創業から200年以上! 東京都内でランチが食べられる老舗店5選

200年以上の歴史を誇る都内の老舗飲食店の中からランチが人気のお店をレポート!

創業1702年「現存する東京最古のお寿司屋さん」

笹巻けぬきすし総本店

現存するすし店では東京最古の歴史を誇ります。江戸・元禄時代の名残を今に伝える「笹巻すし」は日本人なら一度は食べておきたい味!

出典: 笹巻けぬきすし総本店(すし/小川町/創業1702年) [100年店ランチ] All About

創業1760年「親子丼発祥の行列店」

玉ひで

親子丼発祥の店として、日本橋人形町で行列ができる有名店。鮮やかで濃いめの黄色が美しく、見ているだけで感動しそう。もちろん味は250年以上愛される絶品です。

出典: 玉ひで(軍鶏料理、親子丼/人形町/創業1760年) [100年店ランチ] All About

創業1791年「200年以上、庶民に愛される蕎麦」

芝大門 更科布屋

その歴史にもかかわらず、大衆的な雰囲気で人気のそば店が「芝大門 更科布屋(さらしなぬのや)」です。名物の月替わりの変わり蕎麦「三色そば」は200年以上にわたって庶民のお腹を満たしてきました。

出典: 芝大門 更科布屋(そば/大門/創業1791年) [100年店ランチ] All About

創業1789年「江戸城への出入りも許された由緒正しき味」

総本家 更科堀井

麻布十番という人気エリアのため、多くの有名人も足を運ぶというこちらは、江戸時代から続く「更科」そばの系譜。かつて江戸城や大名屋敷への出入りを許されていたといいますが、その味ははたして?

出典: 総本家 更科堀井(そば/麻布十番/創業1789年) [100年店ランチ] All About

創業1800年「うなぎを切らずに提供する“いかだ”は必食!」

大江戸

うなぎを切らずに長いまま提供する「いかだ」が有名で、うなぎ好きなら知らない人はいないと言われるほどの名店。メニューによっては少々お値段は張りますが、こちらも一度は行ってみたい都内の人気老舗店。

出典: 大江戸(うなぎ/日本橋本町/創業1800年) [100年店ランチ] All About