入るだけではもったいない!専門医が教える入浴テク

まずは基本を押さえて! 医学的に正しい「お風呂で疲労回復」するコツ

血液の循環が良くなるということは、医学的にはどういう状態を指すのでしょうか? 医学目線で考えた、疲労回復のための正しいお風呂の入り方をご提案します。

出典: 医学的に正しくお風呂で疲労回復をするコツ [疲労回復法] All About

むくみも疲労もスッキリ回復させる入浴のコツ

立ち仕事などによる足のむくみをスッキリさせるために、お風呂は大変効果的。これは水圧によって足にたまった血液が心臓に押し戻されるからで、むくみ解消には水圧効果の弱い「半身浴」ではなく、肩まで浸かる「全身浴」がいいことがわかっています。

出典: むくみも疲労も回復!お風呂に肩まで浸かるべき理由 [疲労回復法] All About

眠気、不眠症状に悩む人に…自律神経を整える入浴のコツ

お湯の温度は42℃を境にして体への作用が真逆になります。42℃以上の高温では交感神経が刺激され興奮状態に、逆に40℃以下のぬる湯では副交感神経が刺激されリラックス状態になります。例えば、寝る前は40℃以下に、朝の仕事前は42℃の熱めのお湯を使うなど、温度を調整して自律神経を整えましょう。

出典: 42℃から効果が真逆に?お風呂で自律神経を整える方法 [疲労回復法] All About

体の芯からぽっかぽかになる!ミカン・柚子でできる簡単“薬湯”

寒いこの時期には柚子湯が最もおすすめ。皮に含まれている精油成分には、血行を促進して体を温めてくれるαピネンやリモネンが含まれており、精油自体も、風呂上りの皮膚からの水分蒸発を防いで、体が冷えるのを抑える働きを持っています。

出典: ミカン・柚子であったまる!お手軽かんたんな“薬湯” [疲労回復法] All About

お風呂前後の「緑茶」でエイジングケア&ダイエット効果を狙う方法

茶カテキンはお茶に独特の苦味や渋味を与えているポリフェノールの一種。脂肪消費作用やアンチエイジング作用(抗酸化作用)など、美容が気になる人にとっては嬉しい作用があり、お風呂の前に緑茶を飲むと、カテキンの吸収力アップを期待できるのです。

出典: お風呂の前後に「緑茶」をおすすめする理由 [疲労回復法] All About

【さらに知りたい!】風邪、頭痛…具合が悪いときのお風呂はどうすべき?

風邪のときは「さっと入り、湯冷めしないようによく休む」が正解?

風邪をひいたかな、という時、お風呂に入ってよいかどうか悩むところですね。とても身近な医学的問題ですが、これについての研究は決して多くありません。医師でも悩むこの問題、現状で分かっていることについてご説明します。

出典: 医師も悩む「風邪をひいたときのお風呂」問題 [疲労回復法] All About

知っておきたい「お風呂で悪化する頭痛」の見分け方

多くの症状を緩和してくれるお風呂。しかし、体調次第では入ってはいけない時もあります。特に注意すべき「頭痛」の症状がある場合のお風呂の入り方についてご説明します。

出典: お風呂で改善する頭痛・悪化する頭痛の違いとは? [疲労回復法] All About