【1】いつも愚痴や悪口ばかり

なにごともほどほどに、が大切

あまりに愚痴や悪口が多いと、聞いている周りの人もうんざりしてくるもの。不満をいうだけでなく、状況を改善するにはどうすればいいか。ポジティブな行動を心がければ、周りの見る目も変わってくるかもしれません。

出典: 愚痴・悪口常習者との付き合い方って? [ストレス] All About

【2】基礎を忘れ、我流をつらぬいている

言い方ひとつでホウレンソウも印象深く

仕事をするうえで、欠かすことのできない報告・連絡・相談。年月を経るにつれ、おろそかになってはいませんか? 我流を通すのではなく、一度基本に立ち返る――かしこい「ホウレンソウ」の仕方とは。

出典: デキル人に見られる報告・連絡・相談(ホウレンソウ) [話し方・伝え方] All About

【3】なんでも他人まかせ

管理職でなくても、リーダーシップを持とう

この仕事の責任者は自分ではない、と全てを他人まかせにしてはいませんか? リーダーシップは管理職だけが発揮するものではありません。みずから考えて行動する、グループにいい影響を与えられる人になりましょう。

出典: リーダーシップ力がわかる10の質問 [コーチング] All About

【4】ビジネスマナーができていない

取引先やお客様へのビジネスマナーはとりわけ大事

あらためて自分のビジネスマナーを見直してみましょう。名刺の受け渡しから挨拶の仕方まで、普段当たり前にこなしているなかにこそ「悪習慣」が潜んでいるものです。とりわけ、取引先やお客様に対してのマナーには気をつけたいですね。

出典: 取引先やお客様を訪問する際のビジネスマナー [ビジネスマナー] All About

【5】身だしなみに気を配らない

身だしなみは、仕事に取り組む姿勢や誠実さを表現する

身だしなみへの気配りは、社会人に求められる基本的なビジネススキルともいえます。身だしなみ一つで相手の印象も変わるもの。過剰に意識する必要はないですが、普段から心がけたいものです。

出典: 社会人としての身だしなみ [ビジネスマナー] All About