子どもの自立を妨げる過干渉な親が言いがちな言葉とは?

「あなたのためを思って!」きめ細やかすぎる気配りと管理にご用心

「ヘリコプターペアレント」という言葉をご存知でしょうか? 上空を旋回するヘリコプターのごとく、子供のそばで管理、干渉し続ける親のこと。日本人のきめ細やかさ、真面目さを考えると、過保護、過管理、過干渉こそ、気を付けるべきだという専門家もいます。

出典: ヘリコプターペアレント!親の過保護が仇になる [子育て] All About

「それじゃ失敗するわよ!」失敗を体験させる機会を奪う

子どもは、失敗から多くを学ぶことがあります。子どもが「ボクがやるの!」というときは、ママの「手」を借りたいとは思っていません。「ママが見てくれている安心感の中で、自分ひとりでやりたい」のです。

出典: 2/2 ヘリコプターペアレントにならないために:後編 [子育て] All About

「○○してあげるね」子どもの成長に親が追い付いていないケースは注意

「ママがボタンしてあげるね、靴下裏返しよ、ママがはかせてあげる」と、子どもの成長に親の変化が追い付いて行かない場合は、子どもの「自分でやる」意欲を奪うことも……。

出典: 妻の親バカ度にゆき過ぎを感じる時 子どもをそんなに甘やかすな [夫婦関係] All About

「危ないからやめておきなさい」いつだって子どものそばで全てを把握していたい

物騒だし、ケガが怖いから、室内や親の目の届くところで遊んでほしい……。大切に子どもを育ててきた親御さんにとって、自然な気持ち。とはいえ、小学生になっても後ろをついてまわるわけにはいきません。「キケンなこと」は、体験してみて学ぶこともあります。

出典: 9/15 もしや予備軍!? モンスターペアレント診断 [子育て] All About

「○○ちゃんが~されちゃった」と被害者意識が強い言動は子どもに伝染

過干渉の中でも、ちょっと怖いのが自分の子どもしか見えていない場合。スーパーや人ごみで、自分の子どもが人にぶつかったとき、「大丈夫?痛かったでしょ」というような言動は、わが子かわいさのあまり、視野が狭くなっている可能性があります。

出典: 2/2 「子どもを開花させる親バカ」と「潰すバカ親」の違い [子育て] All About

「もう仕方ないわね。甘えん坊なんだから」で何でも許されると依存心が強くなる

自分では何もする必要がない子供時代を送っていた人は自立心が育ちにくくなり、自分を仕切ってくれる人に頼りきってしまってしまうケースが見られます。

出典: 自分で決めらない!人に頼ってしまう病 [メンタルヘルス] All About

「あなたなら、もっとできる!」…と子どもをコントロールするためにほめる

教育熱心すぎて、勉強に過干渉に陥るママは珍しくありません。子どもにとっては、「押し付け」に感じることも。子どもの主体性を尊重しながら押さえつけに注意して、子どもの話に耳を傾けましょう。焦らずにゆっくり対応することも大切です。

出典: 教育ママの暴走を止められない! [子供のしつけ] All About

「絶対あの学校にしなさい!」思春期を過ぎてもなお教育ママは自立の芽を摘む

子育て期には、子ども最優先で、日常の大部分のエネルギーを子どもに注ぐことも大切。とはいえ、「引き際」も大切。ある程度自我が確立した後は、必要以上に干渉することは、子どもの反発を招いたり、自立の芽を摘むことも。

出典: 大切なのは子離れの時期 - All About NEWS