「しつけを厳しく」という思いがもたらす過ち

子どもが言うことを聞かないと、「痛い目に合わないと分からないのだ」と、親が強い力をかけてしまうことがあります。そんなしつけの迷信がもたらす子供への悪影響とは?

しつけという名の迷信 叩かれた子は何を学ぶのか?

海外では、家庭での体罰を法律で禁止する動きがある中、今なお残る「しつけとしての体罰」。この記事では、オーストラリアの研究データとともに、いまだ根強い「体罰への迷信」についてお伝えしていきます。

出典: 体罰で子供は何を学ぶのか?しつけという名の迷信 [子育て] All About

子どもは叩かなければわからないのか?

親が子どもに対して、「叩いてでも教える」という表現がありますが、叩くという手段は、叱る側にとっての最終手段ではあっても、叱られる側にとっての最高の手段ではありません。

出典: 子どもには「叩かなければわからないこと」があるのか [男の子育て] All About

お尻を軽く叩くのはしつけとしてOKなのか?

昔ながらのしつけ「お尻ペンペン」をいまだに続けている人は意外と多いもの。「軽く叩くのなら大丈夫」そんな思いが見え隠れしますが、本当にそうでしょうか? アメリカの叱り方の権威のインタビュー記事を交えて、お尻叩きで子供が何を学ぶかを解説していきます。

出典: しつけでお尻をペンペン、軽く叩けば大丈夫? [子育て] All About

しつけは基礎的な生活習慣から

しつけとは、社会で生きていくために必要なルールや行動を学んでいくプロセス。しかし親があれこれと欲張ると、子どもに強い力をかけることになりがち。まず大事なのは、生活習慣を固めることです。ここでは、基礎的なしつけとして大切なものばかりを集めてみました。

早寝早起きの習慣

早く寝ることと適切な睡眠は重要、しかし、それらは自然に身に付くものではありません。子どもたちの早寝早起きの習慣のために、親ができることとは?

出典: 子どもの早寝早起きには、親の努力が不可欠です! [子供のしつけ] All About

お箸の使い方

スプーンやフォークから箸への移行は、何歳ぐらいから取り組むとスムーズにいくのでしょうか?箸の練習を始めるに当たっての条件、楽しく取り組むためのコツなどをまとめてみました。

出典: スプーン・フォークから箸へ何歳から練習・移行する? [子供のしつけ] All About

食事のマナー

子どもの食事に関するお母さんの悩みは尽きないと思いますが、食事のマナーは頭で覚えるものではなく、体で覚えて身に付けるものです。ですから、大人になってから、急に変えることはできません。小さなころからのしつけが大事なのです。

出典: 食事のマナーは幼児期からしつけることが大切 [子供のしつけ] All About

学校の準備

新学年も落ち着いてきた頃です。これから、水着や絵具、また副教材もいろいろ使うようになり、学校への持ち物が増えてきます。日々の時間割や宿題を含め、忘れ物がないか、親としては気になります。忘れ物が多い子供への対応の仕方を考えてみたいと思います。

出典: 忘れ物が多い子供を変える!親が取るべき対処法 [子供のしつけ] All About

しつけは結局、急がば回れ

「厳しいしつけ」は、子どもに強く当たることではありません。親自身が自らに厳しくなることです。誤った「しつけ」が流布している時代だからこそ、学び直したい本当のしつけのあり方とは?

子どもを追いつめる親にならないために

「教育虐待」という言葉を知っているだろうか。「教育虐待」とは、「あなたのため」という大義名分のもとに親が子に行ういき過ぎた「しつけ」や「教育」のことです。教育虐待を受けると子供にどんな影響が出るのか。教育虐待を受けて育った大人はどんな人生を歩むことになるのか……。

出典: 「追いつめる親」にならないために [男の子育て] All About

「叩いて解決」という負のスパイラルから脱するには?

虐待のニュースが次から次へと飛び込んでくる昨今。彼らは、なぜ我が子を叩いてしまうのか? その習慣を断ち切るために効果的な策はあるのか? アメリカの研究データを交えてお伝えしていきます。

出典: 子供に手をあげてしまう理由、叩かない親になるには [子育て] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項