1.カフェイン

運動前の1杯のコーヒーが脂肪燃焼の効率をアップさせる

コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪分解酵素(リパーゼ)を活性化させる作用があります。リパーゼは体脂肪をエネルギー源に変えて、運動エネルギーとして消費されるため、コーヒーを飲むことは体脂肪の燃焼を促進させる効果が期待されています。

出典: 効果的に脂肪燃焼! 運動前の食事のコツ [運動と健康] All About

2.脂肪分の少ない肉

筋トレ後にはタンパク質を!がっつり食べたいなら「ヒレ肉」がおすすめ

高タンパク・低脂肪である程度食べごたえのある食材といえば、豚・牛のヒレ肉がおすすめです。

出典: トレーニングする人のたんぱく質 (全文) [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

低脂肪高タンパクの代表食材!あっさり「鶏のささみ」を使い回す

鶏のささみといえば、ヘルシーでダイエット中の人も安心して食べられる食材の1つですが、淡泊な食感で「毎日食べると飽きる」という方も少なくないのでは? 料理のレパートリーを増やして、ささみを美味しく食べる工夫を凝らしてみてはいかがでしょうか。

出典: ダイエットの味方!ヘルシーなささみで作る簡単レシピ10選|All About(オールアバウト)

3.プロテイン飲料

トレーニング後の「プロテイン飲料」が筋肉の成長の促進に一役

プロテインは、筋肉の成長を促してくれます。最近のプロテイン飲料は、味の改良が進み、以前よりずっと飲みやすくなっています。お気に入りの銘柄を見つけてみるのもいいでしょう。

出典: 筋トレ成功のポイントは「食事&呼吸」にあり! (全文) [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

「プロテイン飲料」なら、いち早く筋肉に栄養が届く!

プロテインの役割として、一日の必要なタンパク質を補う事以外に、「傷ついた筋肉に素早くタンパク質(アミノ酸)を届ける」という役割があります。トレーニングで傷ついた筋肉が修復して強くなる為には、アミノ酸が必要です。

出典: プロテインの効果的な飲み方・オススメの種類と量 [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

4.乳製品

「低脂肪ヨーグルト」は、夜間筋トレの後に食べても太りにくい

脂質の少ないヨーグルトは、良質のアミノ酸を多く含み、これらは就寝中の筋肉を効率良く作ってくれます。

出典: 寝ている間もダイエット!夜摂るべきおすすめ食材 [食事ダイエット] All About

5.魚介類

魚介類にはタンパク質の素「アミノ酸」が豊富

アジ、イワシ、カツオなどの魚介類には、必須アミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸は、タンパク質のもと。効率的にアミノ酸を摂取したい方におすすめです。

出典: アミノ酸講座 (全文) [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

6.クエン酸

疲労物質の生成を抑える「クエン酸」で、筋肉痛を最小限に

クエン酸は主にオレンジ、レモン、グレープフルーツ等の柑橘類に含まれる酸味成分で(すっぱいと感じるもの)、エネルギーをつくり、疲労物質の生成を抑える働きがあると言われています。お酢や梅干しなどにも含まれ、ビタミンB群とともに取ると疲労回復、筋肉痛改善にさらに効果があがります。

出典: トレーナー直伝!運動後に行うセルフケア [運動と健康] All About

筋トレ後30分以内は「食事のゴールデンタイム」だった!

筋トレの後は、食事のゴールデンタイムと言われています。筋トレ直後には、筋肉中のタンパク質を合成する速度が、安静時の2倍以上になるというデータもあります。

このゴールデンタイムの食事に乳製品、肉、大豆食品といった良質なタンパク質を取り入れることで、筋トレの効果をアップさせ、筋肉の疲労回復も促進してくれます。

リンク: 筋トレ成功のポイントは「食事&呼吸」にあり! (全文) [筋トレ・筋肉トレーニング] All About