ボリュームが出がちなスカートコーデ。着やせのコツは…?

・首(首、手首、足首)を見せてバランスを取ること
・頭周りをなるべく小さくすること

1  上下ワントーンで揃えてセットアップ風コーデ

カーキは引き締めつつ重くなりすぎないオシャレカラー

細く見えるのは断然ダークカラーですが、秋冬ファッションとは言っても重い雰囲気になりがち・・・。でもカーキなら程よい抜け感も作りやすいのでピッタリ♡小物やシューズを白で揃えて明るいイメージに、またスカートもマキシよりは短くして足元を軽く仕上げるのがポイントです。

出典: Instagram

ハイネックのトップス&テラコッタカラーで旬のムードに

明るいブラウンはそれだけで旬な雰囲気になるトレンドカラー。ファーが使われているバブーシュ風シューズや、かっちりしたバッグなど、小物使いからもモードな雰囲気が漂うオシャレコーデです。

出典: Instagram

ブラックは細見え効果ナンバーワン★

シンプルになりすぎると喪服感が出るブラックも、フリルなどのディテールやトレンドのバケツバッグ、スニーカーでカジュアル感を足して、抜け感をプラス。まとめ髪もコンパクトになって◎。

出典: Instagram

2 アウターは黒ライダースでコンパクト&辛口に仕上げて

ラブリーなピンクスカートは黒多めでシャープに

膨張色・・でも可愛くて思わず着たくなるピンクは、他をブラックに&辛口なテイストで仕上げるのがオススメ。トレンドのライダースは甘辛MIXでピッタリです♡

出典: Instagram

フレアスカートはモノトーンコーデ&パイソン柄でモードに

野暮ったくなりがちで少し難易度が高い膝上丈のフレアスカートも、モノトーンのグラデーションで揃えてシックに。パイソン柄のブーツが目立ってオシャレ度もUP。

出典: Instagram

SATCのキャリーのようなチュールスカートも着こなせちゃう

ふわっとしたシルエットのペールブルーのチュールスカート。それだけで可愛い度がかなり高いアイテムなので、他はシンプルに。ジャケットやブルゾンよりもシルエットがタイトで、ウェスト位置がはっきり分かるライダースが好相性。

出典: Instagram

3 黒トップスをインして着ればどんなスカートも怖くない!

腰回りにデザインが入ったスカートもお手の物

巻きスカートのデザインは今年流行の兆し。腰回りにポイントがあり、さらには見せて履きたいデザインなのでトップスはインが◎ですが、ブラックならさらにスッキリ見えるし、小物とのバランスもバッチリ。

出典: Instagram

華やかなイエローのフレアスカートも難なく履ける

①イエロー②腰回りにギャザー入り③フレアなシルエット、とまさにボリュームある主役級のスカートですが、さらっと着こなすにはやっぱりブラックのトップスがオススメ。華やかな雰囲気はそのままに、スマートに着られます。

出典: Instagram

クラシックなムード漂う上品ママコーデ

園行事などにもぴったりなクラシックな雰囲気のスカートは、鎖骨をきれいに見せるポートネックのトップスと相性抜群。腰回りのベルトデザインが雰囲気あるコーデに仕上げてくれています。

出典: Instagram