アデノウイルスの主な症状……結膜炎・咽頭痛・発熱

風邪を引きおこす原因となるウイルスのひとつ、「アデノウイルス」。幼児や子供の感染率が圧倒的に高いと言われますが、大人だってかかります。大人がアデノウイルスに感染すると、どのような症状があらわれるのでしょうか。

主な症状は、結膜炎、咽頭痛、発熱の3つです。(ただし、3つの症状が全て現われてこない不完全なケースもあります。)急な発熱で発症し、咽頭炎によるのどの痛みが現われます。また、結膜炎に伴って、充血、目の痛み、かゆみ、目やに、まぶしくなったり涙が止まらなくなったりします。

リンク: 咽頭結膜熱(プール熱)|感染症について|健栄製薬株式会社

「腹痛、下痢、咳」を伴うこともあります。これらの症状は3~5日程度続きます。基本的に予後の良い疾患ですが、まれに肺炎など重症化することがあり注意が必要です。

リンク: 咽頭結膜熱(プール熱)|感染症について|健栄製薬株式会社

大人がアデノウイルスに感染すると、どんな症状があらわれるの?

咽頭結膜熱(プール熱)

38度以上の高熱が出ること、のどが腫れて痛くなる咽頭炎を発症すること、目やにが出たり目が充血したりする結膜炎を発症することの3つが特徴的です。複数が併発する場合もあれば、どれか1つの症状だけがあらわれることもあります。

出典: 【医師が監修】子どもだけじゃない!プール熱(咽頭結膜熱)の大人への感染経路と症状 | ヘルスケア大学

流行性結膜炎(はやり目)

結膜が充血して、目やにや涙がたくさん出ます。眼痛を伴うことがありますが、アレルギー性結膜炎のようなかゆみはありません。眼の症状のほかに、耳の前やあごの下にあるリンパ節が腫れることもあります。

出典: 日本眼科学会:目の病気 ウイルス性結膜炎

扁桃炎(滲出性扁桃炎)

アデノウイルスの代表的な疾患のひとつで、扁桃付近に白い膿のようなブツブツがつきます。高熱が出て頭痛やのどの痛みを伴いますが、多くの場合、インフルエンザの時よりはつらく感じません。ブツブツが消えてもしばらくの間、熱が下がらないことがあります。

出典: アデノウィルス|大阪市生野区・東成区・天王寺区で花粉症・アレルギー性鼻炎でお困りの方はたまき耳鼻咽喉科へ

胃腸炎(腸管アデノウイルス胃腸炎)

アデノウイルスによる胃腸炎は、下痢、発熱、嘔吐などの症状を引きおこします。日本ではノロウイルスやロタウイルスほど発病率は高くありませんが、年間を通して発生します。乳幼児が感染することが多く、子供を看病する大人にうつることもあります。

出典: Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 | ウイルスによる感染性胃腸炎について

出血性膀胱炎

ウイルスの感染や、ウイルス感染によるアレルギーなどによって、膀胱の粘膜に炎症が起こります。肉眼で分かる程度の血尿や、頻尿、排尿時の痛み、残尿感を感じることが多く、微熱を伴うこともあります。

出典: 出血性膀胱炎 | 膀胱炎 | 泌尿器科 | 五本木クリニック

大人のアデノウイルスの感染経路は、子供からが多い

アデノウイルスは、感染力がとても強いウイルスです。そのため、子供の看病をしている大人にもうつる場合があります。

リンク: 大人も赤ちゃんも注意!感染力の強い「プール熱」の症状と、3つの予防法 | いしゃまち

感染経路は、唾液などを介してうつる飛沫感染と、密接に近くにいることでうつる接触感染。感染力はかなり強いので、家庭生活を共にしている兄弟姉妹間でうつることも多いです。

リンク: プール熱(咽頭結膜熱)の原因・症状・治療 [子供の病気] All About

アデノウイルス感染から発症までの潜伏期間は約5~7日

アデノウィルスの潜伏期間(感染してから症状が出るまでの期間)は約5~7日です。症状が現れ始める直前から他の人へ感染するため、家族でのタオルや食器などの共用を避けることが必要です。

リンク: アデノウィルス|大阪市生野区・東成区・天王寺区で花粉症・アレルギー性鼻炎でお困りの方はたまき耳鼻咽喉科へ

アデノウイルスかなと思ったら、何科に行くべきか

目が充血していたり、目やにが出たりしていたりしたら、必ず眼科で診てもらってください。プール熱は多くの場合5日間ぐらいで熱が下がるので、基本的に目が赤くても熱が下がってから眼科に行ってもらえば問題ありません。

リンク: プール熱(咽頭結膜熱)について - 広島市の小児科・内科・漢方治療「赤尾ファミリークリニック」佐伯区

家族を感染させないように注意すべきこと

アデノウイルスは感染力が強く、飛沫や接触を介して感染します。そのため、うがいや手洗い、身の回りの消毒をしっかり行いましょう。症状が治まったあとも咽頭からは7~14日間、便からは30日間程度、ウイルスが検出されることがあります。二次感染を防ぐためにも、発症後はしばらくの間、注意が必要です。

流行時期や家族が感染した場合、できるだけ密接な接触は避け、こまめに手洗い・手指消毒・うがいを行いましょう。

リンク: 咽頭結膜熱(プール熱)|感染症について|健栄製薬株式会社

タオルや洗面器などの共用は避けましょう。

リンク: 咽頭結膜熱(プール熱)|感染症について|健栄製薬株式会社

ドアノブや手すり、おもちゃなどは、できるだけこまめに消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウム(0.02%)で消毒しましょう。

リンク: 咽頭結膜熱(プール熱)|感染症について|健栄製薬株式会社

患者が目やにや涙を拭き取る場合は、ティッシュペーパーや清浄綿を使い、眼を直接手で触れないように気をつけましょう。

リンク: 咽頭結膜熱(プール熱)|感染症について|健栄製薬株式会社

大人のアデノウイルスは出勤停止? 可能な限り完治してから出社を

大人がアデノウイルスに感染しても子供のように出席停止をする法律はありませんが、感染力が非常に強いため、完治してから出社するように心がけましょう。特に「流行性結膜炎(はやり目)」は、注意が必要です。

はやり目の難しいところは、熱が出ることがあまりないことです。非常につらい目の症状は出てくるものの、熱がないならば大丈夫と思って出勤してしまうこともあります。そうすると、職場にウイルスをばらまいてしまうので出勤は自粛しましょう。

リンク: 医者と学ぶ「心のサプリ」 | はやり目(流行性角結膜炎)になったら会社はいけるの?

流行性角結膜炎と診断された患者さんは、感染力が続く発症してから2週間以内の間は、できるだけ他人との接触を避けてもらいます。

リンク: 流行性角結膜炎|慶應義塾大学病院 KOMPAS