おたふく風邪は、どんな病気?

なぜ「おたふく風邪」と呼ばれるの?

おたふく風邪を発症すると、耳の前側下にある耳下腺や顎下腺が腫れて、丸顔の、まるでおたふくのような顔になります。正式名を「流行性耳下腺炎」といい、麻疹ウイルスの仲間の「ムンプスウイルス」が原因で起こります。

出典: おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の症状と原因 [子供の病気] All About

おたふく風邪の潜伏期間は?

ムンプスウイルスが体内に入ってから症状が出はじめるまでの期間は2~3週間、平均で18日前後かかるといわれます。おたふく風邪の潜伏期間は、ノロウイルスやインフルエンザウイルスに比べて長いという特徴があります。

出典: 【医師が監修】感染力は強い? おたふく風邪(流行性耳下腺炎)はうつるのか | ヘルスケア大学

おたふく風邪の感染経路は?

ムンプスウイルスは、ヒトからヒトへと感染します。感染している人との会話やくしゃみ、咳によってウイルスが体内に入る「飛沫感染」と、ウイルスが付いたものや感染者に触れることによってうつる「接触感染」のふたつです。

出典: 【医師が監修】感染力は強い? おたふく風邪(流行性耳下腺炎)はうつるのか | ヘルスケア大学

子供がおたふく風邪を発症すると、どうなる?

おたふく風邪の初期症状は、頭痛、寒気、不快感、筋肉痛などです。その後、耳下腺のあたりに強い炎症を起こしますが、3割程度の子供には症状が出ないともいわれます。合併症が起こりやすく重症化しやすいため、「単なる風邪」と自己判断して放置すると危険です。次のような症状がないか、注意して観察しましょう。

片側だけ、または両方の耳下腺が腫れる

ウイルスに感染すると、耳下腺のあたりが腫れて痛みを感じるようになります。まず片側だけ腫れて2~3日後にもう片方が腫れてくることが多いのですが、片側だけ腫れたり、あごの下の顎下腺や舌下線が腫れたりすることもあります。幼児の場合は、顔の周りが普段よりもずんぐりしたように見えます。

出典: 佐賀県感染症情報センター > トピックス

耳の下あたりに痛みを感じる

耳の下が腫れることにより、痛みを感じることがあります。唾液の分泌が促進される時に痛みが強くなる傾向があるので、咀嚼する時や酸っぱいものを食べた時により痛みを感じるかもしれません。子供の場合は痛みを訴えなくても、食欲が落ちることによって気づくケースもあります。痛みは腫れてから3~4日がピークといわれています。

出典: おたふくかぜ

発熱する場合も

熱は出る人と出ない人がいるなど、個人差があります。熱が出ても、高熱が出ることはなく、3日程度で下がります。発熱を伴わず1~2週間で回復するケースがほとんどです。

出典: 中野こどもクリニック >おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

上記の症状のほかにも、風邪のような咳や鼻水が出ることもあります。左右の耳下腺が腫れることが診断の決め手になりますが、片方しか腫れなかったり、はじめは一方のみ腫れていたのに何日か経って両方が腫れたりする場合、診断は困難です。感染力が強いため、自分で判断せずに医療機関に行きましょう。

大人がおたふく風邪を発症すると、どうなる?

大人は重症化しやすい

おたふく風邪を大人になってから発症すると、症状が強く現れます。主な症状は子供が発症したときと同様ですが、39度以上の高熱が続いたり、食事を摂ることが困難になったりします。腹痛や下痢、うわごと、難聴などの症状が出ることもあります。

出典: 【医師が監修】大人のおたふく風邪(流行性耳下腺炎)の症状 | ヘルスケア大学

おたふく風邪には合併症がある!

おたふく風邪は、合併症が多いことでも知られる病気です。主な合併症には、次のようなものがあります。重症化することもあるため、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

おたふく風邪の合併症

・髄膜炎
症状:1日3回以上嘔吐する、激しい頭痛など
発症する割合:おたふく風邪の患者の約10%

・脳炎
症状:失神、痙攣(けいれん)など
発症する割合:同0.2%

・難聴
症状:片耳だけ聞こえにくくなることが多い
発症する割合:同0.00数%とも0.0数%とも言われ、正確な割合は不明

・膵炎(すいえん)
症状:激しい腹痛、嘔吐など

出典: おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の症状と原因 [子供の病気] All About

大人の合併症「睾丸炎」・「卵巣炎」

大人になってから発症すると、男性は「睾丸炎」、女性は「卵巣炎」を併発することがあります。片側の臓器のみに起こることが多く、睾丸も卵巣もふたつずつあるため、男女ともに不妊になるケースは多くありません。

出典: おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の症状と原因 [子供の病気] All About

その他、大人の合併症としては、「心筋炎」も挙げられます。発症確率は低いですが、死に至るケースもあるので注意が必要です。

おもに成人の合併症で、頻度としてはまれです。胸痛、頻脈、呼吸困難などの症状が、1~2週後から出現し、突然死することもあります。

リンク: おたふくかぜ