉塞が原因の便秘

腹部の手術後の癒着や、大腸がん、腸重積(ちょうじゅうせき)などで起こる腸閉塞。消化物や消化液が腸内に溜まってしまうため、ゲーゲーとひどい嘔吐があり便が出なくなったら、腸閉塞の可能性が高いです。

出典: 吐き気・嘔吐の原因となる病気 [胃腸の病気] All About

■子宮筋腫が原因の便秘(筋腫が腸を外から圧迫する)

子宮筋腫が大きくなると、圧迫による症状が出ることも。子宮の前には膀胱があるので筋腫が膀胱を圧迫してトイレが近くなったり、逆に尿がスムーズに出せなくなってしまいます。周りの腸を圧迫すれば便秘になります。

出典: 子宮筋腫の症状と診断法 [子宮筋腫] All About

■卵巣のう腫が原因の便秘(のう腫が腸を外から圧迫する)

卵巣が多少腫れている程度では全く症状が出ませんが、お臍の高さを超えるくらいの大きさになると下腹が圧迫されるため、お腹の張りやウエストのきつさなどの症状で自覚できることもあります。

出典: 卵巣のう腫・卵巣腫瘍の症状と診断法を婦人科医が解説 [婦人病・女性の病気] All About

食生活の変化や精神的要因等が原因で起こる「一時的な急性便秘」

例えば、ダイエットを始めて急激に食事量が減ったり、水分摂取が減ったり、女性の場合は、妊娠したり、月経の前に発症する便秘です。この場合は原因が解消されることで自然に元に戻ります。

リンク: 便秘の仕組み・原因・病気・解消法【医師が解説】 [胃腸の病気] All About

原因を知れば解消できる!慢性便秘の大半は「機能性便秘」

慢性便秘とは、比較的長期にわたって続く大腸の機能異常に基づく便秘のこと。慢性便秘は、さらに細かく、弛緩性便秘・直腸性(習慣性)便秘・痙攣性便秘の3つに分けられ、ほとんどの便秘はこの中のいずれかに当てはまります。

リンク: 便秘の仕組み・原因・病気・解消法【医師が解説】 [胃腸の病気] All About

あなたの便秘のタイプは?便秘の種類と解消法

20~40代女性の実に約4割が便秘といわれています。ひとくちに「便秘」といっても、いろいろなタイプや原因があって治療法も様々です。便秘の種類と解消法について解説します。

出典: あなたの便秘のタイプは?便秘の種類と解消法 [胃腸の病気] All About