子どもの好奇心を育みたい

「ママ(パパ)もわからないから、図鑑で一緒に調べてみようか」質問にちゃんと向き合う

子どもの「なぜ?」「なに?」に疲れてしまうことがあるかもしれません。しかし、2~6歳の時期は「質問期」とよばれ、知的好奇心が最も伸びる時期だといわれています。「そんなこと○○に決まってるでしょ!」「今忙しいから、あっち行って」とむげにせず、誠実に答えたいものです。

出典: なぜ?どうして?がエジソンを発明王にした [早期教育・幼児教育] All About

「あきらめない心」をサポートするには

「昨日よりも上手にボタンがはめられるようになったね」ほめ言葉は具体的に

「えらいね」「すごいね」は、便利な言葉ですが、どのポイントをほめられているのか、子どもに伝わらないことがあります。ほめ言葉は具体的に、誰かと比べることなく、がポイント。

出典: 2/2 子供がやる気になる! 心理学を活用したほめ方のコツ7 [子育て] All About

子どもの「得意」をもっと伸ばしてあげたい

「勉強ができてえらいね」は封印!子どもの特性をほめ、目標を見出させる

億万長者や人生で成功を収めた人は、比較的早い段階から、夢や目標を持っている傾向が強いということです。目標のある子どもは伸びる。だからこそ、「計算が早い」「字がきれい」など、特性を見出してほめてあげたいものです。

出典: 受験期の子どもを伸ばすヒントは億万長者の思考にあり [高校受験] All About

共感力をコツコツ養うには

「痛かったんだね」「悲しかったんだね」突き離さずにいったん受け入れる

他者に共感する力は、今後の社会を幸せに生きていく上で大切な力。「共感しなさい」といって身につくものではなく、きちんと共感してもらって、安心してきた子は、共感力がコツコツと高められていきます。

出典: 2/2 コミュ力の要!相手を思いやる「共感力」を育むヒント [子育て] All About

「語彙力」を豊かにしたい

「今日は、何の本読もうか?」親の読書好きは子どもにも受け継がれる

読書をよくする子どもほど、語彙力が豊かになる傾向が見られるとのことです。また、親の読書好きが子どもにも受け継がれるという専門家の経験談も。

出典: 本好きの子供が育つ家庭環境とは [学習・勉強法] All About

体力をつけてあげたい

子どもに誘われたら「一緒に遊ぼう!」と体を動かす

子どもは、遊びを通じて運動能力が育まれます。運動をすると、脳に良い影響を及ぼすと言われています。

出典: 机上の勉強だけではダメ!脳を鍛えるには運動が一番! [子供の教育] All About

創造力を伸ばすには

「うんうん、そのアイディアもいいね!」正解か不正解の答えを簡単に出さない

いつも「正解か、不正解かで」で評価されていると、失われていくもの、それは創造力です。簡単に正解を出さずに子どもが自由に表現する場が必要です。

出典: 想像力&創造力を育てるトレーニング [学習・勉強法] All About

片づけ力を身に着けさせる

「片付けないと、次に使う人が困る」と、片づけないことで困ることを考えさせる

片付けを通じて、人間が生きていく上での大切な力が育まれます。しかし、片付けが好きな子どもなんて、いないと言ってもいいのではないでしょうか。片付けないことで、困ることは何かを具体的に伝えることが大切です。

出典: 片付けのできる子に育てるコツ [子供のしつけ] All About