1.ミニチュアサイズのグリーンを気軽に楽しむ

フェイク素材も取り入れた「テラリウム風」グリーン

小さな植木鉢を使って、小ぶりの観葉植物を寄せ植えにしたり、水やりが不要なフェイクグリーンをボトルに入れて飾るなど、気ままにグリーンを楽しむことができますよ。小さな観葉植物が増えてきたら、鑑賞用に温室を作ってみるのもおすすめです。

出典: 小さな観葉植物をテラリウム風に楽しむ3つの方法 [インテリアコーディネート] All About

2.お気に入りの雑貨と組み合わせて

お手軽価格で購入できるフェイクグリーンを活用

ウッドトレーや置物など、フェイクグリーンと他の雑貨類を使って、オリジナルのインテリアグリーンを作成してみませんか。ところどころにエアプランツを配置したり、カラフルなフルーツと組み合わせたり、自由な発想でアレンジしてみましょう。

出典: ニトリのフェイクグリーンを上手に飾るテクニック [インテリアコーディネート] All About

3.観葉植物の性質を活かした環境づくりも大切

光の加減や水やりの頻度は、購入の際に要チェック

色鮮やかな熱帯雨林原産の観葉植物であれば、一定の室温に保つなど、それぞれの植物の特徴に合わせた環境を整えることも、インテリアグリーンを美しく保つコツとなります。

出典: 観葉植物の選び方 [観葉植物] All About

4.トイレには明るめのインテリアグリーンがおすすめ

日光が入りづらい空間には、明るめの印象になるような植物を

イエローグリーンの明るめの植物を選び、比較的カラフルな鉢に入れてセッティングするだけで、周囲を明るい雰囲気に変えることができます。ピンクやオレンジといった暖色系の器に入れて飾るのもおすすめです。

出典: 今日からはじめる!グリーン風水インテリア [家相・風水] All About

5.ユーモアあふれる飾り付けも可能なフェイクグリーン

単調なリビングの小物をインテリアグリーンでおしゃれに

何かが足りないと感じているときには、ティッシュケースなどの小物にフェイクグリーンをあしらって、アクセントを加えてみましょう。遊びごころを感じられるインテリアは、家に来られるお客様を笑顔にしてくれますよ。

出典: 2/4 インテリアグリーンでリビングをセンスアップ [インテリアショップ] All About

6.鉢カバーで様々な表情のグリーンを楽しんで

樹脂製や陶器製など鉢カバーの素材もいろいろ

インテリアグリーンを置く部屋の印象に合わせて、鉢カバーを変えるだけで、同じグリーンであっても全く異なる表情を見せてくれます。温かみがある雰囲気がお好みなら陶器製の鉢カバー、モダンな雰囲気に仕上げたいのであれば樹脂製カバーがおすすめです。

出典: 2/2 インテリアグリーンには鉢カバーを! [家庭菜園] All About