1.将来の変化にも対応した子ども部屋づくり

置き家具と作り付けの収納を上手に組み合わせて

将来のことを考えて、クローゼットやベッド下の収納のほか、書籍や趣味のものなどの収納スペースも十分に確保できるように、間取りの計画時点でレイアウトをしっかりと検討しておくことが重要となります。

出典: 子供部屋の収納、クローゼットだけで大丈夫? [住宅設計・間取り] All About

2.機能性抜群!6畳で2人分の子ども部屋も余裕でできる

2wayの子ども部屋!勉強部屋が夜にはベッドルームに

可動式の勉強机や、壁面に収納できる作り付けのベッドを採用することで、子ども部屋を広々と使うことができます。子どもが個室を希望するような年頃になれば、2人の部屋の間に間仕切りを設置することも可能です。

出典: 子供部屋リフォーム事例 3畳がここまで大変身 [住宅リフォーム] All About

3.子どもの意見も上手に取り入れたレイアウトづくり

自立を促すことができる子ども部屋に

小学生以上のお子さんが、自分から進んで宿題をやったり、片づけができるように、自立しやすい仕組みづくりを実践しましょう。遊び場を多めに確保できるよう、二段ベッドを利用するのもおすすめです。

出典: 自立を促す子ども部屋の作り方、5つのポイント [家具・インテリア] All About

4.適度な緊張感で集中しやすい部屋づくり

集中力が高められるよう、シャープなインテリアを取り入れて

子ども部屋のインテリアは、適度に緊張感が高まるような直線的なデザインのものを選びましょう。生活リズムにもメリハリがつけられるよう、ベッドを使わないときには、収納できる作り付けタイプのものが人気となっているようです。

出典: 2/3 リフォームで作る!頭がよくなる子ども部屋 [住宅リフォーム] All About

5.機能性家具を使った斬新な子ども部屋づくり

自由自在に子ども部屋の移動が可能

デスクとベッドがセットとなった「システムベッドデスク」を使えば、個室を希望する年齢に達したときには、家具の置き方を変えるだけで、お子さんの個室を設けることができます。

出典: 子供部屋を2つに分けるリフォームのアイデア [住宅リフォーム] All About