9歳の壁、10歳の壁っていったいなに?

学習面でつまずく

具体的に目で見て理解できる学習から、論理的な思考を必要とする学習へと進むのが小学校3年生頃から。このタイミングで学習につまずいてしまう子どもが増えてくるといわれています。

出典: 2/3 小4の壁~子どもがひとつ、変わるとき [子育て] All About

発達心理学的には「ギャングエイジ」と重なる

小学校に入る頃になると、大人に代わって同性同年齢の「友だち」との関係が重要になり、その人間関係に強く影響されるようになるのです。この「仲良しグループ」を重視する年代を心理学では「ギャングエイジ」と呼びます。

出典: 年齢とともに「友だち」との関係が変わるわけ [ストレス] All About

身体が大きく成長する第二次性徴がはじまる

第二反抗期は、小学校高学年から高校生初期ころ。中学時代を中心とした年代に起こります。この年代はちょうど、男の子では声変わりや精通が始まり、女の子では初潮や乳房発育が現れる「第二次性徴」の時期にあたります。

出典: 激しい反抗期を親はどう乗り越える?~【2】思春期 [ストレス] All About

中には早すぎる第二次性徴に悩む子も

子どもから大人になっていく時期を、思春期と言い、体に様々な変化が見られます。その変化が年齢の割に早い場合を思春期早発症と言います。男性と女性と異なってくるこの思春期早発症について、ご紹介します。

出典: 思春期早発症の診断・原因・治療 [子供の病気] All About

9歳の壁、10歳の壁はどうやって乗り越える?

悩ませて、失敗させる

失敗させることで、何かにつまずいても簡単には逃げ出さない強さが身につきます。失敗も多い代わりに、そこで得た経験は大きな財産となり「工夫して乗り切る」というスキルを身につけます。

出典: 3/3 小4の壁~子どもがひとつ、変わるとき [子育て] All About

失敗しても折れない心を育てる

失敗をしてしまったり、物事がうまくいかない時、すぐに心が折れてしまう子と、たとえ倒れても再び立ち上がり歩き続けるために、「困難を跳ね返す力(レジリエンス)」を高めると昨今注目を集める「新しいメソッド」を紹介します。

出典: 子供の折れない心を育む「自分を思いやる」という方法 [子育て] All About

勉強は可能なら親がしっかりサポートしてあげたい

成績の良い子には共通点があります。それは親が子どもをうまく導いているという点です。子どもをうまく導く方法、上手な教え方とはどのようなものかをお伝えします。

出典: 教えるのがうまい親の意外な共通点 [子供の教育] All About

勉強、運動が苦手な子にはこんなメッセージを

他人から「あなたはここがダメ」と指摘され続けると、子どもは素直にその言葉を信じ、劣等感を強く持ってしまいます。大切なのは頑張っている姿勢や少しずつでも伸びている、という事実をよく見て、それを伝えてあげることです。

出典: 2/2 小学生の子どもの心ってどうなっているの? [ストレス] All About

10歳になった息子に父親から伝えたいたった1つのこと

10歳というタイミングで、父親と息子の二人だけで、ちょっと強烈な思い出を作っておくと、その後の思春期を迎えるにあたって、ひょっとしたらいいことがあるかもしれない…そんな父から息子へのメッセージ。

出典: 10歳になった息子に伝えたいたった1つのこと [男の子育て] All About

10歳になる娘に母親として伝えておきたい4つのこと

2分の1成人式を行う小学校が増えました。10歳の節目を迎えた娘に、先に生まれた同じ女性として、母が伝えたいこととは。知っておいてほしい身体や心の問題、過去や現代の社会から考えることなど、「小さな大人の女性」に語りかけます。

出典: 10歳になる娘に母親として伝えておきたい4つのこと [子育て事情] All About