2016年度上期の販売台数ナンバーワンSUV!「ホンダ ヴェゼル」

注目のヴェゼル、その実力は?

SUVの中で2016年度上期の販売台数がナンバーワンの「ヴェゼル」。発売以来、注目度は高いままだ。エクストレイルやフォレスターより1クラス下の大きさというコンパクトなSUVの、その実力とはいかに?

出典: 注目度が赤丸急上昇中! コンパクトSUVヴェゼル [HONDA(ホンダ)] All About

フィット譲りの完成度の高さが光る

「新時代のスペシャリティカー」を目指したというホンダ・ヴェゼル。ホンダのスペシャリティカーといえばプレリュードを思い出すかも知れないが、雰囲気重視のSUVではなく、しっかり作り込まれている。

出典: フィット譲りの完成度の高さが光るホンダ・ヴェゼル [HONDA(ホンダ)] All About

長所も短所も分かりやすいホンダ・ヴェゼルだが、クーペ風のデザインでスマートでありながら広大な後席や使いやすい荷室などを備えており、ホンダのいくつかの先達SUVのように消えていってしまうようには到底思えない。
ハイブリッドの燃費や後席、荷室の使い勝手を考えると、輸入車勢も含めて増えつつあるコンパクトSUVの中でも総合力ではかなり高いのがヴェゼルといえる。

リンク: 2/2 フィット譲りの完成度の高さが光るホンダ・ヴェゼル [HONDA(ホンダ)] All About

国産SUVの代表的な存在「日産 エクストレイル」

ライバルに対抗しうる総合力を備えているのは間違いない

3代目になった日産エクストレイル。先代までのオフロード系からオンロードも重視するシャーシを手に入れ、先進の安全装備やドライバーサポート機能を満載している。その進化ぶりに迫る。

出典: 洗練された走りが魅力の新型エクストレイル [NISSAN(日産)] All About

走りについてはなかなかレベルが高い。だけど何かが物足りない……?

2013年に発売され売れ行き好調なエクストレイル。実際に乗ってみるとエンジンのパワー不足も感じさせず、コーナリングの走りの安定性は素晴らしいなど、走りについてはなかなかレベルが高い。しかし、ライバルといえるCX-5やフォレスターと比べてみると、何かが足りない気もしてくる。いったいその何かとは……?

出典: 売れ行き好調! 新型エクストレイルの乗り心地を検証 [NISSAN(日産)] All About

エクストレイルといえば、積載性の高さなどの使い勝手や4WD性能に惹かれて購入する人が多いはずだが、新型になりウィークポイントだったオンロードでの快適性を向上し、さらに荷室の広さなどを磨き上げているのは評価できるポイントだ。

リンク: 洗練された走りが魅力の新型エクストレイル [NISSAN(日産)] All About

燃費も速さもバランスのいい一台「トヨタ ハリアー」

スポーティなエクステリアや高級感のあるインテリアが魅力的

レクサスRXに統合されたと思われたハリアーに3代目が登場。大胆に生まれ変わったフロントグリルをはじめとする外装や高級感のある内装が魅力で、ガソリン仕様とハイブリッド仕様を用意する。中古車としても人気が出てきたが、それぞれの違いの比較や人気のグレードなどを試乗レポートとともにお届け!

出典: 新型ハリアーのガソリン車とハイブリッド車を比較! [TOYOTA(トヨタ)] All About

買いはハイブリッド? ガソリン?

トヨタのハリアーはガソリン車とハイブリッド車を用意。口コミでは話題だが、自動車評論家による試乗ガイドをお届け。コスト面を考えると、以外にもハイブリッドよりもガソリン車のFFがおすすめ?

出典: 新型トヨタ ハリアー試乗 ハイブリッドは買いか? [TOYOTA(トヨタ)] All About

スポーティなエクステリアや高級感のあるインテリアがうたい文句だが、単なる常套句ではなく、個性を存分に感じさせる内・外装に仕上がっている。とくに、設定色であるディープボルドーの内装色は好みが分かれそうだが、ほかと同じようなインパネはイヤという人の興味を惹きそうだ。

リンク: 2/2 新型ハリアーのガソリン車とハイブリッド車を比較! [TOYOTA(トヨタ)] All About

世界TOPクラスの安全性能を持つ「スバル フォレスター」

フォレスターは世界一事故を起こしにくいSUV!?

2015年にマイナーチェンジを行ったスバルの人気クロスオーバーSUV・フォレスター。世界最強と言っても過言ではない雪道性能と安全性能に加え、クルマとしての魅力もアップ。では、自動車評論家おすすめのグレードは?

出典: 新型フォレスターは世界一事故を起こしにくいSUVに!? [SUBARU(スバル)] All About

悪路走破性はそのままに、乗り心地や操縦安定性、音・振動面を改善

悪路走破性を最重視するスバル・フォレスターは、オンロードの快適性に重きをおく乗用車系のSUVと比べると乗り心地で不利なのは否めなかった。それが従来の魅力はそのままに、乗り心地や操縦安定性、音・振動面の改善など上質さに磨きを掛けているのが特徴だ。

出典: スバル・フォレスターが大幅変更で魅力をアップ [SUBARU(スバル)] All About

クルマの仕上がりも圧倒的に良くなった。マイナーチェンジ前のフォレスターは、どうしちゃったのかと思うくらいツキ上げ感のある安っぽい乗り心地で、走り出したら止まるまで揺すられ続けた。なのにマイナーチェンジで“大げさウソ偽り誇張”なく、別のクルマになったほど滑らかになっている。

リンク: 新型フォレスターは世界一事故を起こしにくいSUVに!? [SUBARU(スバル)] All About

街中でもアウトドアでも使いやすい「スバル XV」

フォレスターまでは要らないけれど、時々スキー場などへの足などとして使いたいなら最適

スバルのインプレッサXVはインプレッサスポーツをベースに、車高を上げることで200mmの最低地上高を確保したクロスオーバーで、車名の「XV」はX=Crossover、V=Vehicleから命名された。フォレスターまでは要らないけれど、時々スキー場への足などとして使いたいなら最適なモデルといえる。

出典: 新型になり本気で開発されたスバルXV [SUBARU(スバル)] All About

新型スバルXVは、雪道やオフロードでも躊躇なく走破できるロードクリアランスを確保し、イメージカラーのタンジェリンオレンジ・パールやオリジナリティあふれるアルミホイールを履くなど、コンセプトからもエクステリアデザインからもやる気を感じさせる。

リンク: 新型になり本気で開発されたスバルXV [SUBARU(スバル)] All About

三菱の期待の星「三菱 アウトランダー/PHEV」

使い方があえば想像以上にエネルギーコストは安くなる!

2015年にアウトランダーPHEVがマイナーチェンジを行なった。当初は三菱自動車期待の星だったものの、デビュー直後のトラブルで話題に伸び悩んだが、持ち味をしっかりアピール出来れば、はっきり言って売れるクルマだと思う。

出典: アウトランダーPHEVは「イメージ向上」できれば売れる [MITSUBISHI(三菱自動車)] All About

PHEVは普通充電(AC200V/15A)で満充電まで約4時間

2015年のマイナーチェンジによりサスペンションの取付剛性の向上やリヤダンパーのシリンダーの大径化などで乗り心地や操縦安定性の向上が図られているそうで、とくに改良前から高かったPHEVの静粛性も考えると、より上質な走りが期待できそうだ。

出典: 三菱アウトランダー/PHEVが大きく進化 [MITSUBISHI(三菱自動車)] All About

サスペンションの取付剛性の向上やリヤダンパーのシリンダーの大径化などで乗り心地や操縦安定性の向上が図られているそうで、とくに改良前から高かったPHEVの静粛性も考えると、より上質な走りが期待できそうだ。

リンク: 三菱アウトランダー/PHEVが大きく進化 [MITSUBISHI(三菱自動車)] All About

スカイアクティブテクノロジーが全て詰まった一台「マツダ CX-5」

「スカイアクティブ全部のせ」の第一弾

2015年の大幅改良で、「スカイアクティブ全部のせ」の第一弾が内・外装、安全や走りの領域まで大きく商品力をアップさせている。そんなCX-5の魅力を徹底分析!

出典: マツダCX-5が質感向上でより大人の雰囲気に! [MAZDA(マツダ)] All About

マツダのミドルサイズSUV「CX-5」。アテンザとともに大幅改良を受けたが、「スカイアクティブ全部のせ」の第一弾が内・外装、安全や走りの領域まで大幅に改良されたことで大きく商品力をアップさせている。

リンク: マツダCX-5が質感向上でより大人の雰囲気に! [MAZDA(マツダ)] All About

コンパクトな都市型SUV「マツダ CX-3」

悪路操作性よりも都市型SUVとしてのキャラを際立たせている

マツダCX-3は、デミオと同じホイールベース2570mmという条件以外はなく、CX-5の小型版でもデミオのSUV版でもない。はたしてCX-3の特徴と魅力とは何だろうか?

出典: マツダCX-3は日本にジャストなコンパクトSUV [MAZDA(マツダ)] All About

日本のクルマでこんなデザインが出来たことに驚く

小型SUVは手頃な価格帯&燃費が良いため、世界的に需要が増えているクラスだが、CX-3の6速ATのFFと4WD、そして6速マニュアル車に試乗した結果、おすすめしたいのはどっち?そして、理由とは?

出典: マツダ新型CX-3試乗 おすすめモデルと気になる評価 [MAZDA(マツダ)] All About

デミオとプラットフォームを共有している部分もあるし、ホイールベースもデミオと同値ではあるが、高張力・超高張力鋼板などの強度素材によるボディ、アクセラ用ダンパーを使うなどシャーシの強化、そしてディーゼルエンジンの静粛性向上やアクセラ用のトランスミッション(MT)を使うなど、CX-3専用にかなり作り込まれている。

リンク: 2/3 マツダCX-3は日本にジャストなコンパクトSUV [MAZDA(マツダ)] All About

コストパフォーマンス抜群の一台「日産 ジューク」

「欲しい!」と思ったら、迷うこと無し!

「こんなカタチが好きな人がきっといるだろう」と思える日産ジュークに試乗した。実際、ジュークのデザインがツボで、ディーラーを訪れその場で契約する人も少なくないそうな。

出典: 惚れたら買うべし! 若者にモテるジューク [NISSAN(日産)] All About

所有する喜びや刺激を与えてくれるモデルなのは確か

強烈なフロントマスクは初代ムラーノ以上かもしれないが、スポーツカーとSUVの「いいとこ取り」ではない新しい提案を盛り込んでいる。

出典: ジュークは現代のスポーツカー!? [NISSAN(日産)] All About

ランクルならではの力強さと燃費を両立できる「トヨタ ランドクルーザープラド」

おすすめグレードは最上級の『TZ-G』

いまや大型のクロスカントリーモデルのパワーユニットは、燃費と力強い走りを両立できるディーゼルが世界規模で主流になりつつあるが、ランドクルーザープラドはどうか?ディーラーで試乗してみたインプレッションをお届け。

出典: ディーゼルエンジン搭載!新型ランドクルーザープラド [TOYOTA(トヨタ)] All About

ディーゼルらしい音・振動だが、力強い発進性は魅力

ランドクルーザープラドとフォードのエクスプローラーを比較してみよう。どちらも日米を代表するSUV。同時期に乗る機会があったのでそれぞれの試乗記をお届けしたい。

出典: 日米を代表するSUV プラドvsエクスプローラー [TOYOTA(トヨタ)] All About