検査をしても悪いところはないのにいつもダルい…。もしかしたらホルモン分泌にとって重要な「副腎疲労」が原因かも。

ホルモン疲労=副腎疲労。あなたの体は大丈夫?

「副腎」ってどこにあるの?

副腎は2つの腎臓の上にちょこんとある、わずか5g程度の小さな臓器ですが、私たちがいろいろなストレスによって健康を損なわないように、さまざまなホルモンを分泌して、バランスをとってくれています。

出典: 2/3 ストレス疲れでホルモン分泌が乱れると老化する?! [アンチエイジング] All About

(4つ以上当てはまる場合は要注意です!)
□朝起きるのがつらい
□疲れが取れない
□塩辛いものが無性に欲しくなる
□倦怠感(エネルギー不足)が強い
□日常的なことがとても疲れる
□性欲の低下
□ストレスに対処できない
□病気やけが、心的外傷(トラウマ)から回復するのに時間がかかる
□頭がクラクラする
□軽度のうつ

リンク: ストレス疲れでホルモン分泌が乱れると老化する?! [アンチエイジング] All About

□人生のすべてが虚しい
□カフェインがないと仕事ができない
□PMS(月経前症候群)の悪化
□思考が定まらず、ボーッとしている
□食べたものが思い出せないほど記憶があやふや
□朝10時頃まで目が覚めない
□午後3~4時ごろの間はぼんやりしている
□夕食後、やっと元気になる
□仕事がはかどらない、仕事に集中できない

リンク: ストレス疲れでホルモン分泌が乱れると老化する?! [アンチエイジング] All About

副腎を優しくケア。ホルモン疲労を解消する方法

ストレスと上手く付き合う方法

ストレス対処法として最近注目されている「コーピング」「マインドフルネス」のトレーニングを行うことでストレスを低減することも科学的にわかっています。簡単に出来るストレス解消法も考えていきましょう。

出典: キラーストレスとは何か…チェック法と対処法 [ストレス] All About

毎日の睡眠の質を上げる

最近では、短時間の睡眠でもしっかりと疲れを取り、朝すっきり目覚められるよう、睡眠の“質”を高めようという動きが高まっています。体の血めぐりを高めて質の良い睡眠へと導くコツをお伝えします。

出典: ぐっすり眠って美肌に!快眠を得るたった2つのコツ [スキンケア] All About

呼吸法を整え心を落ち着ける

現代人は呼吸が浅く、普段の呼吸では肺の約30%しか使っていないといわれます。呼吸を深めるメリットと、呼吸を深めるために役立つ精油とその使い方(呼吸法)を詳しくご紹介します。

出典: 呼吸を深める!初めてのメンタルアロマ [アロマテラピー] All About

適度な運動を習慣化する

ストレスを受け流し、ストレスに強くなるには、どんな運動がいいのでしょう? 次の4つのポイントを取り入れて、自分にあった運動を楽しんでみましょう。

出典: ストレスはカラダで解消、が効果的なワケ [ストレス] All About

毎日の食事バランスを意識する

健康のために何をどれだけ食べれば良いのかを示した「食事バランスガイド」。いまいち浸透していない感がありますが、15年にわたる追跡調査の結果、食事バランスガイドをきちんと実践することで死亡リスクや脳血管疾患リスクが低下することがわかりました。

出典: 知識ナシでも効果あり!実は使える食事バランスガイド [食と健康] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項