カラカラの冬でも乾燥から肌を守る8つのコツとは?

CA直伝!乾燥肌がもっちり肌になる「蒸しタオル美容法」

1年中飛行機内で働くCAは、常に乾燥と戦いながらステキな笑顔を演出しなければなりません。そんな彼女たちが実践するのが、蒸しタオル美容! 冬の朝の冷たくなった肌をじんわり温めて柔らかくほぐしてあげましょう。その後につける化粧水やクリームの浸透がグンと良くなります。

出典: 乾燥肌もしっとり復活!CA流冬のスキンケアのコツ [スキンケア] All About

クレンジングは最小限!「ポイントクレンジング」で落としすぎない心がけを

肌の乾燥の大きな原因が、洗顔しすぎ&皮脂の取りすぎ。オイルクレンジングはポイントメイクのみ。たっぷりの泡をやさしく肌になじませ、32〜35度のぬるま湯で洗い流すというステップで、大切な皮脂の「落としすぎ」を防ぎます。

出典: 2/3 3年後の肌で差をつける乾燥肌の10分ケア [アンチエイジング] All About

たった1滴でモチモチ!フランス流「オイル美容法」

パリジェンヌに大人気というオイル美容。じつは、美容オイルは化粧水前のブースターとしても優秀!乾燥した肌はごわついて、硬くなっています。体になじませることで、肌を柔らかくほぐし、その後の化粧水の浸透率がアップします。

出典: 2/3 乾燥肌の救世主!フランス流オイル美容のススメ [スキンケア] All About

これは盲点!シートパックの長時間利用は逆効果

シートパックは、長く肌にのせていればいるほど効果があるように感じてしまいますが、これは間違い! マスクが乾燥してくると、水分が蒸発するときに肌の水分まで一緒に奪われてしまうので、マスクが乾ききらないうちにはずすのがベストです(だいたい5~10分程度が目安)。

出典: あなたは大丈夫?乾燥が進むNGスキンケア5パターン [乾燥肌] All About

ひと手間で洗いあがりに差!洗顔料に1滴のハチミツを

ハチミツには抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。ポリフェノールには肌老化の原因となる活性酸素を減少させる働きがあるため、エイジングケア効果も期待できます。洗顔料に1滴加えると、泡立ちが豊かに。必ずパッチテストをしてから行ってください。

出典: 甘くとろける「ハチミツ美容」で目指せ脱・乾燥肌! [スキンケア] All About

体の中から肌のうるおいを守る!バランスよく栄養を摂取

健康なお肌に関わる栄養素としては、皮膚の粘膜を正常に保つ「ビタミンA」、肌を健康に保つ「ビタミンB群」、抗酸化作用のある「ビタミンE」、コラーゲンの生成を促す「ビタミンC」などがあげられます。できれば、食事からバランスよく摂取しましょう。

出典: 冬のカサカサ肌を防ぐ栄養素の摂り方 [食と健康] All About

外はカラカラだから…室内では湿度計を置いて「適度な湿度」を心がける

乾燥肌には適度な室温を。とはいえ、加湿器の使い過ぎは逆効果。カビの粒子がばらまかれ、アレルギーの原因となることも……。カビ対策を考えると湿度50%、温度20℃をキープすることが一つの理想的な数値となります。

出典: 冬場の乾燥の正しい乗り切り方 [皮膚・爪・髪の病気] All About

コスメのプロがすすめる厳選スキンケアアイテムとは?

乾燥の季節は、コスメを厳選したいもの。美容のプロがおすすめするアイテムをご紹介。乾燥していたのがウソのようにしっとり潤うこと間違いなしです!

出典: カサカサ注意!肌の乾燥肌がひどい時のお助けコスメ [スキンケア] All About