法事の服装のポイント!

基本的な服装は?

一般に、一周忌までの法事の服装は喪服です。ただし、法事は回をおうごとに略式になり、服の色も薄れていくといわれます。一周忌でも暗い色のワンピースやスーツでOKな場合があるので、確認するのがベターでしょう。三回忌以降は喪服の必要はありません。

出典: 法要 NGマナー集 [法事・法要の手順] All About

「平服でどうぞ」といわれたら?

平服は「普段着に準じるもの」という意味ではありますが、やはりまったくの普段着や明るすぎる色は、法事にふさわしくありません。黒、グレー、茶色などのワンピースやスーツが無難でしょう。デザインも露出が少なく、落ち着いたものを選んでください。

出典: 【注意】法事の平服とは正式にどんな服装なのか。喪服との違いは? | お役立ち情報満載のオールジャンルジャパン!

パンツスーツでの出席はOK?

一般に、女性のパンツスーツは「略喪服」にカテゴライズされます。喪服売り場で売られているパンツスーツでも、ワンピースより格下と捉える方が多いので、少なくとも三回忌までは着用しないほうがいいでしょう。

出典: 法事の服装で女性のパンツスーツにインナーは略式で失礼!? | 面白い雑学

夏場の喪服。露出はどこまで?

暑くてもスーツ一式を着崩すことが許されない男性と違い、女性は最初から上着のない夏用喪服を選ぶことができます。ただし、肌の露出は可能な限り抑えるのが基本ですので、腕は出せても肘くらい。黒ストッキングも必須です!

出典: 葬儀・法事で恥をかかないための服装・喪服マナーまとめ | サルでもわかる葬儀の新常識

小物やアクセにもマナーあり!

足元にも気を配って

洋装の喪服の足元は、黒いパンプスが基本。つま先が丸く光沢のないもので、ヒールが高すぎないものがベストです。また、サンダルやブーツ、ミュールは、季節にかかわらず喪服にはふさわしくありません。ご注意ください!

出典: 法事は初めての方必見!葬儀の服装9つのマナー - マナーの虎☆

ストッキングは必ず黒

洋装喪服を着る場合、女性は必ず黒ストッキングを着用しなければなりません。「露出を避けるという意味ならタイツでもいいのでは?」と思うかもしれませんが、タイツはフォーマルなアイテムとは認められていないのでNGです。

出典: 法事における女性の服装は?平服でと言われたら?防寒タイツはOK? | ちょっとした工夫で心豊かな生活を

小物類は装飾のないものが理想

バッグは黒い無地、光沢のないシンプルなものが基本です。金具がついているもの、派手な装飾があるものは控えてください。バッグに限らず、靴、時計など全般で、金具が光るものは不適切とされています。

出典: 法事に出席する際の正しい服装と押さえておくマナー

パールは一連で

弔事で許されるアクセサリーは本来結婚(婚約)指輪だけでしたが、パールは「涙の象徴」として使用しても良いことになっています。ただし、二連のネックレスは「不幸が重なる」という意味になるのをお忘れなく。身につける場合は一連のネックレスが鉄則です!

出典: 喪服にネックレスは必要?ピアスもOK?アクセサリー黒真珠が正式? | ちょっとした工夫で心豊かな生活を