1.見通しの良いベランダやバルコニーに変更する

スタイリッシュに防犯性を高める建具を使用

ベランダやバルコニーの手すり部分は、外を見通すことができるメッシュやスリットタイプの素材が人気となっています。1階からの足がかりになるような柱を設けないようにすることでより安心感が高められますね。

出典: 住まいの防犯性能を高める建材・設備の選び方 [防犯・セキュリティ設備] All About

2.カースペースには、シャッターやゲートを設ける

「CPマーク」表示がある防犯対応製品も取り入れて

伸縮タイプのゲートや侵入者の隠れ場を作らないグリルタイプのシャッターなどを設置することで、カースペースの利便性を確保しながら、防犯性を高めることも可能です。

出典: 泥棒に狙われにくい外構プラン、7つの防犯ポイント [防犯・セキュリティ設備] All About

3.防犯ガラスに取り替える

侵入者にもろい普通の窓ガラスを取り替えよう

空き巣対策として、普通の窓ガラスを防犯ガラスに変えるリフォームをおこなうこともできます。防犯ガラスは、二重になったガラスの間に特殊フィルムが入っていて、貫通しにくいのが特徴です。

出典: 住まいの防犯対策リフォーム、空き巣に嫌われる家に [防犯・セキュリティ設備] All About

4.手入れが行き届いた印象の家構えにする

整然とした印象の家は、侵入者に狙われにくい

家の前の道路や庭、ガレージなどを常に整理整頓しておくことで、ドロボウが下見をしたときに「ココは入りにくそう」と思わせる効果が期待できるようです。

出典: ドロボウに嫌われる家づくり [注文住宅] All About

5.インターホンを、広角タイプのカメラ付の製品に交換する

従来のカメラ付インターホンでは、死角が多い

留守か在宅かを確かめるために、不審者がインターホンを鳴らす場合もあるようです。全方向をくまなく映すことができるカメラ付インターホンであれば、来訪者の顔を確実に確認することができます。

出典: カメラ付インターホンへ交換、空き巣はベルを鳴らす [防犯・セキュリティ設備] All About