「トヨタ・C-HR」ヴェゼルを押しのけ2017年販売台数ナンバー1に

カラーによってイメージが変わるデザイン。走りの楽しさに注力した開発

ボディーカラーでイメージが変わるC-HR。イエローやブルー、グリーンがとてもよく似合います。乗り味に影響を与えるダンパーに、本物の「ザックス」を採用したことで上質で滑らかな乗り味に。

出典: トヨタ・C-HRは実際に乗っても「走りがいい!」 [TOYOTA(トヨタ)] All About

ハイブリッドが人気。ターボエンジンは「素直で分かりやすい」走り

ハイブリッドが人気だが、ターボエンジンも悪くない走りを実現。一番の注目点は、コンパクトSUVではトップクラスの静粛性と乗り心地の良さです。

出典: トヨタC-HRに試乗!静かで良好な乗り味が魅力 [TOYOTA(トヨタ)] All About

スポーティなデザインを優先し、ある程度、後方視界を「見切っている」が、トヨタ社内の後方視界に対する基準値(要求値)はクリアしているという。

リンク: 人気のSUVはコレ!予算300万円で買えるおすすめ5台 [国産車] All About

「ホンダ・ヴェゼル」2018年前半にマイナーチェンジ予定の人気SUV!

2017年は販売台数はSUVナンバー2!その実力は?

SUVの中で2017年の販売台数がナンバー2の「ヴェゼル」。モデル末期にも関わらず注目度は高いままです。エクストレイルやフォレスターより1クラス下の大きさというコンパクトなSUVの、その実力とはいかに? 2018年前半にはマイナーチェンジも予定されているから要注目です。

出典: 注目度が赤丸急上昇中! コンパクトSUVヴェゼル [HONDA(ホンダ)] All About

フィット譲りの完成度の高さが光る

「新時代のスペシャリティカー」を目指したというホンダ・ヴェゼル。ホンダのスペシャリティカーといえばプレリュードを思い出すかも知れないが、雰囲気重視のSUVではなく、しっかり作り込まれている。

出典: フィット譲りの完成度の高さが光るホンダ・ヴェゼル [HONDA(ホンダ)] All About

長所も短所も分かりやすいホンダ・ヴェゼルだが、クーペ風のデザインでスマートでありながら広大な後席や使いやすい荷室などを備えており、ホンダのいくつかの先達SUVのように消えていってしまうようには到底思えない。
ハイブリッドの燃費や後席、荷室の使い勝手を考えると、輸入車勢も含めて増えつつあるコンパクトSUVの中でも総合力ではかなり高いのがヴェゼルといえる。

リンク: 2/2 フィット譲りの完成度の高さが光るホンダ・ヴェゼル [HONDA(ホンダ)] All About

「日産・エクストレイル」国産SUVの代表的な存在

多彩なバリエーションを用意。プロパイロットも

本格的なSUVながら、ハイブリッドモデルもあるエクストレイル。高速道路同一車線自動運転技術である「プロパイロット」も用意されています。雪が降らない地方なら2WDで十分でしょう。

出典: 人気のSUVはコレ!予算300万円で買えるおすすめ5台 [国産車] All About

ハイブリッドのコスパと高い安全性も魅力!

自動ブレーキ性能の評価が高い「日産・セレナ」と同性能の自動ブレーキを装備しています。ハイブリッド車は、ディーゼル車に匹敵する燃費をもっており、年間1万5千キロ以上走る人ならハイブリッドがお得!

出典: 高い安全性に自動運転、新型エクストレイルが魅力的 [NISSAN(日産)] All About

エクストレイルといえば、積載性の高さなどの使い勝手や4WD性能に惹かれて購入する人が多いはずだが、新型になりウィークポイントだったオンロードでの快適性を向上し、さらに荷室の広さなどを磨き上げているのは評価できるポイントだ。

リンク: 洗練された走りが魅力の新型エクストレイル [NISSAN(日産)] All About

「トヨタ ・ハリアー」燃費も速さもバランスのいい一台

スポーティなエクステリアや高級感のあるインテリアが魅力的

レクサスRXに統合されたと思われたハリアーに3代目が登場。大胆に生まれ変わったフロントグリルをはじめとする外装や高級感のある内装が魅力で、ガソリン仕様とハイブリッド仕様を用意する。中古車としても人気が出てきたが、それぞれの違いの比較や人気のグレードなどを試乗レポートとともにお届け!

出典: 新型ハリアーのガソリン車とハイブリッド車を比較! [TOYOTA(トヨタ)] All About

ガソリンは2L自然吸気、ハイブリッドに加えて2Lターボも追加。どれを選ぶ?

エンジンは2Lの自然吸気ガソリンエンジン、2Lのターボガソリンエンジン、2.5L自然吸気エンジン+ハイブリッドシステムの3タイプが用意されています。特長や価格をチェックしましょう。2Lターボは「元気よく走る」乗り味です。

出典: マイナーチェンジしたノア3兄弟とハリアーを一挙紹介 [TOYOTA(トヨタ)] All About

スポーティなエクステリアや高級感のあるインテリアがうたい文句だが、単なる常套句ではなく、個性を存分に感じさせる内・外装に仕上がっている。とくに、設定色であるディープボルドーの内装色は好みが分かれそうだが、ほかと同じようなインパネはイヤという人の興味を惹きそうだ。

リンク: 2/2 新型ハリアーのガソリン車とハイブリッド車を比較! [TOYOTA(トヨタ)] All About

「スバル・フォレスター」世界TOPクラスの安全性能を持つ

フォレスターは世界一事故を起こしにくいSUV!?

2015年にマイナーチェンジを行ったスバルの人気クロスオーバーSUV・フォレスター。世界最強と言っても過言ではない雪道性能と安全性能に加え、クルマとしての魅力もアップ。では、自動車評論家おすすめのグレードは?

出典: 新型フォレスターは世界一事故を起こしにくいSUVに!? [SUBARU(スバル)] All About

悪路走破性はそのままに、乗り心地や操縦安定性、音・振動面を改善

悪路走破性を最重視するスバル・フォレスターは、オンロードの快適性に重きをおく乗用車系のSUVと比べると乗り心地で不利なのは否めなかった。それが従来の魅力はそのままに、乗り心地や操縦安定性、音・振動面の改善など上質さに磨きを掛けているのが特徴だ。

出典: スバル・フォレスターが大幅変更で魅力をアップ [SUBARU(スバル)] All About

クルマの仕上がりも圧倒的に良くなった。マイナーチェンジ前のフォレスターは、どうしちゃったのかと思うくらいツキ上げ感のある安っぽい乗り心地で、走り出したら止まるまで揺すられ続けた。なのにマイナーチェンジで“大げさウソ偽り誇張”なく、別のクルマになったほど滑らかになっている。

リンク: 新型フォレスターは世界一事故を起こしにくいSUVに!? [SUBARU(スバル)] All About

「スバル・XV」街中でもアウトドアでも使いやすい

フォレスターまでは要らないけれど、時々スキー場などへの足などとして使いたいなら最適

スバルのインプレッサXVはインプレッサスポーツをベースに、車高を上げることで200mmの最低地上高を確保したクロスオーバーで、車名の「XV」はX=Crossover、V=Vehicleから命名された。フォレスターまでは要らないけれど、時々スキー場への足などとして使いたいなら最適なモデルといえる。

出典: SUV度を強めた新型SUBARU XVの魅力

新型XVは歩行者も探知するアイサイト3を搭載!

インプレッサスポーツがベースのXV。インプレッサと並んで安全性能は世界最高水準!乗降性の良さも魅了です。車好きは2000ccをチョイスしあしょう。

出典: 新型スバルXV発表、進化したポイントを徹底解剖 [SUBARU(スバル)] All About

全車4WDなのはもちろん、新型は「X-MODE」を搭載することで、悪路走破性を高めている。雪国の方はもちろん、普段は都市部にいてスノーシーズンにレジャーや帰省などをするニーズにも応えてくれる。

リンク: 人気のSUVはコレ!予算300万円で買えるおすすめ5台

後席は頭上空間が少し狭く感じるものの、足元空間は十分に確保されていて、大人4人が無理なく乗れるのはもちろん、荷室は奥行き、幅がボディサイズを考えるとかなり広い。後席の背もたれを倒さなくてもゴルフバッグ(9インチを2セット横積み可能)やベビーカーを積み込める。

リンク: 人気のSUVはコレ!予算300万円で買えるおすすめ5台 [国産車] All About

「三菱・アウトランダーPHEV」三菱自動車の期待の星

使い方があえば想像以上にエネルギーコストは安くなる!

2015年にアウトランダーPHEVがマイナーチェンジを行なった。当初は三菱自動車期待の星だったものの、デビュー直後のトラブルで話題に伸び悩んだが、持ち味をしっかりアピール出来れば、はっきり言って売れるクルマだと思う。

出典: アウトランダーPHEVは「イメージ向上」できれば売れる [MITSUBISHI(三菱自動車)] All About

PHEVは普通充電(AC200V/15A)で満充電まで約4時間

2015年のマイナーチェンジによりサスペンションの取付剛性の向上やリヤダンパーのシリンダーの大径化などで乗り心地や操縦安定性の向上が図られているそうで、とくに改良前から高かったPHEVの静粛性も考えると、より上質な走りが期待できそうだ。

出典: 三菱アウトランダー/PHEVが大きく進化 [MITSUBISHI(三菱自動車)] All About

サスペンションの取付剛性の向上やリヤダンパーのシリンダーの大径化などで乗り心地や操縦安定性の向上が図られているそうで、とくに改良前から高かったPHEVの静粛性も考えると、より上質な走りが期待できそうだ。

リンク: 三菱アウトランダー/PHEVが大きく進化 [MITSUBISHI(三菱自動車)] All About

「マツダ・CX-5」マツダの快進撃を支える万能型SUV

2世代目になり、走りも静粛性もますますアップしている

2017年に2世代目になったマツダの象徴的な車である「CX-5」。ディーゼルモデルとガソリンモデルがあるが、ディーゼルはとてもトルクフルで乗りやすい車になっています。2018年にはガソリンエンジンが改良されました。

出典: マツダの新しい自動ブレーキの性能は素晴らしい! [MAZDA(マツダ)] All About

高い自動ブレーキ性能。アイサイトにも負けないレベル!

マツダのCX-5には「モービルアイ」の高性能カメラ+レーダーが搭載されており、ライバルメーカーを圧倒する性能を持っています。走りだけでなく、安全性も高いのがCX-5です。

出典: 新型マツダCX-5の完成度とライバルとの差は? [MAZDA(マツダ)] All About

代名詞のディーゼルはもちろん、ガソリンの出来も秀逸で、街中中心の使い方からロングドライブ、そして4WDを選べば雪道まで安心して任せられる万能型SUVといえるだろう。

リンク: 2017年の「いま乗りたい」旬な、おすすめSUVを5台紹介

「マツダ CX-3」コンパクトな都市型SUV

悪路操作性よりも都市型SUVとしてのキャラを際立たせている

マツダCX-3は、デミオと同じホイールベース2570mmという条件以外はなく、CX-5の小型版でもデミオのSUV版でもない。はたしてCX-3の特徴と魅力とは何だろうか?

出典: 商品改良を受けたデミオ、CX-3の仕上がりは?

日本のクルマでこんなデザインが出来たことに驚く

小型SUVは手頃な価格帯&燃費が良いため、世界的に需要が増えているクラスだが、CX-3の6速ATのFFと4WD、そして6速マニュアル車に試乗した結果、おすすめしたいのはどっち?そして、理由とは?

出典: マツダ新型CX-3試乗 おすすめモデルと気になる評価 [MAZDA(マツダ)] All About

デミオとプラットフォームを共有している部分もあるし、ホイールベースもデミオと同値ではあるが、高張力・超高張力鋼板などの強度素材によるボディ、アクセラ用ダンパーを使うなどシャーシの強化、そしてディーゼルエンジンの静粛性向上やアクセラ用のトランスミッション(MT)を使うなど、CX-3専用にかなり作り込まれている。

リンク: 2/3 マツダCX-3は日本にジャストなコンパクトSUV [MAZDA(マツダ)] All About

「日産・ジューク」コストパフォーマンス抜群の一台

「欲しい!」と思ったら、迷うこと無し!

「こんなカタチが好きな人がきっといるだろう」と思える日産ジュークに試乗した。実際、ジュークのデザインがツボで、ディーラーを訪れその場で契約する人も少なくないそうな。

出典: 惚れたら買うべし! 若者にモテるジューク [NISSAN(日産)] All About

所有する喜びや刺激を与えてくれるモデルなのは確か

強烈なフロントマスクは初代ムラーノ以上かもしれないが、スポーツカーとSUVの「いいとこ取り」ではない新しい提案を盛り込んでいる。

出典: ジュークは現代のスポーツカー!? [NISSAN(日産)] All About

「マツダ・CX-8」3列シート7人乗りSUVという新たな市場を開拓

たまに3列シートが必要なユーザーに!ミニバンより走りにこだわりたいなら

3列シートの使用頻度がそこまで高くなく、走りも楽しみたいユーザーにはうってつけなのがCX-8です。3列目シートもきちんとすわれる広さがあります。

出典: 7人乗りSUV、新型マツダCX-8の実用度を徹底分析 [MAZDA(マツダ)] All About

エンジン音や振動もマイルドになっており、CX-5と比べ高級な乗り味。ただサスペンションが少しばかりゴツゴツしており、私なら「厳しい」と判断する。クルマ全体の仕上がりからすれば、乗り心地だけ負けているのだった。「やっぱり」日本車の限界か? とガッカリしながら4WDに乗り換える。

リンク: CX-8を試乗評価!予約受注が好調だが果たして買いか? [MAZDA(マツダ)] All About

するとどうよ、ずいぶん違う。カドが取れた輸入車のような乗り心地で、快適至極。なぜFFと4WDでこんなに質感が違うのか不思議ながらも、自分で買うなら瞬時に迷うことなく4WDにする。普通、FFより4WDの方が乗り心地も騒音も不利なのに、CX-8に限って言えば反対。

リンク: CX-8を試乗評価!予約受注が好調だが果たして買いか? [MAZDA(マツダ)] All About