秋映画を楽しみたい、都内のおすすめミニシアター

クラシックなアート作品を愛でる「Bunkamuraル・シネマ」(渋谷)

複合文化施設Bunkamura内にある「ル・シネマ」は、ハリウッド系エンタメ映画とは一線を画した小品ながら良質な作品を上映しています。2016年秋冬は『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』(9月22日~)『人間の値打ち』(10月8日~)『ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE』(11月26日~)などが上映予定。Bunkamura内には、ザ・ミュージアム、レストラン「ドゥマゴパリ」やカフェ「ロビーラウンジ」があり、飲食店はチケット半券サービスもあるのでデートにも最適です。

出典: ル・シネマ | Bunkamura

クリエイティブな個性派映画館「アップリンク」(渋谷)

「アップリンク」は、映画製作、配給も手掛けており、ミニシアターはそのひとつ。1Fにはプロデュースするカフェレストラン「タベナ」、2階にはショップ。映画館は3つありますが、一番広いスクリーンでも定員58名とコンパクト。上映作品もこだわりがあり最新作から旧作まで多彩です。秋冬は『シーモアさんと大人のための人生入門』(10月1日より)『あたらしい野生の地-リワイルディング』(10月29日より)。ひとりでフラリと訪れるのに最適な映画館です。

出典: UPLINK

渋谷カルチャーの震源地「ユーロスペース」(渋谷)

渋谷区円山町に引っ越してから、ますます精力的に渋谷カルチャーを牽引しているミニシアターが「ユーロスペース」。ユーロライブとして落語、お笑い、トークショーも開催するなど尖がった文化を発信し続けています。上映される作品もこだわりが感じられ、秋冬は『函館珈琲 HAKODATE Coffee』(9月24日より)『TSUKIJI WONDERLAND』(10月15日より)『フランコフォニア ルーヴルの記憶』(10月29日より)。ここの常連になったら、あなたも立派な映画通ですよ。

出典: ユーロスペース

甦った人気映画館「YEBIS GARDEN CINEMA」(恵比寿)

一度、閉館しましたが、2015年に帰って来たYEBIS GARDEN CINEMA。リニューアル後もこの映画館が選ぶ映画のセンスはあいかわらず素晴らしい。2016年秋冬は『PK』(10月26日より)『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』『ジュリエッタ』(いずれも11月5日より)など個性派エンタメもあればファッション性の高い映画も!館内にはカフェもあり、イタリアの「ラバッツァ」のコーヒーやロンドンセレブに人気「ノッティングヒル」のケーキも楽しめます。

出典: 恵比寿ガーデンシネマ | YEBISU GARDEN CINEMA with UNITED CINEMAS | 映画館

レディースディ発祥の地「シネスイッチ銀座」(銀座)

レディースディを始めた映画館であり、ミニシアターブームを作りだした映画館です。『ニュー・シネマ・パラダイス』『リトル・ダンサー』『かもめ食堂』など、ヒット作を多く生み出し、映画を選ぶ目は確か。秋冬の注目作は『白い帽子の女』(9月24日より)『92歳のパリジェンヌ』(10月29日より)などが待機中。劇場HPは混雑状況がわかるようになっているので、お出かけ前にチェック!※画像はイメージです。

出典: シネスイッチ銀座

女性監督の作品に強い!「岩波ホール」(神保町)

ミニシアターの老舗「岩波ホール」は1968年に誕生、もう40年以上も続いている根強いファンがいる映画館です。日本では上映されることが少ないアジア・アフリカ・中南米の映画も積極的に上映してきました。女性支配人なので女性監督の上映も多いのが特徴。秋冬の公開作は『みかんの丘』『とうもろこしの島』(9月17日~11月11日)『湾生回家』(11月12日~12月16日)です。本の街・神保町にあるので映画を見た後、本屋めぐりも楽しいでしょう。

出典: 劇場案内 | 岩波ホール

独自の企画が楽しい映画ファンが集う場所「シネマカリテ」(新宿)

2012年にオープン。この映画館の人気は、今年3回目を迎えた「カリコレ」という映画フェスと未公開映画を上映する「オトカリテ」。「オトカリテ」は1週間限定公開で鑑賞料金500円!いずれも公式サイトでこまめに要チェックです。公式上映作品も個性がさく裂しており、秋冬の公開作は『スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!』(9月24日より)『タゲレオタイプの女』(10月15日より)など。公式サイトには割引クーポンもありうれしい限りです。

出典: 新宿シネマカリテ

大作から単館映画まで幅広く公開「シネ・リーブル池袋」(池袋)

とにかくサービス満点なのが「シネ・リーブル池袋」。映画半券サービスがすごい。映画館のあるルミネ館内の多数のショップがサービス価格で利用できます。割引になる映画館独自のキャンペーンも開催しており、こまめにチェックしているとお得感が増します。秋冬の公開作は『クハナ!』(10月8日より)『金メダル男』(10月22日より)など、全国ロードショー映画から、小さな良作まで幅広く公開。また館内のフードメニューも美味しいと評判です。

出典: シネ・リーブル池袋 | テアトルシネマグループ