キューブ型のデザインとパワフルさが魅力

Blue by Blueairシリーズ(ブルーエア)

キューブ型のデザインで、360度全方向から吸引が行える仕様。中央のボタンのみで操作できるのも特徴となっている。5万円台の価格で、47畳対応というハイパワーも魅力。

出典: Blue by Blueair | ブルーエア空気清浄機 | Blueair

戸井田園子がおすすめ!

プルーエアのカジュアルラインがいよいよ登場! 直径30cmの大型プロペラファンによる大風量と、360度から吸い込む構造で、空気清浄能力はバッチリ。四角い立方体や操作ボタンひとつのみなど、シンプルな北欧らしいミニマムデザインも魅力的です。

出典: 戸井田 園子 All About

滝田勝紀がおすすめ!

キューブ型のシンプルなフォルムと調和のとれたデザインはもちろん、カジュアルな雰囲気ながら、実は空気清浄機能が本家クラシックをも凌駕するほど圧倒的。コンパクトで省スペース、コストパフォーマンスが非常に高いところもポイントが高い。

出典: 滝田 勝紀 All About

<メーカーの声>
Blue by Blueairは、ブルーエア初のカジュアルラインです。流体力学に基づく緻密に計算されたファンダクト構造により、排出する際の空気抵抗を抑え、本体下部 360度全方向の吸引した空気を余すことなく排気します。その結果、~47畳対応というハイパワー清浄を生み出しています。

今まで価格面でブルーエアをあきらめていた方にも、コストパフォーマンスの高い、本ラインを投入することで購入のハードルが下がり、多くの方に本来の“空気清浄機”を体験していただけると考えております。


セールス・オンデマンド株式会社
第二事業本部 事業本部長
小野寺 英幸氏

Wi-Fi機能搭載、デザインも高い評価

Blueair Sense+シリーズ(ブルーエア)

Wi-Fi機能を搭載し、スマートフォンアプリと連動。本体操作や空気の状況チェックが行える。すべてのボタンをなくした作りは、世界各国のデザイン賞を受賞している。もちろん、空気清浄性能も抜群。

出典: Blueair Sense+ | ブルーエア空気清浄機 | Blueair

安蔵靖志がおすすめ!

別売のセンサー「Blueair Aware」を追加することで、部屋の空気の汚れ具合などをモニタリングしながら利用できる点が魅力。積極的に部屋に置きたいと思わせるデザインと質感もオススメしたいポイントです。

出典: 安蔵 靖志 All About

<メーカーの声>
Blueair sense+は、空気清浄機能の高さはもちろんのこと、デザイン性の高さを兼ね備えています。今年発売したsense+はさらにIoTに対応し、スマホから外出先からのON/OFFのコントロールが可能になりました。

また外付けセンサー「Blueair Aware」と連動し、どのような室内空気環境にいるのかをアプリで把握することができ、その状況からの問題解決に向けたソリューションも提供しています。


セールス・オンデマンド株式会社
第二事業本部 事業本部長
小野寺 英幸氏

「おまかせ運転」で部屋の空気を自動でコントロール

加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70T(ダイキン)

性能はもちろん、空間にフィットする新デザインも魅力。「おまかせ運転」は部屋の空気を自動でコントロールしてくる。

出典: ハイグレードタイプ | 空気清浄機 | ダイキン工業株式会社

田中真紀子がおすすめ!

高い空気清浄機能にデザイン性がプラスされ、こだわりのインテリア空間にも違和感なくマッチ。ボタン1つで、空気の状態に合わせて運転する「おまかせ運転」なら、自分で設定するより的確に空気をキレイにしてくれそう。

出典: 田中 真紀子 All About

<メーカーの声>
リビングなど広い空間に最適な「加湿ストリーマ空気清浄機MCK70T」は、インテリア空間に溶け込むシンプルなデザインが特長です。インテリアに対する意識の高まりから、空気清浄機にもデザイン性が求められており、あらゆるリビングに合わせやすい直線的なデザインを採用しました。

有害物質を吸い込んで分解するストリーマや、強力な集塵能力が持続する電気集塵方式も採用しており、性能とデザイン性を兼ね備えた商品です。


ダイキン工業株式会社
空調営業本部 事業戦略室 住宅用事業担当課長
谷内 邦治氏