誤嚥性肺炎の基礎知識

「誤嚥」って、どんな意味?

食べ物や飲みものを飲み込むことを「嚥下(えんげ)」といいますが、「誤嚥(ごえん)」は嚥下をうまく行うことができなくて、食べ物や飲みもの、胃液などが気管や気管支に入ってしまうことをいいます。

出典: 誤嚥性肺炎|一般社団法人日本呼吸器学会

なんで、誤嚥性肺炎になるの?

食べ物や飲みものが間違って気管に入ると、むせることで気管から出そうとする条件反射が働きます。けれども加齢などによりこの機能が鈍ってしまうと、誤嚥によって気管に入ったものを排出することができなくて、結果として肺炎を起こしてしまいます。

出典: 摂食嚥下障害Q&A > 摂食嚥下障害の症状|エルメッド エーザイ株式会社ホームページ

高齢者は誤嚥性肺炎になりやすい

肺炎で死亡する人の94%が75歳以上のお年寄りで、90歳以上の高齢者の死亡原因第2位が肺炎です。また、高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係しています。嚥下機能低下により、気がつかないうちに唾液と共に細菌が肺に流れこみ、誤嚥性肺炎になるのです。

出典: 誤嚥性肺炎|一般社団法人日本呼吸器学会

誤嚥性肺炎の症状

典型的な症状は?

誤嚥性肺炎の典型的な症状には、発熱する、強い咳が出る、黄色い痰が出る、呼吸するのが苦しい、呼吸時にグウグウ、ヒューヒューといった肺雑音がする、などが挙げられます。間違えて風邪と診断されることがあるため、注意が必要です。

出典: 摂食嚥下障害Q&A > 摂食嚥下障害の症状|エルメッド エーザイ株式会社ホームページ

高齢者に現れやすい症状は?

高齢者が誤嚥性肺炎になっても、典型的な症状が見られないことが多々あります。なんとなく元気がない、いつもウトウトしている、喉がゴロゴロ鳴っている、食事に時間がかかる、食事中にむせるといった症状が見られることもあるので、注意深く観察します。流動食ではなく普通の食事をしていても、発症します。

出典: 症状に気付きにくい誤嚥性肺炎!重症化する前に治療を! | いしゃまち

誤嚥性肺炎の治療法

どんな治療をするの?

誤嚥性肺炎を引き起こす細菌には、肺炎球菌や、酸素のないところのみに生息する嫌気性菌などがあります。治療は手術ではなく薬を用い、嫌気性菌に対応する抗生剤が使われます。呼吸不全を起こしている場合は酸素吸入を行い、人工呼吸器を使うこともあります。

出典: 症状に気付きにくい誤嚥性肺炎!重症化する前に治療を! | いしゃまち

誤嚥性肺炎の予防法

誤嚥性肺炎になる最大の原因は「飲み込む力が落ちたこと」のため、肺炎が一度治っても、何度もくり返す傾向があります。その度に薬剤に対抗する「耐性菌」ができるので、徐々に薬が効かなくなり、治療が難しくなっていきます。誤嚥を防ぐこと、肺への細菌の侵入を防ぐことが予防に繋がります。

・食べ物はよく噛んでゆっくり食べるようにする。
・異物が気管に入ったら、うつぶせで背中を叩くなどして、できるだけ早く外に出す。
・歯磨きやうがいをして、口の中をいつも清潔に保つ。
・長時間横になった状態でいると、口の中のものが気管に入りやすくなるため、寝たきりの状態は避け、上体を起こした姿勢をできるだけ保つようにする。

リンク: 肺炎 知っておきたい予備知識|アステラス製薬|なるほど病気ガイド

口の中に細菌が多いと肺炎になりやすいので、口の中を清潔に保つために歯磨きをきちんと行うようにすると良いでしょう。入れ歯の消毒も欠かせません。自分で動けない人に対しては、介護をしている周りの人がお口のケアを行ってください。

リンク: 症状に気付きにくい誤嚥性肺炎!重症化する前に治療を! | いしゃまち

咳・嚥下反射の低下を防ぐためには、脳血管障害を予防することが重要です。高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病をコントロールし、受動喫煙を避けるためにも、ご自分だけでなく、ご家族にも禁煙していただくことが重要です。

リンク: 症状に気付きにくい誤嚥性肺炎!重症化する前に治療を! | いしゃまち