あまりの加速感に三半規管がおかしくなりそう

カワサキ「Ninja H2」

スーパーチャージャーを搭載するカワサキ渾身のフラッグシップバイク Ninja(ニンジャ) H2を都内の通勤で試乗。うわさのモンスターマシンの街中での乗り心地は?

出典: “試乗”最凶のバイク「Ninja H2」を通勤に使ってみた [Kawasaki(カワサキ バイク)] All About

エイリアンのような外観とパワー

カワサキ「Z1000」

ニンジャ1000の兄弟車両であるZ1000は、低い位置に装着した独特のヘッドライト形状が特徴的。ニンジャ1000の扱いやすさや街中での走行性能は評判ですが、Z1000はどこに特徴があるのでしょうか?

出典: 見た目はエイリアン?カワサキ・Z1000試乗 [Kawasaki(カワサキ バイク)] All About

その気になれば一瞬で100km/h超え

ホンダ「CBR1000RR」

ホンダのスーパースポーツバイクCBR1000RRは、そのままサーキットに持ち込んでも走ることが出来る走行性能。サーキットでの走行性能は折り紙つきですが、果たして快適に通勤で使うことが出来るのでしょうか?

出典: ホンダCBR1000RR 1週間通勤試乗レポート [HONDA(ホンダ バイク)] All About

元世界記録保持者の安定感

スズキ「隼」

スズキのフラッグシップバイク「隼」(ハヤブサ)。デビュー当時はバイクの最高速度のギネス記録を持っていたバイクです。デビューから15年以上が経ち、熟成された扱いやすさと安定感が出てきました。

出典: スズキ 隼 一週間通勤試乗インプレッション [SUZUKI(スズキ バイク)] All About

「狩をする野獣」にふさわしい

スズキ「GSX-S1000F」

「狩りをする野獣」をイメージしたというGSX-S1000は、スズキのスーパースポーツモデルの頂点に君臨するGSX-R1000のベースに設計されたモデル。あまり元気の良すぎると街中では扱いにくさにつながる可能性もありますが……通勤で使ってみた結果は?

出典: 野獣の狩をイメージしたバイク スズキGSX-S1000F [SUZUKI(スズキ バイク)] All About

乗りやすいバイクに飽きてきた人に

ヤマハ「MT-09」

発売後、すぐに年間の販売台数の目標を大幅に上方修正したことでも話題となったヤマハMT-09。スタンダードバイクというコンセプトですが、やっぱり、少しパワーがありすぎる感じも……?

出典: ヤマハ MT-09 一週間通勤試乗インプレッション [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About

モア・パワー、モア・トルク

ヤマハ「XJR1300」

伝統的な丸目一灯、ツインショックを採用したビッグネイキッドXJR1300は根強い人気を保っています。車体は重く出し入れが大変な感はありますが、マルチに使えるので、長年連れ添いあなたのよき相棒になり得るかも。

出典: ヤマハ XJR1300 一週間通勤試乗インプレッション [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About

思ったよりも優しい「山賊」

スズキ「バンディット1250F」

スズキのオールラウンドパフォーマー「バンディット1250F」。カタログのスペックだけを見ると、怒涛のように加速しそうですが、はたして都内の通勤で汎用性を感じる事が出来るのでしょうか?

出典: スズキ バンディット1250F通勤試乗インプレッション [SUZUKI(スズキ バイク)] All About

ツーリング、スポーツ走行、通勤とマルチに使える

ヤマハ「FZ1 FAZER」

ヤマハのフラッグシップYZF-R1のエンジンを低中速重視にチューンして搭載されたFZ1 FAZER。ツーリング、スポーツ走行、通勤とマルチに使える万能選手ですが、難点が二つありました。

出典: ヤマハ FZ1 FAZER 一週間通勤試乗インプレッション [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About

予想を裏切る素晴らしい快適さ

ヤマハ「BOLT」

「アルティメイト・ピュアリー・ボバー」というコンセプトで開発されたヤマハのBOLT(ボルト)。ピュアリーボバーって何?ハーレーのスポーツスターに似ているけど、乗り比べてみるとどうなの?他の人が絶対に言わないこともこっそり解説。

出典: “ピュアリーボバー”ヤマハBOLT(ボルト)試乗レポート [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About

バイクに詳しくない人も思わず振り返る

ホンダ「VT1300CR」

圧倒的な存在感、純正とは思えないデザインのホンダ VT1300CRを一週間乗り倒して試乗レポート。見た目から、乗りこなすのが大変な印象を受けますが、果たして結果は?

出典: ほとばしる個性 VT1300CR試乗レポート [HONDA(ホンダ バイク)] All About

細かい動きができないため、むしろ安全

ホンダ「CTX1300」

コンセプトとして「快適技術の体感」を掲げている、ホンダの新しいクルーザーアプローチCTX1300。車両重量は338kgで大型の車体ですが、どんな場面で「快適」を感じられるのでしょうか?

出典: 快適技術の体感 CTX1300 試乗レポート [HONDA(ホンダ バイク)] All About

高速走行時の安定性は抜群

ヤマハ「V-MAX」

初代V-MAXの排気量が1200ccなのに対し、2代目は1700ccで車重も40キロ近く増量。明らかに通勤で使うバイクではありませんが、実際に1週間使ってみた感想は?

出典: ワープするような加速感 2代目V-MAX試乗レポート [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About

手に負えないと感じてしまうかもしれないモンスターマシン

スズキ「ブルバード M109R」

スズキのフラッグシップモデルと呼べるアメリカンバイク・ブルバードM109Rを一週間都内で試乗。海外向けモデルであるため、とにかく「巨大」な印象が強い一台ですが、はたして街中で快適に走行することは可能なのでしょうか?

出典: スズキ ブルバードM109R通勤試乗インプレッション [SUZUKI(スズキ バイク)] All About

意外にも扱いやすい1800ccの「戦艦」

ホンダ「ゴールドウイング F6C」

「戦艦」というキャッチコピーがピッタリなゴールドウイング。大きな車体は混雑する都内の通勤には不向きですが、意外にも「ストップ&ゴー」の場面でも快適に走行することができました。その理由を徹底解説!

出典: ゴールドウイング F6C 一週間通勤試乗インプレ [HONDA(ホンダ バイク)] All About