蕁麻疹って、どんな病気?

蕁麻疹の症状は?

蕁麻疹は、「とにかく、かゆくてならない」という強いかゆみを伴います。発疹の形は、点状や線状、円状、楕円状、地図状などと様々で、全身のあらゆる箇所にできます。たいていは24時間以内に消失して、別のところに出現します。

出典: アトピーと「じんましん」の関係 [アトピー性皮膚炎] All About

どうして蕁麻疹になるの?

蕁麻疹は、2種類に大きく分類されます。「アレルギー性蕁麻疹」は食物や食品添加物、薬、動植物等に含まれるアレルゲンによって炎症を起こし、「非アレルギー性蕁麻疹」は寒さや暑さ、ストレス、発汗等が原因となり発症します。

出典: なぜ、じんましんが起こる? [皮膚・爪・髪の病気] All About

子供がかかりやすい、蕁麻疹の種類と原因

寒冷蕁麻疹

寒冷蕁麻疹は、寒さによる皮膚温度の低下がきっかけとなり発症します。秋から冬に多く、入浴後に脱衣所を寒く感じた時や、汗をかいた後の体温が低下した時などに、鳥肌かと思ったのにかゆみを感じたら、寒冷蕁麻疹の可能性があります。

出典: 寒いとかゆい?秋冬の寒冷蕁麻疹に御用心! [皮膚・爪・髪の病気] All About

温熱蕁麻疹

温熱性蕁麻疹は、蚊に刺されたようなプクッと膨らむ発疹が広がるタイプの蕁麻疹で、体が温まることによって悪化します。梅雨時から夏にかけて発症することが多く、お風呂や運動の後、夜間などに出やすいといわれます。

出典: 蕁麻疹(じんましん)の原因と漢方 | 東京で漢方をお探しなら「後楽堂薬局」にご相談ください。

コリン性蕁麻疹

コリン性蕁麻疹は、アセチルコリンという化学物質が原因で起こる蕁麻疹です。発汗がきっかけとなることが多いのですが、精神的ストレスなどが影響する場合もあります。運動後や入浴後、辛いものを食べた時など、日常生活に支障をきたす可能性の高い疾患です。

出典: コリン性蕁麻疹 - ブログ健康かわら版 - 木更津市の整体/カイロ:肩こり・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・変形膝ヒザ痛・スポーツ障害・ストレス障害|カイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K 

蕁麻疹には、上記のほかにも様々な原因があると考えらます。食事や花粉、ハウスダストのようなアレルギー性のもの、ストレスなど心因性のもの、4~9月の強い日光、風邪などによる体調不良等が挙げられます。また、ひと月以内に治まる蕁麻疹を「急性蕁麻疹」、ひと月以上にわたり断続的に続くものを「慢性蕁麻疹」といいます。

自宅でできる対処法は?

かきむしるとミミズ腫れのような傷が残ったり、蕁麻疹が広がることもあるので、できるだけかかないようにしましょう。赤ちゃんの場合は、ミトンなどを活用するのがベストです。また、患部を冷やすとかゆみが緩和することも。ただし、寒冷蕁麻疹の場合は冷やすと逆効果のため冷やさないこと。

リンク: 心配ママ必見!子供が“じんましん”になったときの対処法を学ぶ!! | ヘルスケア大学

運動などで血行が促進されるとかゆみが強まるので、じんましんが出ている間は静かに休ませるようにしましょう。また、ストレスがあるときは、それをできるだけ退ける環境にし、愛情を持って優しく接してあげましょう。

リンク: 心配ママ必見!子供が“じんましん”になったときの対処法を学ぶ!! | ヘルスケア大学

病院は、何科に行く?

軽い蕁麻疹でも何日か続いた場合は、皮膚科を受診するようにしましょう。特に気を付けたいのが、蕁麻疹がアナフィラキシーの始まりとなることです。

リンク: 蕁麻疹が出たらどうする?治療法3つを紹介! | いしゃまち

唇、まぶたなどに蕁麻疹ができて地図状に広がっていく、喉が苦しい、吐き気がする、口の中に蕁麻疹ができたときはアナフィラキシーの疑いがあります。大至急、救急病院などを受診しましょう。

リンク: 蕁麻疹が出たらどうする?治療法3つを紹介! | いしゃまち

蕁麻疹は多くの場合、薬を飲めば症状が落ちつきますが、やめると再発を繰り返します。「たかが蕁麻疹」と自己判断せず、医師の指示を守りながら薬の量をコントロールして少しずつ減らし、最終的に薬をやめることを目標とした治療を行います。

子供が発病しやすい、蕁麻疹とよく似た病気

子供がかかりやすい発疹を伴う疾患は、蕁麻疹だけではありません。肌にブツブツが出ても蕁麻疹とは限らず、正しい対処が必要です。まぎらわしい病気には、次のようなものがあります。

麻疹(はしか)

現在知られている病原体の中で、感染力が最も強いウイルスです。境界線のはっきりした発疹が現れるほか、高熱、鼻水、くしゃみ、口内の頬粘膜に赤みを伴った白くて小さい斑点などを発症します。一度完治すれば、繰り返すことはありません。

出典: 麻疹(加藤小児科医院)

湿疹(しっしん)

皮膚科で最も多く使われる「湿疹」という用語は「皮膚炎」とほぼ同じ意味で、いくつかの疾患の総称です。「表皮が外敵から身を守るために戦っている状態」と捉えることができます。「湿疹」は、発疹が出るだけでなく、水疱、かさぶたなどに病巣が変化します。

出典: 「湿疹」って何?(三原皮膚科)

水疱瘡(みずぼうそう)

飛沫感染、接触感染、空気感染によって広がる、子供が感染しやすいウイルスです。虫さされのような発疹がポツポツとできて数時間後に水疱となり、1日かけて全身に広がります。1週間程度で発疹がかさぶたになることで完治し、繰り返すことはありません。

出典: 水疱瘡(みずぼうそう)の原因・症状・検査診断 [子供の病気] All About

あせも

あせもは、正式名を「汗疹(かんしん)」といいます。汗腺が汗を出したくても出せない状態になったときに、皮膚の中に汗がたまって炎症を起こしますが、大抵の場合、数日で自然に治ります。予防に保湿剤を使う時は、ローションタイプの塗り薬がオススメです。

出典: 汗疹(あせも)の症状・原因・治療 [皮膚・爪・髪の病気] All About

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の主な症状は湿疹が長期間続くことで、治ったと思っても何度も繰り返します。カサカサやゴワゴワ、ジュクジュクした湿疹が体の左右対称の部位に出ることが多く、乳幼児は2か月以上、大人では6か月以上も症状が続きます。

出典: 基礎知識vol.1 アトピーってどんな病気? [アトピー性皮膚炎] All About