1.マンションで最も快適な住戸の位置はどこ?

最下階、最上階、中間階、一番端、それとも真ん中?

マンションでは、例え同じ間取りでも住戸がどの位置にあるかによって住み心地が変わってきます。音・通風・採光・プライバシーなどの面から位置別の違いを検証し、マンションで一番快適(=人気のある)住戸はどこか探ってみましょう。

出典: マンションで最も快適な住戸の位置はどこ? [マンション物件選びのポイント] All About

2.本当に南向きがいちばん良いの?

南向き信仰のワナ

日本では南向き住戸にこだわる人が多いですが、本当に南向きがいちばん良いのでしょうか?意外な落とし穴やもっと良い選択肢があるかもしれません。南向きのメリット・デメリットについてお伝えします。

出典: 南向き信仰のワナ [マンション物件選びのポイント] All About

3.駅近だからといって良いことばかりでもない

商業地域は大きな建物が建つ可能性アリ

利便性がよく人気が高い駅近マンション。ただしその便利な立地が住まいの居住性にデメリットを与えることもあります。駅近マンションを購入予定の方はそんな盲点にも気をつけてください。

出典: 住まいの性能にみる駅近マンションの盲点 [マンション購入術] All About

4.格安マンションと高級マンションの違いはココに出る

暮らしの質に関わる「窓」と「換気」はコストダウンの対象になりやすい

新築マンションをいくつか比較してみると、他に比べてお手頃な物件に出会うことがあります。安いということはどこかでコストダウンをしているということ。きちんと把握せずに購入し、あとから「しまった!」とならないようにしたいものです。

出典: 格安マンションと高級マンションの違いはココに出る [マンション物件選びのポイント] All About

5.将来性を左右する「二重床・二重天井」

二重床・二重天井のマンションは将来のリフォームに対応しやすい

マンションの「二重床・二重天井」って何?どんなメリット・デメリットがあるの?床下や天井裏は隠れて目に見えない部分だけれど、マンション選びの際にチェックしておきたい大切なポイントです。

出典: マンション選びで「二重床・二重天井」が大切な理由 [マンション物件選びのポイント] All About

6.マンションの寿命に影響をあたえる「共用配管」

「配管の老朽化に合わせ取り壊し」となってしまうケースも

マンションの耐久性は「設備まわりの仕様」に大きく左右されることをご存知ですか?これからの時代、高品質、高耐久であることはマンションの必須条件です。本記事では、耐久性に影響を与える設備回りの性能に注目します。

出典: 見えない設備で分かる!マンションの将来性 [マンション物件選びのポイント] All About

7.耐震・免震・制震の違いって?

「免震+制振」など、様々な技術がある

近年のマンションは、基本的に地震に強い「耐震構造」になっています。また技術の発達に伴い免震構造、制振(制震)構造という新しい工法も出ています。それぞれの構造の違いをまとめ、比較しました。

出典: 地震に強い構造はこれだ!マンション編 [マンション物件選びのポイント] All About

8.【中古住宅の場合】「マンション管理」の質をチェックするには?

管理の「形態」よりも「実態」を見ること

「マンションは管理が大切」とはいいながら、物件見学の際に管理状態の確認をおろそかにしている人も少なくありません。そこで、中古マンションを見学する際に現地で確認しておきたいポイントをまとめました。

出典: 物件見学における「マンション管理」の確認ポイント [マンション管理] All About