利用シーンに応じた明かりを表現

LEDシーリングライト[まなびのあかり]/[深夜灯]搭載タイプ(日立)

「まなびのあかり」搭載タイプは子ども部屋におすすめなあかりを提供。シニアの寝室向けの「[深夜灯]」搭載タイプでは、夜中に目覚めたときに便利な、ほんのり明るく足元が見やすいあかりが特徴となっている。

出典: LEDシーリングライト[まなびのあかり]搭載タイプ : 日立の家電品

戸井田園子がおすすめ!

子ども部屋向けには、成長期に色を正しく識別できることを意識し、演色性を高めた「まなびのあかり」モードを。シニアの寝室向けは、ほんのりと足もとを照らす「深夜灯」モードを搭載するなど、ニーズに合わせた機能を搭載しているので選びやすい。

出典: 戸井田 園子 All About

<メーカーの声>
日立の個室向けのLEDシーリングライトは、使う人や場所を考えたあかりを開発しました。こども部屋におすすめの[まなびのあかり]は、しっかり明るく、より太陽光に近いあかりでこどもの学びや遊びをサポートします。寝室におすすめの[深夜灯]は、就寝時の家族に配慮して、深夜にも気兼ねなく使えるあかりをめざして開発しました。

ぜひ、こども部屋や寝室にもこの進化した日立のLEDシーリングライトを使って頂き、生活を明るく便利にしていただきたいです。


日立アプライアンス株式会社
商品戦略本部 環境ビジネス機器商品企画部 部長代理
仁藤 興次氏

センサーで人を認識、音楽を流すこともできる

マルチファンクションライト LGTC-100/WHJ J1(ソニー)

人の動きをキャッチする人感センサーを搭載。スマホアプリで操作できたり、スピーカー搭載で音楽を流せたりと多彩な機能を擁している。

※本製品は2016年12月現在、一般販売はされていません。

出典: Sony Japan | Multifunctional Light

滝田勝紀がおすすめ!

天井のLED照明に内蔵するような形で家全体をスマートにIoT化できる。人感センサーで人を認識し、快適な住環境を見える化する温湿度・照度センサーを搭載、音楽なども高音質で流せるスピーカーになるところなども特徴的です。

出典: 滝田 勝紀 All About

<メーカーの声>
照明の新しい付加価値を提案するマルチファンクションライトは、心地よく安心な暮らしの手助けとなることを目指しています。無線LANを搭載しており、外出先でスマートフォンからも操作できます。天井から暮らしを見守り、家をより快適にしていきたいですね。

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社
新規事業部門 統括課長
横沢 信幸氏

朝日が昇るようなあかりで快適な目覚めをサポート

目覚めのあかり搭載タイプ(パナソニック)

目覚めのタイミングに合わせて、最初にほのかな明るさで点灯し、朝日が昇るように電球色と明るさを変えていく「目覚めのあかり」。アラーム音も鳴らしてくれる。

出典: 目覚めのあかり搭載タイプ | 商品ラインナップ | LED照明 | 照明器具 | Panasonic

安蔵靖志がおすすめ!

起床時刻に合わせて明るさと色合いを変えてくれる「目覚めのあかり」がとても便利。光だけでなくアラーム音でも起こしてくれますし、平日と休日など2種類のタイマー設定ができるようになったため、かなり利便性が上がりました。

出典: 安蔵 靖志 All About

<メーカーの声>
本製品に搭載している「目覚めのあかり」は、 目覚まし時計の“音”のように、脳を強制的に起こすのではなく、 朝陽がのぼるように徐々に明るくなる“光”により時間をかけて優しく起こし、さらに音も組み合わせることで すっきり目覚めることができます。

朝が苦手な方はもちろん、寝起きの悪いお子様を起こすのに、毎朝ひと苦労されているご家庭でもぜひお試しいただき、清々しい気持ちで朝を迎えていただけたらと思います。


パナソニック株式会社
コンシューマーマーケティング ジャパン本部
ライティング商品課  
高橋 眞依子氏

3枚のパネルを組み合わせて「照らし分け」を実現

パネルシリーズ AIR PANEL LED 3枚パネルタイプ(パナソニック)

3枚のパネルを組み合わせた印象的なデザイン。各パネルを個別に点灯させることで「照らし分け」も行なうことができる。

出典: パネルシリーズ AIR PANEL LED 3枚パネルタイプ | 商品ラインナップ | LED照明 | 照明器具 | Panasonic

コヤマタカヒロがおすすめ!

導光クリアパネルを3枚採用することで、それぞれを組み合わせて部分部分を照らせるのが面白い。調色機能も搭載しており、時間帯やテレビを見ているときなど、シーンに応じて設定できる。

出典: コヤマ タカヒロ All About

<メーカーの声>
リビングルームに家族が集まりながらも、それぞれの居場所で「本を読んだり、スマホを操作したり」など、別々のことをして過ごすスタイルが増えています。このリビングでの過ごし方の変化に着眼し、その時々の生活シーンに合わせて照らす空間を選ぶことができる「照らし分けのあかり」というコンセプトが生まれました。

ぜひ、自分のライフスタイルにマッチした「点灯パターン」を見つけていただき、 家で過ごす時間を充実させていただけたらと思います。


パナソニック株式会社
コンシューマーマーケティング ジャパン本部
ライティング商品課 担当課長
鈴木 勝氏

「センター光」と「パネル光」で多彩なあかりを演出

田中真紀子がおすすめ!

メインの「センター光」と、天井から少し浮かせた透明な「パネル光」を組み合わせたインテリア性の高いデザインが魅力。それぞれを点灯させたり、消灯させたりすることで多彩な光の演出が楽しめます。

出典: 田中 真紀子 All About

<メーカーの声>
「パネル光」と「センター光」の切り替えで、 生活シーンや気分に合わせて手軽にお部屋の雰囲気を変えることができます。 そして、もう一つの魅力は“消灯時”。クリアパネル採用のため本体の圧迫感が少なく、お部屋の空間にも調和して開放的な印象をもたらします。

この商品は、シーリングライトを取替えるだけでリビングルームの雰囲気がワンランクアップするような、インテリアのアイテムとしての一面も追及し開発しました。


パナソニック株式会社
コンシューマーマーケティング ジャパン本部
ライティング商品課 担当課長
鈴木 勝氏