ジョガーの次はコレ!冬の足元冷え対策ボトム

ふわっとした起毛が肌に触れた瞬間からあたたかいのに、見た目はキレイめで使えると話題のボアスウェットパンツは、一度はいたらやみつきの履き心地。従来のスウェットパンツのルーズさやパジャマっぽさをコーデで上手にカバーしている、着こなし例を合わせて紹介します!

裏地がボアなので、ふわふわであったかいのが特徴

フィットするサイズ感&テーパードシルエットで細見え

裏地がボアでふわふわとした素材感があたたかく、毎年人気のスウェットパンツが今年も登場。膝から下がきゅっと細くなっていて、今季トレンドのジョガーシルエットに仕上がっています。足元がもたつかないのでスウェットパンツでもパジャマ感ゼロ。オシャレに履ける楽チンパンツです。

出典: ユニクロ|ボアスウェットパンツ|WOMEN(レディース)|公式オンラインストア(通販サイト)

もうひとひねりオシャレ感が欲しい方に

ストライプ入りのスウェットパンツはもうひとつアクセントが欲しい方にぴったり。ライトグレーとブラックの2色展開。ニットなど無地のトップスが多い冬にガンガン履きまわせるパンツです。ストライプで縦長に見え、スタイルが良く見える嬉しい効果も。

出典: ユニクロ|ボアスウェットプリントパンツ(ストライプ)|WOMEN(レディース)|公式オンラインストア(通販サイト)

オフィス向けなら、モノトーンで辛口MIXに仕上げて

バッグと靴でお仕事感をプラスして

スウェットパンツという事を忘れさせてくれるくらい、きれいめなコーデなのは、落ち着いた色使いと、バッグやシューズがかっちりしているおかげ。パンツのシルエットがテーパードなので、もたつかず洗練された印象に仕上がっています。

出典: ema.|ユニクロのジョガーパンツを使ったコーディネート - WEAR

上品なブラウンコートで全体をまとめあげて

エコバッグやスニーカーなど、実はカジュアルなアイテムばかりなのにどこか落ち着いて見えるのは、細身で上品な色合いのコートのおかげ。首元の詰まったクルーネックニットやキャスケットが、リラックスしたなかにも、シックな雰囲気にまとめてくれています。

出典: MARIKO◡̈⃝|SMELLYのイヤリングを使ったコーディネート - WEAR

ニットからのぞかせた白インナーが爽やかさのカギ

グレーのスウェットパンツ&ハイテクスニーカーとリラックス感満載のコーデを、ざっくりニットやハットで大人のオシャレカジュアルスタイルに。休日にぴったりなゆるい雰囲気が可愛い♡白いカットソーやTシャツをニットからのぞかせるのは腰の切り替え部分のアクセントになるので、ぜひ取り入れてほしいオシャレな小技です。

出典: chika|holidayのハットを使ったコーディネート - WEAR

ライダース&トレンド小物で辛口MIX仕上げ

スウェットパンツと対極なアイテム、ライダースをメインに、マリンハットやスリッパ風サンダル、ファー小物などトレンド感のある小物を合わせて。ここで普通のパンツではなくリラクシーなスウェットパンツを合わせた事でオシャレな抜け感が生まれていて、まさに真似したいスウェットパンツコーデのオシャレな成功例です。

出典: tera(ZOZOTOWN)|jouetieのライダースジャケットを使ったコーディネート - WEAR

カジュアル派は、デニムやファー、ハットで脱・部屋着

マリンハットとGジャンで大人カジュアルに

海外セレブの影響で、季節を問わず人気のGジャンとのコーデ。カットソーなどがインナーだとカジュアルに見えますが、ベビーピンクの上品なニットに、トレンド小物としてちょっぴり難易度の高いマリンハットやシャネルのバッグを効かせてオシャレなスパイスを加えることで、スウェットパンツを引き締めて見せています。

出典: asuka|FABIAのニット・セーターを使ったコーディネート - WEAR

全身カジュアルはハット&シューズの色合わせでオシャレ見え

全身楽ちんなカジュアルコーデが楽しめるのは休日ならでは。でもハットやシューズの色味を揃えるだけで、きちんと考えて着こなしているオシャレな印象を与えられるので、ちょっと近所に出かけるだけの休日や服装に時間をかけられないときも、ここだけ揃えるとぐっとあか抜けた印象に。

出典: みー|GUのデニムジャケットを使ったコーディネート - WEAR

ファーベストやファー小物で目線を上に集めて

スウェットパンツよりも目立つファーベストや目を惹くイエローの小物、ハットなどが多用されているため、楽チンなのにオシャレな雰囲気に♡今年らしさたっぷりなカジュアルコーデです。

出典: greennaaaami|ハットを使ったコーディネート - WEAR