まずはお斎の基礎から学ぼう

元々「お斎(とき)」は、インドの戒律から来た言葉。正しい時間帯である午前中に食べることを指し、法事のときの食事の意味で使われています。お寺や自宅だけでなく、最近ではお斎をホテルの料理やケータリングにする場合もあります。

状況に応じて変わる!【お斎の費用の相場】

お斎の費用は初盆や一周忌、親族以外の関係者が集まる場合は5,000円~10,000円ほど。お寺で法要のみ行い、周辺のレストランで賄うなら3,000円台にすることも可能です。3回忌など親族だけで行う場合は3,000円~5,000円程度が目安。

出典: お斎》挨拶/意味/お斎とは/料理/お斎代/法事法要/食事会食/席順/葬儀/香典

場所によって大きく変わる【お斎の形態】

法事後にお寺周辺から移動するときは、レストランや日本料理店、ホテルなどでお斎が行われます。自宅で法要した場合は、家で食事を出しても大丈夫。仕出しの弁当やお寿司の出前にする場合もあるので、「必ずこの場所でしなければならない」という決まりはなさそうです。

出典: お食事

お斎で【避けるべき食材】

昔は肉や魚の使われない精進料理と決まっていたお斎ですが、今は厳しい決まりがありません。ただし、伊勢海老や鯛などのお祝いごとに使われる食材は避けましょう。料理を手配するときに、お店などに伝えておけば安心です。

出典: 8.お斎(おとき)|お坊さん便

基本を抑えておけばOK【お斎の席順】

正客である僧侶が仏壇を背に座ります。それ以外の会場で行う場合は、僧侶〈正客〉を中心に、参会者一同は適宜着席します。とくに席次にこだわる必要はありません〈僧侶が出席しないときは適宜、着席〉。施主・遺族は末席に座ります。

リンク: お斎〈食事〉

お坊さんがお斎を辞退したら「御膳料」が必要

お坊さんがお斎を辞退したとき、いくら渡す?

僧侶がお斎に出席しない場合や会食を省略した場合は、「御膳料」を渡しましょう。金額は地方や場所によっても異なりますが、基本的には食事代より少し多めに5,000円~20,000円程度の金額が相場です。

出典: お斎・僧侶が食事を辞退・参加した場合 | 法事法要の際に失礼がないように、正しいお布施を

「本日は、お心のこもったお勤めをして頂きましてありがとうございました。些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。」

リンク: 【年忌法要挨拶】文例・例文

お坊さんがお斎を辞退し、「御膳料」としてお金を支払う際にお坊さんに伝える挨拶例です。