寒冷蕁麻疹とは

寒冷蕁麻疹って、どんな病気?

寒冷蕁麻疹は、寒さが原因で起きる蕁麻疹で、秋から冬にかけて多く見られる疾患です。外気の温度変化ではなく、自分の皮膚温度の低下がきっかけになります。鳥肌と思ったのに急にかゆくなったら、寒冷蕁麻疹の疑いがあります。

出典: 寒いとかゆい?秋冬の寒冷蕁麻疹に御用心! [皮膚・爪・髪の病気] All About

どんな人が、寒冷蕁麻疹になりやすいの?

寒冷蕁麻疹になりやすいのは、寒がりな人、鳥肌が立ちやすい人、厚着のため冬場でも汗をかく人、脱衣所の温度を寒いと感じる人、ジョギングなどをしていて汗をかきやすい人などです。当てはまる項目の多い人ほど、寒冷蕁麻疹を経験する可能性が高いようです。

出典: 寒いとかゆい?秋冬の寒冷蕁麻疹に御用心! [皮膚・爪・髪の病気] All About

寒冷蕁麻疹は、どんなとき、どんな場所に発症するの?

寒い朝に素足で冷たい床を歩いたときに足に出る、外で寒い風に当たったときに顔に出る、お風呂で温まった後に脱衣所を寒く感じて全身に出るなど、冬場に多い傾向があります。一方、夏にエアコンの冷気に当たったときなど、夏場に発症することもあります。

出典: 【医師が監修】寒冷蕁麻疹の症状と原因、治療について | ヘルスケア大学

寒冷蕁麻疹は、子供が発症しやすい蕁麻疹のひとつです。プールサイドで日光浴をした後に急にプールに飛び込んで冷えたり、冷たいものを飲み過ぎたりなど、冬場だけでなく夏にも起こります。

寒冷蕁麻疹が起こるメカニズム

寒さなどの刺激を受けるとヒスタミンが放出されることが要因

皮膚の下(真皮)には、ヒスタミンという物質を蓄えた肥満細胞があります。この肥満細胞が急激な温度変化などの刺激を受けると、ヒスタミンが放出されます。
ヒスタミンには血管を拡張させる作用があり、血液成分が血管外に漏れ出すことで、皮膚が赤く盛り上がり、発疹を生じさせるのです。

出典: 蕁麻疹 どんな病気? | 病気の知識 | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)

寒冷蕁麻疹を回避する方法

寒冷蕁麻疹の対処法は、皮膚温度の急な低下を避けること

寒冷蕁麻疹は、皮膚温度が急に低下したときに発症します。そのため、厚着をしたまま暖かい部屋にいて、そこから急に寒い外に出るときなどにも注意が必要です。上半身の温度を調節しやすいように、セーターよりもカーディガンにするなどの対処をしましょう。

出典: 2/2 寒いとかゆい?秋冬の寒冷蕁麻疹に御用心! [皮膚・爪・髪の病気] All About

寒冷蕁麻疹の治療は、暖めること

寒冷蕁麻疹を、「寒いときに出る、たかが蕁麻疹でしょ」と侮ってはいけません。寒さに触れたところに出るという特徴があり、部位は限定されていますが、全身に広がると命に関わるショック症状を起こします。少しでも早く、体を暖めましょう。

出典: 2/2 寒いとかゆい?秋冬の寒冷蕁麻疹に御用心! [皮膚・爪・髪の病気] All About

蕁麻疹が出たときには冷やすと良いといわれますが、寒冷蕁麻疹の場合は冷やすとさらに悪化します。症状が現れたら、すぐに暖めましょう。何度も繰り返す場合は医療機関に行って診てもらい、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を処方してもらいます。また、蕁麻疹を繰り返す状態が1か月以上続くなど慢性化している場合は、漢方薬を試してみるのもひとつの方法です。根気よく治療をすることで、完治するケースもあります。

寒冷蕁麻疹を予防する方法

急激な皮膚温度の低下に注意する

寒冷蕁麻疹になりやすい人は、急激な皮膚温度の低下に気をつけます。冬は素足で床を歩かずにスリッパを履く、暖房が強い場所では薄着になる、冬に外出するときはマフラーなどで外気に触れる顔の面積を少なくする、などの方法があります。

出典: 【医師が監修】寒冷蕁麻疹の症状と原因、治療について | ヘルスケア大学