「なぜ?」「なに?」という子どもからの質問。答えづらいものであっても、忙しい状況でも、ないがしろにしてはいけません。ではどう答えればよいのでしょうか?

子どもの「なぜ」に向き合うことはなぜ大切なのか?

「なぜ?」「どうして?」を連発する2歳から5、6歳の時期を、心理学では「質問期」とよんでおり、知的好奇心が最も伸びる時期だといわれています。

リンク: なぜ?どうして?がエジソンを発明王にした [早期教育・幼児教育] All About

「質問期」を過ぎると急に質問しなくなるというのも特徴。この時期がいかに大切かということが分かります。

「なぜ」「なに」は興味関心が伸びようとしている証拠

大人にとって当たり前のことでも幼児の目にはたいへん不思議なことにうつるもの。すべてに丁寧に答えることは難しいかもしれませんが、せめてその大切さについては知っておきたいところです。

出典: なぜ?どうして?がエジソンを発明王にした [早期教育・幼児教育] All About

「なぜ?」を上手に育むと「理科が得意の子」に育つ

早くから参考書や問題集を使って理科のお勉強をさせれば理科ができるようになるというわけではありません。理科が得意な子どもに育てるには「なぜ」をうまく活用することが大切だと言われています。

出典: 2/2 理科のできる子に育てる低学年からの学習法 [中学受験] All About

子どもの質問にどう向き合うべき?

すぐに答えを教えてしまうのがよくないことも

答がすぐにわかってしまうと、逆に答がすぐに導き出せない問題はすぐに投げ出してしまう、根気のない子に育ってしまいます。

出典: 2/2 理科のできる子に育てる低学年からの学習法 [中学受験] All About

忙しいときに難しい質問をされたときの対応の仕方

忙しいときに即答できないような難しい質問をされると、つい「そんなのわからないよ!」とか「なんでも!」などと突き放してしまうこと、ありませんか。そんなときに便利なセリフとは?

出典: 忙しいときに難しい質問をされた | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

食に対する子どもの質問に的確に答える!栄養についての基礎知識

「お肉(または魚、乳製品、豆)を食べるとどうなるの?」など、食べ物の役割が気になってくる子どもたち。子どもに食物の役割を聞かれたときの答え方とは?

出典: 子供の「なぜ?」に答える食育…キホンの栄養のお話 [栄養管理] All About

子どもの質問を肯定し、感心してあげよう

子どもは、自分の好奇心を肯定され続けると、ますますいろいろなものに興味を広げていきます。子どもが質問してきたときには、まず、感心してください。そうすることで、本来子どもが持っている好奇心が自然と出てくるようになってきます。

出典: カンタン! 子どもの知的好奇心を引き出す方法 [子供の教育] All About

繰り返し同じ質問をする子を叱らない

何度説明しても、同じ質問をしてくる子にはイライラしてしまいがち。そんなときも、子どもを追いつめるような口調や怖い顔は厳禁です。

出典: 2/2 同じことを何度も聞く子どもにイライラ [子供のしつけ] All About

興味関心を調べたり広げたりできる読書習慣を

分からないことは親子で調べてもいい。じっくりとたくさん本を読むだけが読書とは限らない昨今、新たな読書スタイルが求められています。今すぐ家庭でできる本棚のひと工夫とは?

出典: 子どもの能力を引き出す本棚の秘訣 [収納] All About