そもそも「代謝」って何? 普通、どれくらいなの?

基礎代謝とは、難しく言えば「肉体的・精神的な安静状態において使われる最小のエネルギー代謝」となりますが、簡単に言えば「何もしないでただボーっとしているだけで使われるエネルギー」のこと。

リンク: 必須知識.2 基礎代謝 [ダイエットの基本] All About

20代の女性で1日あたりの基礎代謝(量)はおよそ1200キロカロリー。20代の女性の1日あたりに消費する全エネルギー量が約2000キロカロリーですから、半分以上を基礎代謝が占めていることになります。

リンク: 必須知識.2 基礎代謝 [ダイエットの基本] All About

代謝UPのダイエット効果って?

この基礎代謝の問題点は、特別な努力をしなければ10代をピークに年齢を経るごとに減っていくことです。

統計的に言えば、15~17歳で身長158センチ体重51キロの女性の基礎代謝量は1日当りおよそ1300キロカロリーですが、
同じ身長と体重で20~30歳の女性ではおよそ1200キロカロリーとなり100キロカロリー減少します。

リンク: 必須知識.2 基礎代謝 [ダイエットの基本] All About

つまり、20代の女性が、10代のころと同じような食生活をし、同じ位しか活動しなければ、基礎代謝だけで毎日100キロカロリーの余剰カロリーを持つことになるんです。

リンク: 必須知識.2 基礎代謝 [ダイエットの基本] All About

基礎代謝が下がる40代はもちろん、食事制限を避けたい育ち盛りの10代にもオススメ!

基礎代謝を高めることは、太りにくい身体を作る第一歩

身体を維持するために消費される「基礎代謝」。単純に言ってしまえば、この基礎代謝以上の栄養を摂ってしまうと、あふれた分の一部が脂肪になって体内に貯められてしまいます。つまり、基礎代謝を高めるということは、「たくさん食べても脂肪を貯めにくい身体」を作るということ。こうした基本のキを、まずはこちらを読んで極めてみましょう!!

出典: 基礎代謝UP!太りにくい体質をつくる方法 [食事ダイエット] All About

運動編:「褐色脂肪細胞の刺激」と「大きな筋肉を鍛える」がキーワード

4分で1時間分! タバタ式トレーニング「タバタプロトコル」で効率よく代謝UP

1日わずか4分で筋力がついて引き締ったカラダを手に入れられるタバタ式トレーニング「タバタプロトコル」は、たった4分の運動なのに1時間相当の運動量があるといううれしい運動法。ごく単純な動きを繰り返すだけなので、思いっきり文系の人でもできちゃうんです。

出典: 1日たった4分!タバタ式で筋力&代謝をUP!初級編 [運動ダイエット] All About

椅子に座ったまま「褐色脂肪細胞」を刺激して代謝UP!

肩甲骨の周りには「褐色脂肪細胞」という、脂肪燃焼に働きかける細胞があるので、肩甲骨を動かすことは、代謝を上げるのに効果的! 椅子に座ったままで出来る簡単エクササイズを仕事の合間や勉強の合間に取り入れて、高代謝ボディを作りましょう。

出典: 基礎代謝をあげる!太りにくい高代謝ボディの作り方 [定番ダイエット] All About

「ダンベルフロアタッチ」と「プローンボールリフト」で太もも筋トレで代謝UP

代謝を上げ、太もも部位を引き締めるには筋トレが一番効果的。これまでエクササイズで効果が出にくかった人は、太ももの前・後・内側3つの筋肉を意識的に鍛えるこのダイエットなら、みるみる効果が表れるかもしれません!

出典: 太ももダイエットで代謝UP!内ももの脂肪を撃退! [夏までにダイエット - 太ももダイエット] All About

食事&習慣編:「内臓の働き」をよくし、「脂肪を燃やす栄養素を摂取」すること!

肝機能を高める食事習慣と生活習慣が大事

筋肉が基礎代謝の18%を占めるのに対し、肝臓のエネルギー消費は基礎代謝の30%で最も消費量が多くなっています。そのため、「内臓機能を高める」ことが、最も基礎代謝を上げる上で役立ちます。肝機能が健全で活性化していることはとても重要なのです。

出典: 【医師が監修】ダイエットの基礎知識(3)基礎代謝を上げるには? | ヘルスケア大学

内臓を活性化する食事のポイントは、基本的にバランスのとれた食事をとることです。
・3食をきちんと食べる
・毎食タンパク質をきちんと摂る
・一日に果物1個、牛乳コップ1杯程度を摂るようにする
・新鮮な野菜や海藻を積極的に摂る
・アルコールはなるべく避ける
・ジュースやお菓子などを摂りすぎないようにする
・肝臓によいサプリメント成分を摂取る

リンク: 【医師が監修】ダイエットの基礎知識(3)基礎代謝を上げるには? | ヘルスケア大学


三大栄養素を脂肪に変えずに使い切るには、ビタミンB群が必要不可欠なのはご存知でしょうか?

●タンパク質の代謝にはビタミンB6
●脂質の代謝にはビタミンB2
●炭水化物(糖質)の代謝にはビタミンB1が必要です。

基礎代謝をキープするためにも食べながらダイエットするには食べたものをしっかり代謝してエネルギーに変えていくことが必要になってきます。そのために必要な栄養素がビタミンB群なのです。

リンク: 35歳からの代謝アップダイエット [食事ダイエット] All About

食事+緑茶+睡眠の組み合わせで筋トレせずに代謝UP

食生活や生活習慣を変えることにより、新陳代謝やエネルギーの代謝を上げることもできます。食べ物や心掛けで出来る代謝アップ法を実践し「太りづらいカラダ」「ぜい肉のない細身のカラダ」を目指しましょう!

出典: 筋トレ以外で代謝をあげる10の方法 [食事ダイエット] All About

朝食に取り入れたい「バナナヨーグルト」は、家族でできる代謝UP食

子どもの肥満を防ぎ、もちろん大人の代謝も高めてくれる、誰にでも作れる超カンタンレシピ……それが「バナナヨーグルト」です。ミキサーに材料を入れてカクハンするだけ。家族が揃う朝食に取り入れて、代謝UPを図りましょう!

出典: 2/2 子どもの代謝をあげるおすすめレシピ [子育て] All About

夏バテ防止にもい「塩レモン」で、デトックス&内臓機能の正常化も!

レモンとあら塩を混ぜるだけで作れる「塩レモン」は、様々な料理に応用が効き、使いやすいのが特徴。しかも、内臓機能の正常化を助けるだけでなく、疲労回復にも一役買うので、ダイエット&代謝UPを狙いたい人に最適!! レモンの酸味により塩分量が抑えられるので、生活習慣病の予防にも役立ちます。

出典: 夏前に!注目の「塩レモン」で代謝アップダイエット [食事ダイエット] All About