月経痛の原因となる病気…「器質性月経困難症」

子宮内膜症や子宮筋腫など、実際に身体的な疾患が原因のものを「器質性月経困難症」といいます。どんな疾患があるか挙げてみましょう。

不妊の原因にもなる「子宮内膜症」

20代~30代の女性に増えている子宮内膜症。毎月寝込むほどの痛みがある、痛み止めが効かない、あるいは効きにくくなってきたなどの症状は要注意です。

出典: 子宮内膜症の原因・症状・診断方法 [子宮の病気] All About

卵巣内に血がたまる「チョコレートのう腫」

卵巣にできてしまった子宮内膜症が毎月の生理のたびに出血し、卵巣内に血がたまってしまう状態をチョコレートのう腫といいます。月経痛、排便痛などがサインです。

出典: チョコレートのう腫ってなあに? [婦人病・女性の病気] All About

30歳以上の女性の3人に1人?「子宮筋腫」

30歳以上の女性の3人に1人がもっているほどメジャーな病気・子宮筋腫。大きさやできる場所によって自覚症状も様々です。子宮筋腫の主な症状と診断方法について解説します。

出典: 子宮筋腫の症状と診断法 [子宮筋腫] All About

症状が出た時にはすでに大きくなっている…「卵巣腫瘍」

症状が表れるのは、のう腫がこぶし程に大きくなってから。かなり大きくならないとあまり症状がないので、妊娠検査やガン検診で偶然発見されることが多いのが「卵巣腫瘍」です。

出典: 卵巣腫瘍ってどんなもの? [婦人病・女性の病気] All About

不妊や流産・早産の原因になることもある「子宮奇形」

子宮の形が本来のものと異なる場合を全てまとめて子宮奇形といいます。血液がスムーズに出にくいために痛みが強くなりやすいという子宮奇形の主な症状と治療法について解説していきます。

出典: 子宮奇形の原因・症状・治療法 [子宮の病気] All About

病気ではないが痛みを伴うこともある「子宮後屈」

基本的に治療の必要はなく、心配しなくてよい子宮後屈。子宮の位置が後ろに強く傾きすぎているだけで病気ではありませんが、血液がスムーズに排出されにくいことがあり、その場合は強い痛みを伴うことがあります。

出典: 子宮後屈の症状・原因・治療法 [子宮の病気] All About

検査しても原因不明なのに痛い! 「機能性月経困難症」かも

寝込むほど月経痛がひどいのは、「月経困難症」という病気

月経痛がひどくなると「月経困難症」という病気になります。月経困難症の症状と受診のタイミングについて解説します。

出典: 生理痛(月経痛)の症状と病院受診の目安 [婦人病・女性の病気] All About

生理前なのに下腹部が痛いのは「排卵痛」かも

下腹部の張りや腰痛も…「排卵痛」の時期・期間・症状は?

月経から13~15日目くらいの時期が排卵期と考えられます。この時期に、下腹部の張りや痛み・腰痛などの症状があれば「排卵痛」である可能性が高いといえます。

出典: 排卵期に下腹部の痛み…排卵痛の症状・原因・治療法 [婦人病・女性の病気] All About

生理痛の治療法・痛みの和らげ方

自分でできる生理痛を和らげる方法

生理痛には、病院での治療が必要なものと、生活習慣の改善から対策できるものの2つがあります。冷えや血行不良が原因で起きる機能性月経困難症による生理痛の場合、入浴や運動習慣、食べ物や漢方での改善も有効です。上手な生理痛の和らげ方をご紹介します。

出典: 医師が教える生理痛を和らげる6つの方法 [婦人病・女性の病気] All About

痛み止めの薬や低用量ピルを活用するという手も

生理痛(月経痛)の改善法・治療法は、「対症療法」と「薬物療法」と「手術療法」に分けられます。どの治療を選べばいいのか、それぞれの対策のメリット・デメリットもあわせて紹介します。

出典: 生理痛を和らげる方法…生理痛(月経痛)の改善法 [婦人病・女性の病気] All About